ブログトップ

オフショア商品で資産増加*かわいい金には旅をさせよ 

gooffshore.exblog.jp

タグ:ロイヤルロンドン ( 57 ) タグの人気記事

IFAさんが新しいシステムを導入しました。

ハンサード、ロイヤルロンドン、その他の長期投資向けにこちらのブログではを変更したい方向けに、個人レベルですができる範囲でお問い合わせを頂いたらご返答するようにしています。

私がブログを立ち上げた時から比べるとかなり質の高いが増えてきたように感じ、もっともっと海外投資をする人が増えたらいいな、と思っています。

しかし、IFAをたとえ変更してもなかには新しいに満足できる人とそうでない方がいらっしゃるようで時々、変更をしたをまた変更したいというお問い合わせも頂きます。

IFAに満足する、しないは がどれだけ真剣に自分のポートフォリオを管理していれるかでしょう。

最近私の担当するさんは最近新しいシステムを導入しました。

ポートフォリオの内容を常に監視し、必要な時には即座に内容の入れ替えを自動的にしてくれるものです。

自分で行う株取り引きのようなものであれば自分で100%コントロールできますが、長期積み立てであるポートフォリオの内容変更は殆どの方はご自身ですることは難しいです。

ファンドの選択、所定の用紙にファンドのスイッチやリダイレクションを入力しその用紙を担当部署に送信する。

これはとても面倒であり、時間も手間もかかります。

殆どの方はファンドの選択はとても困難。

私を担当をしているIFAさんの返答は早く、ポートフォリオも定期的に見直してはくれていますので、全く心配はしていませんが、導入されたシステムにより益々安心感がわきました。

システムを導入しても今迄のようにこの自動スイッチではなく相談をしながらポートフォリオに組みいれる内容を検討するサービスも今迄通りやってくれます。

しかし殆どの投資家95%は自動スイッチを希望するようです。

世の中の動きは今迄以上に早くなっています。

長期運用をしている投資家の役割はポートフォリオを定期的に見直すことが必要ですが、そのための時間をなかなとれない方も沢山いらっしゃいます。

そのため、このように自動で行ってくれるポートフォリオのシステムを導入したIFAさんについててよかったと感じています。

気がむいたらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

にほんブログ村



オフショア投資 ブログランキングへ


ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

[PR]
by go-offshore | 2017-03-07 09:28 | Comments(0)

オイル関連ファンドを追加して正解でした

ハンサードのアスパイアのポートフォリオにオイル関連のファンド加え仕込みに入っていました。

ご存知のように9月28日の水曜日に石油輸出機構が8年ぶりとなる減産で暫定合意に達したのを受け、原油価格は5%以上の急騰となりました。

今回の原油減産合意は、アルジェリアで開かれたOPECの非公式会合で達したものであり、実際に11月30日にウィーンの本部で開催予定の総会において正式に決定する見込みである、という背景があります。

OPECがアルジェリアの首都アルジェで非公式会合を開き、加盟14カ国の原油生産量を日量3250万~3300万バレルに制限することで合意。

これらの加盟国は8月時点で日量3324万バレルを生産しているので、この合意は実質的には「減産」 となるわけです。

OPEC (Organization of the Petroleum Exporting Countries 石油輸出国機構)が減産するのは、世界金融危機直後の2008年以来、約8年ぶりのこと。                         
この合意の報道を受けて、28日のニューヨーク原油市場では、原油先物価格が5%以上の急騰となりました。

オイル関連ファンド、今後の動きを期待したいところです。

IFAさんのアドバイスに従って正解でした。

<余談>
原油はcrude oil あるいは crude petroleum と呼ばれ、普段はoil「原油」 の意味で使われることも多くなっているようです。

英字新聞などでoil prices、crude prices とでてきたらどちらも「原油価格」 を意味します。

確かにここにきてガソリンの価格が上がってきたのがよく分かります。これからホリデーシーズンにはいるため、益々価格の上昇があるのでは、と気になるところです。

<余談その2>
毎月の拠出額を私は住信ネット銀行で行っていますが、ハンサードの振込先が変更になったことをIFAさんの会社から連絡が入り知りました。まだこのような連絡を受けていない方は、ご担当のIFAに連絡をしたほうがよいかもしれません。

気がむいたらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

にほんブログ村



オフショア投資 ブログランキングへ


ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。
[PR]
by go-offshore | 2016-10-03 11:30 | *その他 | Comments(0)

ゴールドのファンドを加えてもらいました

ハンサードのアスパイアやロイヤルロンドンの長期積み金のポートフォリオにゴールドを加えました。

過去一年のチャートはこんな感じで動いています。青い線がハンサードのミラーファンドの動き。

e0295378_4404812.png


NYの金先物価格は9月22日、終値は1314.86ドルでした。ある専門家の意見では今後2013年8月の高値、1433ドルに向けた上昇基調が続くとのこと。

以下がCOMEX先物ゴールドの過去半年間に渡る日足チャートです。移動平均線は5、25、75日線。
e0295378_522523.png

1年間の動きが以下になります。
e0295378_5211827.png

過去からジックリチャートをみると強くなってきていることが感じとられるのではないでしょうか。

このファンドの過去3年の動きは以下。
e0295378_523190.png


このハンサードのミラーファンドのセクターですが、全てゴールドで占められているわけではないようです。
e0295378_554017.png

シルバーやダイヤモンドも多少加わっています。

このファンドに切り替えてもらったのは数ヶ月前ですが、今後の動きを楽しみにしたいと思っています。

<雑談>
世界最大の商品取引所であるCOMEX(コメックス)に上場している貴金属に、「金」があります。
コメックスの正式名称はCommodity Exchange(商品取引所)の省略形。

大文字で表記する場合は「ニューヨーク商品取引所」を指します。

「ニューヨーク金市場」とはこのCOMEXにおける金取引の総称とされています。

COMEXは、ニューヨーク COMEXまたはN.Y.COMEXと呼ぶ場合もあります。

私のポートフォリオにゴールドを入れてもらいましたが、入れるタイミングや他のファンドとのバランスも考えながらポートフォリオを作ってもらわなければなりません。

そのへんは、全てIFAさんに一任しています。

気がむいたら…ポッチンとお願いいたします。
e0295378_5263193.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

にほんブログ村



オフショア投資 ブログランキングへ


ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。

「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。
[PR]
by go-offshore | 2016-09-26 11:30 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

ロイヤルロンドンに組み込むファンドを教えてもらいました。

ロイヤルロンドン360の商品の内にRL360 PIMSがあります。
e0295378_09202806.png
この中に組み込むファンドとして11のファンドの種類をIFAさんから頂きました。
かなり魅力的なファンドばかりです。

それと、前回の流した情報ですが、分かりづらくてすみませんでした。

以下の内容もこのPIMSに組み込むことができるとのこと。

A株式- clients are up over 100% since January invested.
B株式- - clients are up approx 75% since Q1.
C株式 - clients are up over 40% since Q1
D株式 - clients are up over 80% since Q1.
E株式- Over 70% gain this year.

こちらの商品への最低投資額はGBP50,000からです。
GBPJPY=Xは現在133.35円

e0295378_09204624.png
チャートでみても分かるように、まだ低迷気味。
なので投資をするタイミングとしては悪くないです。

こちらが商品概要のページになります。


折角頂いた情報。説明は英文でわかりづらい部分があるかもしれませんが、本気で投資についてIFAに伺いたい、と思っている方はどうぞお知らせください。
go-offshore@excite.co.jp

<余談>
ハンサードやロイヤルロンドンに投資をしている方のほとんどが今はマイナスのはずです。

為替の影響をうけているので仕方ありません。

しかし、為替がどうであれ海外長期積み金のような商品はポートフォリオに組まれているファンドさえよければ為替はこれといって気にしなくともよい、と自分は長年の体験から感じています。

