ブログトップ

オフショア商品で資産増加*かわいい金には旅をさせよ 

gooffshore.exblog.jp

タグ:アスパイア ( 152 ) タグの人気記事

過去1年の運用利回り55.72%

ハンサード、ロイヤルロンドンで長期投資に入れるポートフォリオで、ダントツよい成績を出しているものがあります。

中国関連ファンドで新興国株式のものです。(中国、香港)
青線がハンサードのミラーファンドの動きになります。

過去5年の運用利回りは10.06%
過去1年の運用利回りは55.72%
e0295378_09122891.png
比率は殆ど中国株になっています。
e0295378_09162954.png
ポートフォリオに組まれているトップ5の会社は以下になります。
e0295378_09244479.png
トップにあるテンセント英:Tencent、は、インターネットソーシャル・ネットワーキング・サービス、インスタントメッセンジャーWebホスティングサービスなどを提供しており、テンセントの100%子会社であるテンセント日本は港区にあります。

他の会社は保険、薬品会社、エネルギー関連会社。ざっと目を通すだけで、株が高くなる理由がみえてきます。

このファンドは私のポートフォリオの中には入っていません。
今からポートフォリオにいれても果たして今後も上がっていくか、は分かりませんが、中国関連はこれからも面白そうです。

ご興味のある方は担当のIFAさんに問い合わせてみてはいかがでしょうか?

<追記>
現在ホームページを作成しています。

こちらのサイトでは、フィナンシャルプラナーとして、
海外投資を実際にしてみたい、海外投資に興味がある方を対象に情報、サービスを提供していきます。


こちらのブログを見て下さる方は、殆どのかたがすでに海外長期投資をされています。

海外投資では一括でもかなりよい利回りを出せる商品もあります。
長期と組み合わせて、運用をすれば、効果的にお金が貯まっていきます。

定期的に、お金を殖やすキッカケとなるメルマガも発行していきます。

メルマガ登録にご興味のある方は、こちらまでお知らせくださいませ。

go-offshore@excite.co.jp

以下の内容を入れてご送信ください。
メールアドレス
お名前(ふりがな)

良かったらクリック願います!
にほんブログ村

ご自身の投資について担当をしているIFAがいらっしゃるはずです。しかし、このIFAで果たしてよいのだろうか、と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は
IFA移管希望の方 をご参照ください。

[PR]
by go-offshore | 2018-02-14 11:30

テクノロジーのセクターがよい動きをしているようです

ハンサードや、ロイヤルロンドンで長期投資をしている投資家の、現在の運用成績はどんなものでしょうか。

今年は、マーケットの動きが誰がみても、良かった年でした。それは、ダウジョーンズや日経平均の動きをみても理解できることです。

では、ハンサードなどに組まれているファンドでは、どのファンドがよい動きをしてくれたか、ですが、答えはthe Fidelity Global Tech fund in the Zurich GBP plans のような、テクノロジーのセクターになるようです。

青い線が、このファンドの動き。赤い線がモーニングスターのカテゴリー。
e0295378_11445154.png
過去のパフォーマンスと、モーニングスターの評価は以下。

e0295378_11550781.png
e0295378_11593599.png
さて、このファンドはご自身のポートフォリオには入っていましたでしょうか? 

私のには上記と全く同じものは入っておりません。

が、IFAさんが、テクノロジー関係のファンドは選んでくてていたため、一応ポートフォリオの中にテクノロジー関係のファンドは入っています。

アセットアロケーションとセクターブレークダウンは以下です。
e0295378_12212937.png
e0295378_12233897.png
どの様な会社が入っているかは以下。
e0295378_12251175.png
トップにある会社名はAlphabet Inc となっています。

この会社はどういう会社かをは以下をご覧下さい。Wikipediaから引用しました。

私はグーグルが関係しているとは知らなかったです。

結構読むと面白いです。こちらを参照すれば詳細がみられます。

Alphabet Inc.(アルファベット)は、2015年にGoogle Inc.及びグループ企業の持株会社として設立された、アメリカの多国籍コングロマリットである。

