ブログトップ

オフショア商品で資産増加*かわいい金には旅をさせよ 

gooffshore.exblog.jp

タグ:ハンサード ( 290 ) タグの人気記事

過去1年の運用利回り27%、先進国株式

ハンサードに入っているファンドのうち、先進国株式の動きがよいです。

このファンドは、運用が開始されたのは2015年。

比較的新しいファンドになります。青い線がハンサードの動きです。
e0295378_02354732.png
投資のセクターをみてみると、米国成長株式のファンドですので、ポートフォリオに組まれている約50%近くはインフォメーションテクノロジーになっています。

e0295378_02381421.png
そのため、やはりトップにくるのはアマゾンであることに納得がいきますね。
e0295378_02402827.png
しかし、このままこの調子であがりつづけるのであろうか?という素朴な疑問がアメリカ住んでいて感じます。

e0295378_04200666.png
アマゾンでは、2016年12月、スキャン、バッグ、ゴーの技術を使えば、客は買い物をしながら同時に会計処理を済ませることができる技術を導入した食料品を扱う無人店舗「Amazon Go」について、そのコンセプトを明らかにしました。

が、いまだ計画段階にあります。

このような技術を用いて、アメリカの他の大手スーパーでも同じような技術を取り入れようとしています。

アメリカのスーパーマーケット大手の一社はクローガーという名前のスーパーマーケットです。

会計要らずの買い物を実現することで、アマゾンや小売大手ウォルマートに対抗しようとしています。

実は、私はよくこのクローガーに買い物にいきます。

が、この買い物をしながら同時に会計処理を済ませることができる技術などが、導入されるのは、まだまだ先に伸びるのではないか、としか思えません。

このクロガーには、無人化のレジがあります。

しかし、これ、使い勝ってが非常に困難。物をスキャンしてからお金を払い終える迄の一連の流れがスムーズに行かないことが多々あります。

このような調子で、何故に高度な技術が導入できるのだろうか、と思えてなりません。

アメリカではできるだけ無人化体制で進もうとしています。

そのため、クロガーで売っている肉類は卸し会社からすでにパッケージングされたものを、購入することで、肉販売部門に勤めているスタッフ数を削ろうとしています。

実は、この動き、これから始めるようで、試験的に数店舗に導入していく、という話をこの会社に勤めている人から聞きました。そして、すでにお客様からは、反対の声が上がっているそうです。

人件費を削るため、無人化、ロボット化がどの分野でも進んでいます。

これはアメリカだけに言える事ではありません。

無人化、ロボット化になればはるほど、IT関係、エンジニア関連事業は増すまず栄えていくことでしょう。

また、デジタル化が進めば進む程、アナログ化も進むと以前何かに書いてありました。この意見に私はとても共感しています。

このファンドに入っている会社は米国で成長していく、と考えられている会社です。

このまま成長しつづけられる会社は何社なのか、興味のあるところです。

このファンドはポートフォリオに入っていますか?入っている方は、このままずっと入れておくのがよい選択かどうかをIFAさんに聞いてみるのもよいかもしれません。

成長株ですので、リスクは高いほうに入ると思います。

<余談>
現在ホームページを作成しています。

こちらのサイトでは、フィナンシャルプラナーとして、
海外投資を実際にしてみたい、海外投資に興味がある方を対象に情報、サービスを提供していきます。

こちらのブログを見て下さる多くの方は、すでに海外長期投資をされています。

海外投資では積み立て以外の一括でも、かなりよい利回りを出せる商品が存在しています。
長期と組み合わせて、運用をすれば、効果的にお金が貯まっていきます。

定期的に、お金を殖やすキッカケとなるメルマガも発行していきます。

メルマガ登録にご興味のある方は、こちらまでお知らせくださいませ。

go-offshore@excite.co.jp

以下の内容を入れてご送信ください。
メールアドレス
お名前(ふりがな)

良かったらクリック願います!
にほんブログ村
→オフショア投資 ブログランキングへ


ご自身の投資について担当をしているIFAがいらっしゃるはずです。しかし、このIFAで果たしてよいのだろうか、と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。

「IFAを移管したいな…」と考えている方は
IFA移管希望の方 をご参照ください。



[PR]
by go-offshore | 2018-02-26 11:30 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