なので、例えば投資が全く増えていない現実をみて「やめたい」とか思わないほうがいいです。投資期間は20年−30年と続きます。この期間に上下にぶれるのは当たり前ですから。

逆にこのようなマーケットが低迷している時に拠出金額を挙げるのも手です。私は、来月から多少拠出金をあげることにしました。

実は、この計画前から練っていたのですがズルズルと実行せずにおりました。

早めにやっていたらオイルのファンド、口数が多く買えていたのに、、、とかなり後悔。だめですね、、、これでは。

何時もお願いしてすみません、でも良かったらクリッと一票お願い致します。


ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。

「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

[PR]
by go-offshore | 2016-08-30 11:30 | Comments(0)

ロイヤルロンドンに組み込むファンドを教えてもらいました。

ロイヤルロンドン360の商品の内にRL360 PIMSがあります。
e0295378_09202806.png
この中に組み込むファンドとして11のファンドの種類をIFAさんから頂きました。
かなり魅力的なファンドばかりです。

それと、前回の流した情報ですが、分かりづらくてすみませんでした。

以下の内容もこのPIMSに組み込むことができるとのこと。

A株式- clients are up over 100% since January invested.
B株式- - clients are up approx 75% since Q1.
C株式 - clients are up over 40% since Q1
D株式 - clients are up over 80% since Q1.
E株式- Over 70% gain this year.

こちらの商品への最低投資額はGBP50,000からです。
GBPJPY=Xは現在133.35円

e0295378_09204624.png
チャートでみても分かるように、まだ低迷気味。
なので投資をするタイミングとしては悪くないです。

こちらが商品概要のページになります。


折角頂いた情報。説明は英文でわかりづらい部分があるかもしれませんが、本気で投資についてIFAに伺いたい、と思っている方はどうぞお知らせください。
go-offshore@excite.co.jp

<余談>
ハンサードやロイヤルロンドンに投資をしている方のほとんどが今はマイナスのはずです。

為替の影響をうけているので仕方ありません。

しかし、為替がどうであれ海外長期積み金のような商品はポートフォリオに組まれているファンドさえよければ為替はこれといって気にしなくともよい、と自分は長年の体験から感じています。

なので、例えば投資が全く増えていない現実をみて「やめたい」とか思わないほうがいいです。投資期間は20年−30年と続きます。この期間に上下にぶれるのは当たり前ですから。

逆にこのようなマーケットが低迷している時に拠出金額を挙げるのも手です。私は、来月から多少拠出金をあげることにしました。

実は、この計画前から練っていたのですがズルズルと実行せずにおりました。

早めにやっていたらオイルのファンド、口数が多く買えていたのに、、、とかなり後悔。だめですね、、、これでは。

何時もお願いしてすみません、でも良かったらクリッと一票お願い致します。


ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。

「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

[PR]
by go-offshore | 2016-08-30 11:30 | Comments(0)

その後のヘルスケア関連ファンドの動き

ハンサード、ロイヤルロンドンなどに組み込まれているファンドの中にヘルスケア関連ファンドがあります。

ハンサードであれば Invesco Global Healthcareのファンドになります。

こちらのファンドは以前私のポートフォリオに含まれていました。

しかし、IFAさんが昨年外し、久しぶりにこのファンドの動きをみたところ、ポートフォリオを外してもらってからの動きは下降していました。
e0295378_23433954.png