本拠地はカリフォルニアに置かれ、Google Inc.の共同設立者であるラリー・ペイジおよびセルゲイ・ブリンが、それぞれCEOおよび社長である。GoogleからAlphabetへの再編は、2015年10月2日に完了した。

Alphabetが保有する事業には、テクノロジー、生命科学、投資キャピタル、研究といった複数の産業が含まれている。また、子会社には、Google、Calico、GV、Google Capital、X、Google Fiber、Nest Labsがある。

ところで、これだけダウも上がるし、日経平均も上がっているのに、ご自身の運用成績がまだマイナスになっている方もいるのではないでしょうか?

私は、3つ投資をしているうち、2つがまだマイナスです。

積み立ての投資もマイナスになっています。額としてはそんなに大きくありません。が、ちょっと寂しい気持ちです。

私がこのようにマイナスになっているのには、理由があるのですが、、、

いずれにせよ、何があってもIFAさんに、問い合わせられるのでこれと言って気にしてはいません。

今後、テクノロジーは増々、必要になってきます。テクノロジーのファンドをポートフォリオに入れておくのは、良い選択かもしれません。

まだ、ポートフォリオにテクノロジーが入っていない場合は、担当のIFAさんに、問い合わせてみては如何でしょうか?

かなり、ブログからご無沙汰しておりました.....
暫くぶりでアップしました。気が向いたらプチっとお願いいたします。
e0295378_12420603.gif

ご自身の投資について担当をしているIFAがいらっしゃるはずです。しかし、このIFAで果たしてよいのだろうか、と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。

「IFAを移管したいな…」と考えている方は
IFA移管希望の方 をご参照ください。

PS−そろそろ今年も終わりです。アッと言う間に過ぎた1年でした。こちらは段々と寒くなってきており、夜はマイナス気温になります。皆様も風邪などひかぬよう、年の瀬に向けて、お体、ご慈愛ください。
[PR]
by go-offshore | 2017-12-06 12:53 | *ハンサードのファンド

ポートフォリオに加えてもらったファンド

ハンサード アスパイアやロイヤルロンドン360のポートフォリオには適切なファンドの選択が必須。

つい最近、IFAさんから提案を受けて今後上がりそうなファンドを加えてもらいました。

今迄持っていたファンドで売ったのは1つのファンド、既存ファンドのうち保有比率を100%から70%に変えたのが1つあります。

新たに加えたのは5つのファンド。これらのなかで結構ポートフォリオの比率が多めのファンドが1つあります。

売ったファンドはヨーロッパ関連ですが、過去5年の動きは以下。青い線がハンサードのミラーファンドになります。。
e0295378_07150935.png
源資産ファンドの動きは以下。2013年8月9日から2016年8月12日までのチャートです。下落方向というのが分かると思います。
e0295378_07200538.png
新たに加えたファンドは以下。
e0295378_07255990.png
チャートの示す通り1年間のパフォーマンスは97。

TYDは103.52です。

このファンドの動きを更にチェックするために、NYのある先物価格を参考にしていみると、上昇基調にあることを確かめることができました。

上がるということが分かっているのであれば、ファンドの切り替えに迷いはないです。

暫く楽しみにファンドの動きをみてみることにしています。

<余談>
私はこのハンサードの投資を15年前に始めました。

その知人のIFAさんは私と同じではないのですが、知人のIFAさんは2年間はポートフォリオの内容の変更はしないといっていました。

2年ではどうなのだろうか?と、老婆心ながらちょっと心配です。

マーケットは生き物。ファンドの入れ替えも世界の動きが早く切り替わる時は、それに平行して見直しをする必要もあるのではないか、と感じています。

励みになります。宜しければ、是非一票を頂ければ嬉しいです。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

