ブログトップ

オフショア商品で資産増加*かわいい金には旅をさせよ 

gooffshore.exblog.jp

その後のヘルスケア関連ファンドの動き

ハンサード、ロイヤルロンドンなどに組み込まれているファンドの中にヘルスケア関連ファンドがあります。

ハンサードであれば Invesco Global Healthcareのファンドになります。

こちらのファンドは以前私のポートフォリオに含まれていました。

しかし、IFAさんが昨年外し、久しぶりにこのファンドの動きをみたところ、ポートフォリオを外してもらってからの動きは下降していました。
e0295378_23433954.png

ファンドの上がり具合は5年前は1年で投資額が2倍にもなる勢いのファンドだったようです。
e0295378_23461098.png

資産の配分は米国株式が多く占めています。
e0295378_23472275.png

因みにこのファンドのポートフォリオに入っている会社の1番目にきているのは、セルジーン社という、グローバルでビジネスを展開しているバイオ医薬品企業。

この会社が全体のポートフォリオに占める比率は5%。

かなり細かく分散投資をしているファンドのようでポートフォリオに入っている会社の1番目から5番目はポートフォリ全体の4%から5%を占める程度です。

このファンドのファンドマネージャーの成績表をみたところ平均点よりマイナスになっていました。

グレーの線がファンドマネージャーの平均点。

青い線がこのファンドを運用しているマネージャーの成績です。
e0295378_2354191.png


ヘルスケアでもあるし、殆どがアメリカの株式を占めているので、このまま持ち続けてもまた結構プラスに転じてくるのではないか、とド素人の私は思ってしまいがち。

しかし、IFAさんがこのファンドをポートフォリオから抜いた、ということは、何かしら意味があるのでしょう。

このごろ、アップデートがよく出来ておりませんが、気が向いたらポチッと押してくだされば、嬉しいです。

ちょっと、このイメージ、強制的ではありますが。。。
e0295378_23584992.gif


にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
<余談>
金融広報中央委員会が発表した調査結果によると、「老後が心配」と8割以上の人が回答しています。

アンケートに答えたのは2500世帯の単身者。

こんなにも多くの人が、老後が不安である、と予め実感しました。

ハンサードなどの投資も、老後のためと思って始めた方も多いと思います。

上手くポートフォリオの管理が出来ていない場合などは、お気軽にお声を掛けてください。
[PR]
# by go-offshore | 2016-08-01 11:30 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

為替、グローバルエネルギーファンドについて

ハンサードのアスパイア、ロイヤルロンドンなどの長期積み金をしている私達にとって、このところのマーケットの動き、為替の動きをみて、どうなることやら、と心配されている方も多いのではないでしょうか?

スイスの国民投票に次いで、英国の「EU離脱」の国民投票のまさかの“離脱。

この結果を受けて、日経平均は16年2カ月ぶりに8%も下落し、為替も一時1米ドル=99円台を付けました。

今後のマーケットの動きは、常に気にかけておりますので、今後の動きについては目を配るようにしています。

しかし、ネット上には金融関係に従事しているプロが様々なコメントを出しており、情報量は溢れています。

私は、そんな中から、常に3つの情報を、毎日チェックするようにしており、それに加えてIFAさんが送ってくれるレポートを参考にしています。

そうすると、ニュースを見ずとも、なんとなく今後の動きが見えてはきます。

それらの情報を要約すると、

・為替は99円が底であり、今後は円安に振れていく。
・6年後には125円ほどまで円安が進む。

また、エネルギーの動きも気になるため、ハンサードで扱っているミラーファンドのうち、グローバルエネルギーのファンドの動きをみてみました。

ご覧の通り、かなり下がっています。
e0295378_9411043.png


このファンドにはどの国が参加しているかの詳細は以下です。
e0295378_103751.png

米国の会社でかなり占めています。

為替と同じように、WTI原油先物に関する情報を要約すると、

・今年はリバウンドが想定できる。

・2月11日に26.05ドルを付けてい以来、リバウンドが進行しており、上値のメドは62.58ドル。(2015年5月高値)が適当。

・当面は43ドル42ドルを試す

・6月9日の高値(51.67ドル)からは、短期的な調整が進行中。そのため、目先的には43〜42ドルを試す。(7月20日には一時43.69まで下落)

因みに、このファンドに関係している上位5社は:
ロイヤルダッチシェル
エクソンモービル
トータルSA
BP
オキシデンタル ペトレリウム

為替の動きなどもあり、当然今は結果をみてもマイナス。

しかし、このファンドを仕込みたいと思っていましたので、IFAさんに頼んで少し多めにポートフォリオに組んでいます。

投資を続ける中で、英国のEU離脱問題は今後どのような展開となるのか、その他、米国大統領選挙、世界で起こるテロ事件などの影響を受け左右するマーケットの動きに、個人投資家がついていくのは、なかなか難しいもの。