1年で約25%の伸びを示すアメリカ株関連のファンド

ハンサード、ロイヤルロンドンにもあるファンドで、米国株関連ファンドの動きはどうなっているかみてみました。

ここにきて乱高下を続けている米国、日本株ですが、ハンサードのミラーファンドでみると以下のようになっています。
青い線がハンサードのファンドの動きです。

e0295378_10120459.png
赤い線はラッソル1000の動きになります。ラッソル1000については以下をご参照ください。

米国のラッセル・インベストメンツが公表する、米国の大型株のベンチマークとして利用される指数。ラツセル3000指数の構成銘柄のうち、時価総額などを基準に上位約1000銘柄で構成される。時価総額ベースで、米国市場の約92%を占める。毎年構成銘柄の入れ替えが行われ、常に直近の成長企業などを反映するといわれている。

このハンサードのミラーファンドができたのは2014年2月3日です。それからよい動きをしていますが、ここにきて下落しています。

それでも過去1年の上昇は24.94%になり、ファンドが設定されてからの平均利回りは11.81%です。

株が中心のこのファンドは、ほぼ米国の株で占められています。
e0295378_10171454.png
このファンドはご自身のポートフォリオにはっていますでしょうか?

ご興味のある方は担当のIFAに問い合わせて、ご自身のポートフォリオに入れるかどうかを相談しても良いと思います。

株と言えば、ここにきて円高が進んでいます。

円高が進むと株が下落する傾向にあります。そのため日本株の動きをみていると一旦は上昇しても、すぐに売り圧力が高くなかなか株高にはなりずらいのが今の環境のようです。

そして、円高はこれからもすこし進む感じですね。

以下、株のプロの方からコメントを貰いました。

ざっくりとですが、ドル円で、1円 円高になると日経平均は150〜250円ほど下落すると考えます。このように考えるとドル円が100円を下回るとどうなるか、というと、日経平均では、500円〜1000円ほど下落することになります。
しかし日経平均のPERから見ると現在13倍ほどです。極端に円高が進んだとしても下値は堅いと見ています。


円高になると、ハンサードやロイヤルロンドンを使って長期投資をしてる私達の運用成績はとても悪くなります。

しかし、経験上、円高の時は運用成績を気にせず、淡々と毎月の拠出を続けるのがよいです。

海外長期投資は20年から30年で皆さん設定しています。

そのため、この間、円安になったり円高になったりするのは当たり前のことですので、気にせずに、心配せずに進んで欲しいと思っています。

また、円安になった時、運用成績をみてください。資産は増加しています。

しかし、こうなるには、良いIFAがそばにいること、適切なファンドがポートフォリオに組まれている、というのが前提条件です。

<余談>
現在、ホームページを構築中です。
こちらのサイトでは、フィナンシャルプラナーとして、海外投資を実際にしてみたい、海外投資に興味がある方を対象に情報、サービスを提供していきます。

こちらのブログを見て下さる多くの方は、すでに海外長期投資をされています。

海外投資では積み立て以外の一括でも、かなりよい利回りを出せる商品が存在しています。
長期と組み合わせて、運用をすれば、効果的にお金が貯まっていきます。

定期的に、お金を殖やすキッカケとなるメルマガも発行していきます。

メルマガ登録にご興味のある方は、こちらまでお知らせくださいませ。

go-offshore@excite.co.jp

以下の内容を入れてご送信ください。
メールアドレス
ご姓名(ふりがな)

良かったらクリック願います!
にほんブログ村

ご自身の投資について担当をしているIFAがいらっしゃるはずです。しかし、このIFAで果たしてよいのだろうか、と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。

「IFAを移管したいな…」と考えている方は
IFA移管希望の方 をご参照ください。

(裏話)
いったい私の住んでいる所はどんな所かと思ってしまうほど、気温が激しいです。2日前に雪が降りました。明日は夏並みの気温です。そして、また冬に戻るようです。三寒四温とはいうものの、極端すぎますね。

[PR]
by go-offshore | 2018-02-20 11:30 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

47.69% 過去運用利回り 新興株式のファンド

ハンサードのファンドで、なかなかよい運用利回りを出しているものがあります。

47.69%、過去一年の運用利回り
10.37%、過去5年の運用利回り

これは、新興国株式で、インドに関連しているものです。
過去5年の動きが以下になります。青い線がハンサードのミラーファンドの動きです。
e0295378_04095699.png

殆どがインドの会社の株への投資ですね。
e0295378_04111119.png
部門別への配分は以下の通りです。Banks、Capital Goodsが上位を占めています。

因みにCapital Goodsとは、他の財の生産のために使用される機械,器具などの経済財を意味します。

Capital Goodsの反対は、消費財(consumption goods)になります。

ファンドの内容からしても、経済の発展が感じられるインド関連のファンドではないでしょうか。

私のポートフォリオにはこのファンドは含まれていませんが、ご興味のある方は、ご自身のIFAからアドバイスを貰ってはどうでしょうか? 