ファンドの上がり具合は5年前は1年で投資額が2倍にもなる勢いのファンドだったようです。
e0295378_23461098.png

資産の配分は米国株式が多く占めています。
e0295378_23472275.png

因みにこのファンドのポートフォリオに入っている会社の1番目にきているのは、セルジーン社という、グローバルでビジネスを展開しているバイオ医薬品企業。

この会社が全体のポートフォリオに占める比率は5%。

かなり細かく分散投資をしているファンドのようでポートフォリオに入っている会社の1番目から5番目はポートフォリ全体の4%から5%を占める程度です。

このファンドのファンドマネージャーの成績表をみたところ平均点よりマイナスになっていました。

グレーの線がファンドマネージャーの平均点。

青い線がこのファンドを運用しているマネージャーの成績です。
e0295378_2354191.png


ヘルスケアでもあるし、殆どがアメリカの株式を占めているので、このまま持ち続けてもまた結構プラスに転じてくるのではないか、とド素人の私は思ってしまいがち。

しかし、IFAさんがこのファンドをポートフォリオから抜いた、ということは、何かしら意味があるのでしょう。

このごろ、アップデートがよく出来ておりませんが、気が向いたらポチッと押してくだされば、嬉しいです。

ちょっと、このイメージ、強制的ではありますが。。。
e0295378_23584992.gif


にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
<余談>
金融広報中央委員会が発表した調査結果によると、「老後が心配」と8割以上の人が回答しています。

アンケートに答えたのは2500世帯の単身者。

こんなにも多くの人が、老後が不安である、と予め実感しました。

ハンサードなどの投資も、老後のためと思って始めた方も多いと思います。

上手くポートフォリオの管理が出来ていない場合などは、お気軽にお声を掛けてください。
[PR]
by go-offshore | 2016-08-01 11:30 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

ポートフォリオ内容がガラッと変更

ハンサードやロイヤルロンドン、フレンズプロビダンスなどの長期投資をしている私達にとって、今のマーケットの動きで心配している人も多いと思います。


わたしはマーケットというよりも為替の動きが気になります。


一旦円高に振れるようですが、年末にかかけてまた円安になる、というようなことも言われています。


が、こればかりはどうなるか分かりませんので別に気にしないようにしています。


それよりも大切なのはポートフォリオの内容。このブログを通してIFAを移管された方は、恐らく私達のIFAさんからポートフォリオの見直しのメールが数日前に入ったのではないでしょうか?


私もその内容をみてみましたが「こういうファンドをいれるのか。。。」と感じたファンドが入っていました。ヨーロッパの株式です。
e0295378_937110.png


地域別ではUKが30%を占めています。
e0295378_9391272.png


ファンドの動きも下がっていますが、かなり下げてきています。このファンドがこれからグロースとなるからポートフォリオに組み込まれたわけですが、そうとなると、今後の動きが結構面白そうです。
e0295378_943370.png



このままずっとオイルが安いとは思えませんので、オイル関係のファンドもいれてもらいたいとお願いしていましたのでオイル関係のファンドもポートフォリオに入っています。


とにかく、長期で運用するにはポートフォリオの内容が重要です。私はポートフォリオの内容が結構かわっているので、それらのファンドの動きを一つ一つみていこうと思っています。


IFAさんがみつからないくて困っている方、ポートフォリオの見直しをずっとしていない方、ハンサードでもフレンズでもロイヤルロンドンでも、選択できるファンドは沢山用意されています。


自分の都合に合わせてポートフォリオが組める面白い商品を私達投資家は持っているわけですから、是非契約期間中は大いにこれらの商品を利用したいものです。


気が向いたらポチッとお願いいたします。
e0295378_9502366.gif


にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-02-26 11:45 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

日本の株式関係のファンド

ハンサード、ロイヤルロンドンなど海外投資長期積み金をしている投資家にとってこのところのマーケットの動きはかなり荒いため心配になっている人もいるのではないでしょうか?