ご自身のIFAで「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。

「IFAを移管したいな…」と考えている方はIFA移管希望の方 をご参照ください。

[PR]
by go-offshore | 2016-08-17 11:30 | *ハンサードのファンド

今ならハンサードの最低積み金額が手頃

ハンサードのアスパイアに投資をしている方で短いブログではありますが、以下の点についてお知らせいたします。
e0295378_09464922.png
ご存知の通り、Brexit後、英国ポンドの価値はかなり下がりました。

この影響をうけて現在のところアスパイアの最低拠出金額が150英国ポンドとなっています。

日本円に換算すると2万円程。
e0295378_09352752.png
アスパイアの積み立てを何らかの都合で一旦お休みしているは、これを機に積み立てを再開するのにはよい時期かもしれません。

<雑談>
先週暫くぶりでIFAさんに連絡をいれ、ポートフォリオの入れ替えを多少する提案を受け、早速迷うことなく内容を少し変更。今後上がっていきそうなファンドに交換しました。金融関係が詳しく知らない人でも納得するファンドですので、変更して正解だと思っています。IFAさんは、本当に積極的にポートフォリオの内容を管理してくれているので、ありがたいです。

ハンサードの拠出金が減額したということは、これからロイヤルロンドンを始めたいと思っている方にも、よいチャンスではないかと思います。

差し支えなければ、一票お願い致します。励みになります。。。
e0295378_09570686.gif
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ


ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。


[PR]
by go-offshore | 2016-08-15 11:30 | *Hansardやるかどうか

コーンヒル社の商品も良さそうです

オフショア投資に興味のある方なら、コーンヒルという会社は聞いたことがある方も多いと思います。

このところこの会社の商品にとても興味をもっております。

ルクセンブルク大公国(ルクセンブルクたいこうこく)、通称ルクセンブルクは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。
e0295378_3101632.gif

ルクセンブルクの国内経済は世界でもトップレベルの豊かさを誇るり、ルクセンブルグは一人当たりのGDPが世界一。GDP成長率が4%台。

ルクセンブルクは220を超える銀行を擁する、欧州3位、世界7位の金融センターとして知られ ている。

投資信託運用においては、制度や税金などの充実した環境により、世界で最も重要な地点の一つとなっている。

日本の金融機関、銀行など9 行もルクセンブルクに進出し、優れたインフラとノウハウを活用している。

1997年に設立されたコーンヒル社の本社はルクセンブルクにあり、世界42ヶ国で展開している。

創業株主はBNPパリバとAIGで資産は約6億ドルとなっており、積立金の分別収集はHCBC(UK)が担当。

グローバル カストディアンはKBL ヨーロピアン プライベート バンキングが保管銀行の業務を担当。

(グローバル・カストディアンとは、カストディアンのうち、複数国の有価証券の保管・管理業務を一括して行う金融機関のことをいう。)

(Custodian:管理人、守衛)

ポートフォリオはルクセンブルク ファンド パートナーズ社が担当。

今とても興味のある商品はProvidence Investment Fundsという商品です。

ファンドに投資をする際に、大抵のファンドのエントリー額は高額で参加できな場合があるのですが、この商品は100万以内からでもエントリー可能です。
e0295378_3312466.png


比較的投資期間は短く18ヶ月のみ。
確定利益は以下になっています。
e0295378_3353636.png

拠出金によりますが、最低でも10.75%はかなり良いです。

緑の線がファンドのパフォーマンスになります。
e0295378_337468.png


何で運用しているのか?どういうリスクが考えられるかなどを考えているところです。

商品内容のPDFをおくりますので、ご興味のある方はお知らせください。

私はIFAさんに幾つか質問をしてどうしようかと検討中です。すでに何人かの方は投資を開始しているようですが、私は、もう少し検討してみたいと思っています。

また、こちらの商品について直接IFAさんとあって決めたいと思っている方もお知らせください。

<余談>
(ファンドには全く関係ないですが)ルクセンブルグで以外と知られていないのは、この国はグルメ天国ということ。

なんでもルクセンブルクはミッシュラン格付けレストランの国民1人あたりの数が、世界中のどの国よりも多いとのことです。

フランス料理の優雅さや、ドイツ料理の家庭的な味わいなどが組み合わさり、ユニークな料理が色々とあるようです。

代表的な郷土料理は、豚肉のスモークとそら豆の一皿、小さな川魚のフライ、カワカマスのリースリング・ワインソース煮などのようです。
e0295378_3555318.jpg
e0295378_3553012.jpg