因みに過去6ヶ月のパフォーマンスは以下のようになっています。
なんとなく、押し目買いのタイミングとしては良さそうなチャートのようです。
が、担当のFAに聞いてみるのが一番でしょう。
e0295378_04200666.png
ところで、現在ホームページを作成しています。

こちらのサイトでは、フィナンシャルプラナーとして、
海外投資を実際にしてみたい、海外投資に興味がある方を対象に情報、サービスを提供していきます。

こちらのブログを見て下さる多くの方は、すでに海外長期投資をされています。

海外投資では積み立て以外の一括でも、かなりよい利回りを出せる商品が存在しています。
長期と組み合わせて、運用をすれば、効果的にお金が貯まっていきます。

定期的に、お金を殖やすキッカケとなるメルマガも発行していきます。

メルマガ登録にご興味のある方は、こちらまでお知らせくださいませ。

go-offshore@excite.co.jp

以下の内容を入れてご送信ください。
メールアドレス
お名前(ふりがな)

良かったらクリック願います!
にほんブログ村

ご自身の投資について担当をしているIFAがいらっしゃるはずです。しかし、このIFAで果たしてよいのだろうか、と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は
IFA移管希望の方 をご参照ください。

[PR]
by go-offshore | 2018-02-19 11:30 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

過去1年の運用利回り55.72%

ハンサード、ロイヤルロンドンで長期投資に入れるポートフォリオで、ダントツよい成績を出しているものがあります。

中国関連ファンドで新興国株式のものです。(中国、香港)
青線がハンサードのミラーファンドの動きになります。

過去5年の運用利回りは10.06%
過去1年の運用利回りは55.72%
e0295378_09122891.png
比率は殆ど中国株になっています。
e0295378_09162954.png
ポートフォリオに組まれているトップ5の会社は以下になります。
e0295378_09244479.png
トップにあるテンセント英:Tencent、は、インターネットソーシャル・ネットワーキング・サービス、インスタントメッセンジャーWebホスティングサービスなどを提供しており、テンセントの100%子会社であるテンセント日本は港区にあります。

他の会社は保険、薬品会社、エネルギー関連会社。ざっと目を通すだけで、株が高くなる理由がみえてきます。

このファンドは私のポートフォリオの中には入っていません。
今からポートフォリオにいれても果たして今後も上がっていくか、は分かりませんが、中国関連はこれからも面白そうです。

ご興味のある方は担当のIFAさんに問い合わせてみてはいかがでしょうか?

<追記>
現在ホームページを作成しています。

こちらのサイトでは、フィナンシャルプラナーとして、
海外投資を実際にしてみたい、海外投資に興味がある方を対象に情報、サービスを提供していきます。


こちらのブログを見て下さる方は、殆どのかたがすでに海外長期投資をされています。

海外投資では一括でもかなりよい利回りを出せる商品もあります。
長期と組み合わせて、運用をすれば、効果的にお金が貯まっていきます。

定期的に、お金を殖やすキッカケとなるメルマガも発行していきます。

メルマガ登録にご興味のある方は、こちらまでお知らせくださいませ。

go-offshore@excite.co.jp

以下の内容を入れてご送信ください。
メールアドレス
お名前(ふりがな)

良かったらクリック願います!
にほんブログ村

ご自身の投資について担当をしているIFAがいらっしゃるはずです。しかし、このIFAで果たしてよいのだろうか、と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は
IFA移管希望の方 をご参照ください。

[PR]
by go-offshore | 2018-02-14 11:30 | Comments(0)