マーケットの上下は毎日あることですし、長期でみれば別にこのところのマーケットの動きがどうであれ気にする必要はないと思います。


とはいっても心配なのです、という方もいることでしょう。


日本の株価も2016年2月9日現在、下値探りをしているような動きになってきました。そんななかハンサードファンドマネージャーがネプチューンである Japan Opportunitiesというファンドがありますのでどのような動きをしているかみてみました。


想像がつくように、下がっています。

e0295378_8591553.png

e0295378_8593184.png


セクター別でみてみるとインダストリーがトップでトヨタがトップにきています。今のマーケットの流れからいってもこれは理にかなっているのではないでしょうか。
e0295378_911823.png



ところで、マーケットが下がっていく時人の心理にはどういう変化がおきるのか、について最近面白い記事をよみました。


マーケットが乱高下を続けている時にいかに冷静に行動出来るかが大切な要素。しかし投資の世界では人間は思っているほど合理的に行動できません。


「投資とは、心理ゲームである」と以前からいわれていますが、これを裏付けするものとして理論的に分析しているのが、「行動ファイナンス」。なんとなくこのような言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。


この行動ファイナンス理論で有名な博士がおり、2002年にノーベル経済学賞を受賞したのダニエル・カーネマン博士とエイモス・トヴェルスキー博士 (プリンストン大学)。博士達が提唱したのは「プロスペクト理論」。


この理論によると「行動ファイナンス」とは、「人間は常に合理的に行動するとは限らない」という前提で、経済や金融市場の動きを考えるそうです。


それまでの経済理論では「人間は利益の追求のみを目的として、常に合理的に行動する」とされていましたが、現実の投資の世界では違った動きを繰り返す、という歴史があるそうです。


その代表的な例は「バブル」になった株式市場。数年後その時の状況を振り返るとバブルに巻き込まれていった投資家の行動が、いかに不合理であったか、かなり感情的に行われていたか、が分かるとのことです。(確かにそうです。)


人は感情の生き物ですから投資の世界でもその感情によってマーケットは左右されてしまいます。


例としてこんなことが説明されていました。 


もしあなたが、Aとい商品に100万円の投資をし、その商品が150万円になったときの嬉しさと50万になったときの落胆は同じあなたでも感情の度合いは同じでしょうか?


このような場合、大抵の人は失った落胆のほうが感情の度合いは大きいというのです。合理的にみれは利益と損の額は同じ50万円なのですが、人間の感情は、金額に正比例するわけではありません。


なので、損失の割合が大きくなることで悲しみも増し、その悲しみの感情をつよく感じてしまうそうです。


一般的に損をしたくない場合は利益が出ている時に早目に利益確定に走りやすい傾向が見られ、逆に、含み損がある場合は、その苦しみを現実のものとして受け入れたくない、という気持ちから“塩漬け”状態に陥ってしまうそうです。


このことから、利益は少しで確定してしまい、損失は確定する勇気がないため大きく膨らみやすい、という傾向が人の感情に基づく行動として発生しやすいとのこと。


そうならないためには利益はなるべく大きくしてから受取り、損失はなるべく早いうちに確定させることが大切なのですがこれは人間の心理と、全く“逆の行動”をとらなければならないため、かなり難しいそうです。


この内容を読んだ時、現在わたしたちの運用成績は殆どの方がイマイチ状態かもしれませんが、このような時こそしっかりとポートフォリオの見直しや、不安が生じる場合には担当のIFAに相談して欲しいと感じました。


投資は感情でするものではありません、また長期で積み立てている商品は長い目でみたら今のこのボラティリティーが高い相場でも後になって思えばどってこと、ないのです。でもきちんと自分にあっているファンドが組まれていることが前提です。


マーケットが低迷している時に、全てを投げたくなる人がいますが、そうする前にまずはIFAに相談し、何かしらのアドバイスを得る事をお勧めします。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-02-09 09:54 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

マーケットが低迷したときの留意点

海外長期積み立て、ハンサードのアスパイア、ロイヤルロンドン360ークォンタムへの投資は長期です。20年以上、25年、  30年、30年以上と契約をされている方が殆どのようです。


この投資期間には何度もブログで書いていますが、マーケットの低迷時期は必ずやってきます。右肩上がりで世界の経済状況がよくなるはずはないわけですから。


過去を振り返ると大統領選挙がある年は米国株はさえない動きになる、というのがあるようです。


民主党のビル クリントン大統領 (1993年1月から2001年1月)