気が向いたら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-05-16 11:45 | *コーンヒル(Corn Hill)

確定利回り6%ーリタイアした方に人気

ロイヤルロンドンやハンサードの長期積み金でじっくりと資産作りをするほかにこんな商品もあります。

投資通貨と最低拠出金はこちらです。
e0295378_8202255.png


米ドルですとUS$200,000ですので、2千万円以上になります。纏まった資金がある方にかなり人気のある商品。

理由はなんといっても確定利回りが6%だからです。

そのためリタイアをした方が多く利用していらっしゃいます。確定利回りならば安心です。この商品を利用している方は投資額の毎年5%分を引き出し生活費などにあてているようです。

また最低投資期間も5年だけなので気が楽です。

e0295378_8244937.png


今から円高になる方向性ですので、資金がある方はドル転をしておくのもいいかもしれません。

こちらの商品についてご興味のある方はお知らせください。

また、長期積み金で一任勘定ができるIFAをお探しの方もご一報ください。まだまだこれからもマーケットが荒れそうです。なにかとアドバイザーがいないと大変だとおもいます。

<余談>
私は確定利回り8%、投資期間3年の商品に投資をしています。満期がきても利子はそのまま元本にあてて投資をしています。(雪だるま方式です。)今度満期がきても続けてまた3年間投資をしようと思っています。ちなみに最低拠出金は米ドル30,000ですので、上記の商品よりはずっとハードルは低いです。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-04-18 07:55 | *その他のオフショア商品

ポートフォリオ変更ーその内のファンド

ハンサードのアスパイアやロイヤルロンドンのクォンタム等に限らず、長期投資をしている私達投資家にとってはポートフォリオを定期的にチェックすることは欠かせません。


ポートフォリオをIFAさんが最近変更しましたが、そのなかの一つのファンドの動きは以下になります。
e0295378_1042258.png



かなり下がっていますが、これをポートフィリオの入れたということは上がる機会があるからでしょう。


アセットアロケーションと地域別は以下のとおり。
e0295378_1103310.png



ファンドはイクイティ関係ですが、ポートフォリオを占める割合は低めに設定されています。


しかしこれは私のリスク範囲で組んでもらっているので皆が皆同じという訳ではないです。


ハンサードと限らず、長期積み立ての海外投資は自分の許容範囲にあわせてIFAと相談しながら資産を作っていける面白い商品。


リスクが高いファンドでも将来性が見込めるものであればマーケットが低迷しているときに組み込むのはタイミングとしては良いと思っています。


ところで、日本の年金はやはり、期待出来そうにないです。

ご存知の通り、安部首相は「想定の利益が出ないなら当然支払いに影響する。給付に耐える状況にない場合は、給付で調整するしかない」と述べ、運用状況次第で将来的に年金支給額の減額もあり得るとの認識を明らかにしています。


日本のトップがこうした発言をした事に対し、やはり何もしないでいる、というのは最大のリスクかもしれません。


また最新の国勢調査によると、日本の人口は2010年から2015年の間に94万7000人減り、5年ごとの調査が開始された1920年以来、初めての人口減少となった、とありました。


昨年行われた国勢調査の速報によると、2015年10月1日現在の日本の人口は1億2711万47人で、前回5年前の調査と比べて94万7305人、率にして0.7%減っています。