2018年から貯金を殖やしていくには

ハンサードやロイヤルロンドン、フレンズのような長期投資をする以外にも
貯金が殖える手段はあります。


今迄、こちらのブログをやってきましたが、
新たにサイトを立ち上げて
おります。


新しいサイトでは、

お金を殖やすことができる海外投資を

フィナンシャルプラナーとしてコンサルをしていきます。



こちらの、サイトを通して多くの方と接することができました。


みなさん、老後のため、子供の教育のためなど、理由はそれぞれ
お持ちです。


私も、老後のため、と思い始めた海外投資でした。


そして、その投資期間もあと数年を残すだけとなりました。


私ば、最初に海外投資を開始した頃と比べると、現在はネットで
幾らでも海外投資の情報を探すことはできます。


しかし、それでもやはり、海外のものとなると、言葉の壁もあり
商品の理解をするのが難しいこともあります。


その辺りの壁を破り、できるだけ、分かりやすコトバで、
もっともっと海外投資を知って欲しい、利用して欲しいという
気持ちを込めてサイトを作っています。


サイトができ上がりましたら、ニュースレターも発行していきます。


このニュースレターでは、お金を殖やすキッカケになる情報を提供
していきたいと思います。


現在、サイトの構築、レター発行の準備中です。


そして、ニュースレターを受け取る事にご興味がありましたら
是非、以下のメールアドレス迄お知らせください。
go-offshore@excite.co.jp


今年は、アップをあまりする事ができませんでした。
すみません、、、


来年から、ご自身のお金が殖るよう、お手伝いさせて頂きます。


今年最後、、、内容はイマイチかもしれませんが、
気が向いたら、クリッ、ポチットとお願い致します。
e0295378_2182537.gif

ご自身の投資について担当をしているIFAがいらっしゃるはずです。しかし、このIFAで果たしてよいのだろうか、と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。

「IFAを移管したいな…」と考えている方は
IFA移管希望の方 をご参照ください。



[PR]
by go-offshore | 2017-12-29 21:37 | *その他 | Comments(0)

テクノロジーのセクターがよい動きをしているようです

ハンサードや、ロイヤルロンドンで長期投資をしている投資家の、現在の運用成績はどんなものでしょうか。

今年は、マーケットの動きが誰がみても、良かった年でした。それは、ダウジョーンズや日経平均の動きをみても理解できることです。

では、ハンサードなどに組まれているファンドでは、どのファンドがよい動きをしてくれたか、ですが、答えはthe Fidelity Global Tech fund in the Zurich GBP plans のような、テクノロジーのセクターになるようです。

青い線が、このファンドの動き。赤い線がモーニングスターのカテゴリー。
e0295378_11445154.png
過去のパフォーマンスと、モーニングスターの評価は以下。

e0295378_11550781.png
e0295378_11593599.png
さて、このファンドはご自身のポートフォリオには入っていましたでしょうか? 

私のには上記と全く同じものは入っておりません。

が、IFAさんが、テクノロジー関係のファンドは選んでくてていたため、一応ポートフォリオの中にテクノロジー関係のファンドは入っています。

アセットアロケーションとセクターブレークダウンは以下です。
e0295378_12212937.png
e0295378_12233897.png
どの様な会社が入っているかは以下。
e0295378_12251175.png
トップにある会社名はAlphabet Inc となっています。

この会社はどういう会社かをは以下をご覧下さい。Wikipediaから引用しました。

私はグーグルが関係しているとは知らなかったです。

結構読むと面白いです。こちらを参照すれば詳細がみられます。

Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。

本拠地はカリフォルニアに置かれ、Google Inc.の共同設立者であるラリー・ペイジおよびセルゲイ・ブリンが、それぞれCEOおよび社長である。GoogleからAlphabetへの再編は、2015年10月2日に完了した。

Alphabetが保有する事業には、テクノロジー、生命科学、投資キャピタル、研究といった複数の産業が含まれている。また、子会社には、Google、Calico、GV、Google Capital、X、Google Fiber、Nest Labsがある。

ところで、これだけダウも上がるし、日経平均も上がっているのに、ご自身の運用成績がまだマイナスになっている方もいるのではないでしょうか?

私は、3つ投資をしているうち、2つがまだマイナスです。

積み立ての投資もマイナスになっています。額としてはそんなに大きくありません。が、ちょっと寂しい気持ちです。

私がこのようにマイナスになっているのには、理由があるのですが、、、

いずれにせよ、何があってもIFAさんに、問い合わせられるのでこれと言って気にしてはいません。

今後、テクノロジーは増々、必要になってきます。テクノロジーのファンドをポートフォリオに入れておくのは、良い選択かもしれません。

まだ、ポートフォリオにテクノロジーが入っていない場合は、担当のIFAさんに、問い合わせてみては如何でしょうか?