共和党のジョージ ブッシュ大統領(2001年1月から2009年1月)

いづれも大統領任期最後の年の2000年と2008年には株価が下落しています。

ロナルド レーガン大統領1981年1月から1998年の場合は前年の年の10月にブラックマンデーのため株価が急落したため弱い反発基調で終始しています。

今年はバラク オバマ大統領の最後の年。

そのため専門家の意見では株価は横ばいもしくは過去の例通りにいけば下値を探る展開になるようです。

どちらにしても、あまり投資家にとってはよいことではありません。

なので、投資は辞めてしまいたい、もう続けたくない、と感じている方もいらっしゃるはずです。

このブログでも何度かかいてますが、ドルコスト平均法を用いる場合下がり相場で沢山の口数をしこむことはできても、下がり続けるようなファンドに投資するのはお金をムダにするだけです。

担当のIFAがよいファンドを選んでくれているのであれば安全ではありますが、そのようなアドバイザーが居ない場合はとにかくよいアドバイザーを探して下さい。

アドバイザーが居る方は相場が底辺をうってしまった場合でも絶対に投資を辞めない勇気が必要です。

この時点で辞めてしまっては利益などまったくとれません。

マーケットが低迷している時はストレスになると思います。

何度もいいますが、“下げ相場”の時 こそ「仕込みの時期」と考え、積み立てを継続することです。

ただし、今後見込みのあるファンドがポートフォリオにはいっていることが条件です。

私はもう今年は下がる、と覚悟を決めていますので、今年はもIFAさんにただ従っていくだけです。

IFAさんは多くの方の投資を管理していますので、かなり神経が疲れると思いますが、、、IFAさんには頑張って頂きます。

不安な方はどのような点が心配なのか?
IFAにはどういうことをして欲しいのか?
などどうぞお気軽にお問い合わせください。

どうかお一人でお悩みにならないように、、、、
よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-01-18 08:36 | *その他 | Comments(0)

かなりマーケットは荒れています

ハンサード、ロイヤルロンドン、フレンズプロビダンスなどの投資は長期にわたります。そのため現在のところマーケットはかなり荒れています。


しかし、長期的な投資の場合、こういうときはどっしりと腰を据えてマーケットの荒波を上手く乗り越える必要があります。


2016年はマーケットがかなり荒れるようです。そのため為替にも影響がでてきます。


2011年10月、1ドル75.35というレートでしたが、今年5月には1ドルが100円になる、との見方もされています。


そうなるとハンサードのような長期投資をしている投資家が、ご自身のクライアントサイトにいって資産価値をみると、かなり目減りしていることにがっかりするかもしれません。


が、そんな必要はありません。


ポートフォリオにはいっているファンドが今後成長が見込めるものであれば、この低迷時期は絶好の口数を仕込める時期だからです。


再度かきますが、「今後の成長が見込めるファンド」でなければなりません。このまま下がり続けていくようなファンドですと、毎月の積み金を捨てるようなことになってしまいます。


ご自身のポートフォリオに組まれているファンドが心配な場合は、ご担当のIFAにといあわせることをおすすめします。きちんと戦略をもってポートフォリオを管理してくれているIFAなら大丈夫です。


<余談>
2日程前にハンサードからメールがきました。これといってわたしはIFAさんに何も連絡していないのでなんだろう?と思いクライアントサイトにはいり内容をみたところ、私の一括商品を全て一旦安全なファンドにIFAさんが移してくれていました。

私の以前のIFAはこんなとき放ったらかしでした、、、なので多くの資金をわたしはそのときうしないました。今のIFAさんだったら、、、このように守ってくれたのに、と残念です。

何も言わないでもこのように面倒をみてくれているので安心していられます。IFAさんはいつもわたしにアクティブなIFAでなければならない、といっていますが正しくアクティブな方なのでありがたいです。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-01-14 11:05 | *為替の動き | Comments(0)