5年ごとに行われる国勢調査で日本の人口が減少するのは、96年前に調査が開始されてから今回が初めてのこと。


「日本は人口減少の局面にはっきり入ったと言えるのではないか」と総務省は述べています。


このように日本の人口は明らかに減ってきている、というこの事実を踏まえ将来にむけてのたくわえは個人が責任をもってう必要が本当にあるのだ、と実感しています。


しかし、そのために行った海外投資。それなのにIFAがまったく何もしてくれなく、お困りの方が多くいらっしゃいます。


こちらのブログをみてIFAを移管をご希望になった方は多くいらっしゃいますが、皆さんが皆さん移管が出来ているというわけではありません。が、移管をされた方は皆さん満足がいっているようでよかったです。


恐らく今の為替の動き、原油などの動きによりファンド自体は下がっているはずですが、きちんとしたファンドさえIFAに組み込んでいてもらえれば心配はいらないと思います。


なので、毎日の動きに一喜一憂せず、長期戦の投資ですからどっしりと構えていればいいでしょう。


気が向いたら、ポチット一押しおねがいいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-03-01 11:45 | *ハンサードのファンド

ハンサードの一括は解約します

ハンサードのアスパイアには一括と積み立てがあります。


私自身はこの両方に投資をしていましたが、現在のIFAさんと相談をし一括分は解約し確実に資産が増やせる商品に投資を開始することにしました。


投資期間は15年を考えています。複利で運用される商品のため15年くらいの期間は必要となるためです。


こちらの商品、私はしりませんでしたが多くの日本人がやっていました。


特にリタイアをした人たちが利用しておりその利益の一部を生活費やレジャー費に充てているようです。


最低拠出品は30,000米ドルから。5%〜8%の利益はかなり狙える商品。米ドル1=100円として計算してみました結果は以下のようになります。


投資額 300万円
利回り   6%
投資期間  15年

15年後の資産合計は718 万円
e0295378_6421579.png



20年後の為替のレートにもよりますが、投資期間を20年にした場合、20年後の資産合計は962 万円です。


ご興味のある方はお知らせください。


現在一任勘定ができるIFAを探している方は、現在もっているご自身の積み金商品と合わせて、このような商品への投資もIFAさんに相談してみてもいいかもしれません。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-02-15 11:45 | *その他のオフショア商品

日本の株式関係のファンド

ハンサード、ロイヤルロンドンなど海外投資長期積み金をしている投資家にとってこのところのマーケットの動きはかなり荒いため心配になっている人もいるのではないでしょうか?


マーケットの上下は毎日あることですし、長期でみれば別にこのところのマーケットの動きがどうであれ気にする必要はないと思います。


とはいっても心配なのです、という方もいることでしょう。


日本の株価も2016年2月9日現在、下値探りをしているような動きになってきました。そんななかハンサードファンドマネージャーがネプチューンである Japan Opportunitiesというファンドがありますのでどのような動きをしているかみてみました。


想像がつくように、下がっています。

e0295378_8591553.png

e0295378_8593184.png


セクター別でみてみるとインダストリーがトップでトヨタがトップにきています。今のマーケットの流れからいってもこれは理にかなっているのではないでしょうか。
e0295378_911823.png



ところで、マーケットが下がっていく時人の心理にはどういう変化がおきるのか、について最近面白い記事をよみました。


マーケットが乱高下を続けている時にいかに冷静に行動出来るかが大切な要素。しかし投資の世界では人間は思っているほど合理的に行動できません。


「投資とは、心理ゲームである」と以前からいわれていますが、これを裏付けするものとして理論的に分析しているのが、「行動ファイナンス」。なんとなくこのような言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。


この行動ファイナンス理論で有名な博士がおり、2002年にノーベル経済学賞を受賞したのダニエル・カーネマン博士とエイモス・トヴェルスキー博士 (プリンストン大学)。博士達が提唱したのは「プロスペクト理論」。


この理論によると「行動ファイナンス」とは、「人間は常に合理的に行動するとは限らない」という前提で、経済や金融市場の動きを考えるそうです。


それまでの経済理論では「人間は利益の追求のみを目的として、常に合理的に行動する」とされていましたが、現実の投資の世界では違った動きを繰り返す、という歴史があるそうです。