かなり、ブログからご無沙汰しておりました.....
暫くぶりでアップしました。気が向いたらプチっとお願いいたします。
e0295378_12420603.gif

ご自身の投資について担当をしているIFAがいらっしゃるはずです。しかし、このIFAで果たしてよいのだろうか、と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。

「IFAを移管したいな…」と考えている方は
IFA移管希望の方 をご参照ください。

PS−そろそろ今年も終わりです。アッと言う間に過ぎた1年でした。こちらは段々と寒くなってきており、夜はマイナス気温になります。皆様も風邪などひかぬよう、年の瀬に向けて、お体、ご慈愛ください。
[PR]
by go-offshore | 2017-12-06 12:53 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

ポートフォリオに入れているファンド

ハンサードやロイヤルロンドンなどの長期投資ではどのようなファンドをポートフォリオにいれてるでしょうか?

現在、私のポートフォリオの中の一つのファンドは、資源が豊富なロシアとのやりとりが米大統領トランプの動きに見られることから、ロシア関連ファンドが入ってます。

このファンド、まだできて3年程ですがこれが過去からの動き。ポートフォリオに加わったのはここ3ヶ月程前。入ったタイミングとしては、悪くなさそう。
e0295378_10034862.png
投資先のセクターはエネルギーがトップ。
e0295378_10103575.png
ポートフォリオに組まれている会社のトップはロシアのエネルギー関連会社になっており、この会社の過去約3年間のの動きはこちら。因みにこの会社は天然ガスのプロダクションを行っています。
e0295378_10134214.png
天然ガスの生産量国別でみると1位は米国、2位はロシア、3位はイランとなっており中国は5位。

ロシアとトランプ大統領の関係が問題にはなっていますが、今後のこのファンドの動きは興味深いので、時々見ていきたいと思っています。

気が向いたらクリッとお願いします。クリッとしてくれると、とても嬉しいです^^
e0295378_2182537.gif
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。宜しかったらクリックお願い致します。
  

[PR]
by go-offshore | 2017-04-03 10:39 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

ハンサード以外にもファンドを購入

ハンサードやロイヤルロンドン以外の長期積み金の情報の他に、ファンドについて書いてみました。

このところ、ファンドの購入を1〜3本程予定しています。

そのうちの一つはこれです。

最低投資金額:USD 10,000
通貨:USD、EUR、GBP
購入手数料:0%
解約手数料:5~0%(5年経過後0%)
年間平均リターン:17.99%
年間平均リスク:13.31%

こちらのファンドの戦略はグローバルマクロです。

こちらのブログをご覧になっている方なら大抵お分かりになるかと思います。

軽く補足しますと、グローバル・マクロとは、イベント・ドリブン、エクイティ・ロング/ショート、リスク・アービトラージなどと並ぶヘッジファンドの運用手法の一つ。

グローバルに株式、債券、通貨、先物など様々な投資対象についてロングおよびショートポジションをとるもの。

世界中の多種多様な市場の多種多様な資産をターゲットとして運用されるもの。

1990年代に世界中の金融市場に大きな影響を与えたジョージ・ソロスのクオンタム・ファンドやジュリア・ロバートソンのタイガー・ファンドなどが典型的なグローバル・マクロ・ファンドだと言われている。

どうもヘッジファンドマネージャーの腕が最も活かされる戦略でもあるようです。

確かに内容をみると何でもあり、です。
e0295378_10330914.png
このファンド以外に考えているものがあと2本あります。

年平均7%がとれるようにポートフォリオを組んでもらおうと思っています。

全体的に350万円ほどの比較的一般の人がマネージできる額でやってみようと考えています。

寝かす期間は5年間。その間円安になるでしょうから、、、、満期時には結構いけるのではないか、と希望していますが、投資に絶対はないのでよく考えて進んでいきます。

<余談>
このところファンドにとても興味をもっています。

もうすでにやっている方はやっていると思いますが、海外オフショア口座も魅力的ですね。

こちらに口座をもっていると、ファンドの買い付けや海外の株などにもカンタンに買い付けができます。

ネット上での口座内容も日本語対応がされているので、こちらを開設したほうがいいのかどうかと、、、考えています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。
「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