その代表的な例は「バブル」になった株式市場。数年後その時の状況を振り返るとバブルに巻き込まれていった投資家の行動が、いかに不合理であったか、かなり感情的に行われていたか、が分かるとのことです。(確かにそうです。)


人は感情の生き物ですから投資の世界でもその感情によってマーケットは左右されてしまいます。


例としてこんなことが説明されていました。 


もしあなたが、Aとい商品に100万円の投資をし、その商品が150万円になったときの嬉しさと50万になったときの落胆は同じあなたでも感情の度合いは同じでしょうか?


このような場合、大抵の人は失った落胆のほうが感情の度合いは大きいというのです。合理的にみれは利益と損の額は同じ50万円なのですが、人間の感情は、金額に正比例するわけではありません。


なので、損失の割合が大きくなることで悲しみも増し、その悲しみの感情をつよく感じてしまうそうです。


一般的に損をしたくない場合は利益が出ている時に早目に利益確定に走りやすい傾向が見られ、逆に、含み損がある場合は、その苦しみを現実のものとして受け入れたくない、という気持ちから“塩漬け”状態に陥ってしまうそうです。


このことから、利益は少しで確定してしまい、損失は確定する勇気がないため大きく膨らみやすい、という傾向が人の感情に基づく行動として発生しやすいとのこと。


そうならないためには利益はなるべく大きくしてから受取り、損失はなるべく早いうちに確定させることが大切なのですがこれは人間の心理と、全く“逆の行動”をとらなければならないため、かなり難しいそうです。


この内容を読んだ時、現在わたしたちの運用成績は殆どの方がイマイチ状態かもしれませんが、このような時こそしっかりとポートフォリオの見直しや、不安が生じる場合には担当のIFAに相談して欲しいと感じました。


投資は感情でするものではありません、また長期で積み立てている商品は長い目でみたら今のこのボラティリティーが高い相場でも後になって思えばどってこと、ないのです。でもきちんと自分にあっているファンドが組まれていることが前提です。


マーケットが低迷している時に、全てを投げたくなる人がいますが、そうする前にまずはIFAに相談し、何かしらのアドバイスを得る事をお勧めします。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-02-09 09:54 | *ハンサードのファンド

グローバル エネルギーのファンド

ハンサードのアスパイア、ロイヤルロンドンのクォンタム360などにはオイル関係のファンドがあります。ハンサードを例にとるとファンド名はHIL Investec Global Energyというのがあります、

2016年1月18日の週は原油価格がかなりの下げに見舞われました。1バレルが26ドル台前半になりこの安値は2003年5月以来、12年8ヶ月ぶりでした。

2008年のリーマンショックよりも前にこんなことがあったわけです。

青い線がハンサードのエネルギー関連ミラーファンドの動き
e0295378_1122290.png

ここまで下がってきました。

私個人は、このファンドを自分のポートフォリオにいれたいのです。

ここまで底をうってしまっているファンドがこのまま下がるということは考えられない、というのがド素人である私の意見。

一方、原油価格が上がる一番効果的な方法は、供給を抑えること。世は原油の原産。

しかし減産するということは、世界景気が上昇にいくだろう、という確固たる予想がある時に効き目があるため今の状況では無理な感じです。

原油は仕込み時だと思うのですが、IFAさんからはまだ今の時点ではリスクが高い、と言われています。

このリスクが少なくなった時に、ポートフォリオに入れてもらおうかと思ってはいます。がほぼ全部、オイル関係が占めているファンドですので、入れるタイミングは要注意です。
e0295378_1285634.png


<余談>
こちらnブログを通してIFAを移管した方、IFAさんからのTwitterなどは利用していますでしょうか? 私は今迄Twitterなどに興味がなく利用していませんでしたが、アップデートされた情報は大切なので、今年からTwitterを参照することにしました。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-01-26 05:00 | *ファンドについて