このところ、ブログをアップしていませんでしたが、宜しかったらクリックお願い致します。

  にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へにほんブログ村

 オフショア投資 ブログランキングへ



[PR]
by go-offshore | 2017-03-09 10:55 | *その他のオフショア商品 | Comments(0)

IFAさんが新しいシステムを導入しました。

ハンサード、ロイヤルロンドン、その他の長期投資向けにこちらのブログではを変更したい方向けに、個人レベルですができる範囲でお問い合わせを頂いたらご返答するようにしています。

私がブログを立ち上げた時から比べるとかなり質の高いが増えてきたように感じ、もっともっと海外投資をする人が増えたらいいな、と思っています。

しかし、IFAをたとえ変更してもなかには新しいに満足できる人とそうでない方がいらっしゃるようで時々、変更をしたをまた変更したいというお問い合わせも頂きます。

IFAに満足する、しないは がどれだけ真剣に自分のポートフォリオを管理していれるかでしょう。

最近私の担当するさんは最近新しいシステムを導入しました。

ポートフォリオの内容を常に監視し、必要な時には即座に内容の入れ替えを自動的にしてくれるものです。

自分で行う株取り引きのようなものであれば自分で100%コントロールできますが、長期積み立てであるポートフォリオの内容変更は殆どの方はご自身ですることは難しいです。

ファンドの選択、所定の用紙にファンドのスイッチやリダイレクションを入力しその用紙を担当部署に送信する。

これはとても面倒であり、時間も手間もかかります。

殆どの方はファンドの選択はとても困難。

私を担当をしているIFAさんの返答は早く、ポートフォリオも定期的に見直してはくれていますので、全く心配はしていませんが、導入されたシステムにより益々安心感がわきました。

システムを導入しても今迄のようにこの自動スイッチではなく相談をしながらポートフォリオに組みいれる内容を検討するサービスも今迄通りやってくれます。

しかし殆どの投資家95%は自動スイッチを希望するようです。

世の中の動きは今迄以上に早くなっています。

長期運用をしている投資家の役割はポートフォリオを定期的に見直すことが必要ですが、そのための時間をなかなとれない方も沢山いらっしゃいます。

そのため、このように自動で行ってくれるポートフォリオのシステムを導入したIFAさんについててよかったと感じています。

気がむいたらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

にほんブログ村



オフショア投資 ブログランキングへ


ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

[PR]
by go-offshore | 2017-03-07 09:28 | Comments(0)

オイル関連ファンドを追加して正解でした

ハンサードのアスパイアのポートフォリオにオイル関連のファンド加え仕込みに入っていました。

ご存知のように9月28日の水曜日に石油輸出機構が8年ぶりとなる減産で暫定合意に達したのを受け、原油価格は5%以上の急騰となりました。

今回の原油減産合意は、アルジェリアで開かれたOPECの非公式会合で達したものであり、実際に11月30日にウィーンの本部で開催予定の総会において正式に決定する見込みである、という背景があります。

OPECがアルジェリアの首都アルジェで非公式会合を開き、加盟14カ国の原油生産量を日量3250万~3300万バレルに制限することで合意。

これらの加盟国は8月時点で日量3324万バレルを生産しているので、この合意は実質的には「減産」 となるわけです。

OPEC (Organization of the Petroleum Exporting Countries 石油輸出国機構)が減産するのは、世界金融危機直後の2008年以来、約8年ぶりのこと。                         
この合意の報道を受けて、28日のニューヨーク原油市場では、原油先物価格が5%以上の急騰となりました。

オイル関連ファンド、今後の動きを期待したいところです。

IFAさんのアドバイスに従って正解でした。

<余談>
原油はcrude oil あるいは crude petroleum と呼ばれ、普段はoil「原油」 の意味で使われることも多くなっているようです。

英字新聞などでoil prices、crude prices とでてきたらどちらも「原油価格」 を意味します。

確かにここにきてガソリンの価格が上がってきたのがよく分かります。これからホリデーシーズンにはいるため、益々価格の上昇があるのでは、と気になるところです。

<余談その2>
毎月の拠出額を私は住信ネット銀行で行っていますが、ハンサードの振込先が変更になったことをIFAさんの会社から連絡が入り知りました。まだこのような連絡を受けていない方は、ご担当のIFAに連絡をしたほうがよいかもしれません。

気がむいたらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

にほんブログ村



オフショア投資 ブログランキングへ


ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。
[PR]
by go-offshore | 2016-10-03 11:30 | *その他 | Comments(0)