そのため、どんなことが起ころうとも、貯金を中長期投資や積立型投資、海外投資など、に分散することがいかに大切か、を感じています。

そして、様々なことが起きている期間は物事を冷静に考える姿勢も大切です。

しかし、資産運用を長期で行っていると、たまに、自分の感情や思いがコントロールできないでしまうこともあります。

今回のEU離脱などのような突発的にハッとする場面では、いつも冷静に行動が出来る人でも、投資をしている場合はまた別で、パニックに陥ることもあるようです。

そこで、投資をしている人の“投資家心理”というものはどういうことを意味するのか、について調べてみました。

それによると、パニックになる原因は、人は2つの感情を持ち合わせているがために陥る、ようです。

それは、「損をしたくない」という感情と「お金は儲けたい」という感情。

投資金額が大きい、小さいに関係なく、人が投資や資産運用を行うとき、「損したい」と思ってやる人はおらず、誰でも、少しでも「儲けたい」「増やしたい」という想いで、投資に臨みます。

そして、大半の人は「成功して資金が増えている状態」をイメージして投資を開始します。

しかし投資とは、得することもあれば損することもある。

そのこと自体、投資家全員が、“頭の中”では理解していますが実際には、「損した自分を想像して、投資に臨む人が非常に少ない」のが現実のようです。

従って「投資は損するかもしれない」ということは、頭では理解していても、いざ自分が損をしている世界に入ってしまった場合、急激なマーケットの下落に際し、冷静な行動ができずに、パニックになってしまい、売りをしてしまう(逃避)人がでてきます。

例えば、長期積み金の契約を切ってしまう。

このような投資家を何人か目のあたりにしてきました

現実を受け入れたくないので、市場を観なくなる(放置)といった行動をとる人が、結構多くいます。

例えば、満足していないIFAだと分かってそのままにして、臭い物には蓋、状態にする人がいます。

このような場合、投資や資産運用などの「お金のマネジメント」は特別なことではない、ことを知る必要があるようです。

早い話、結局のところ、投資も仕事や家庭問題、恋愛などと同様に、感情に支配されていては、うまく進まないものである、ということを理解しなくてはいけない、とのこと。

そのため、常に冷静に、客観的に考え、行動することが、大変重要と言えます。

海外長期積み金を始めた投資家は、誰でも資産が増えれば「やってよかった」と思いますが、目減りすると、「やめていればよかった」と考えてしまいます。

投資を開始したのはいいが、このところの市場の動きに心配でいる方は、一人で悩むよりも 担当のIFAに意見を伺うのも一案です。

私は、長期投資である程度、嫌な場面も何回か過去に経験済ですので、これといって慌てることはなくなりました。

しかし、慌てなくなったのは、自分で納得したポートフォリオを作ってもらっている、というのが前提にあるからでしょう。

ポートフォリオのファンドの選択に納得していない場合であれば、英国EU離脱の急落局面では恐らく、投げ出したくなったかもしれません。

ポートフォリオの管理ができており、為替が安ければ、長期投資をしたかいが有ると思っています。

ポートフォリオの管理がイマイチで、ご心配な方は、皆さんが皆、IFAを変更できるとは限りませんが、多くの方が変更していらっしゃいますので、どうぞ、お気軽にご一報ください。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
# by go-offshore | 2016-07-25 11:00 | *ファンドについて | Comments(0)

コーンヒル社の商品も良さそうです

オフショア投資に興味のある方なら、コーンヒルという会社は聞いたことがある方も多いと思います。

このところこの会社の商品にとても興味をもっております。

ルクセンブルク大公国(ルクセンブルクたいこうこく)、通称ルクセンブルクは、西ヨーロッパに位置する立憲君主制国家。
e0295378_3101632.gif

ルクセンブルクの国内経済は世界でもトップレベルの豊かさを誇るり、ルクセンブルグは一人当たりのGDPが世界一。GDP成長率が4%台。

ルクセンブルクは220を超える銀行を擁する、欧州3位、世界7位の金融センターとして知られ ている。

投資信託運用においては、制度や税金などの充実した環境により、世界で最も重要な地点の一つとなっている。

日本の金融機関、銀行など9 行もルクセンブルクに進出し、優れたインフラとノウハウを活用している。

1997年に設立されたコーンヒル社の本社はルクセンブルクにあり、世界42ヶ国で展開している。

創業株主はBNPパリバとAIGで資産は約6億ドルとなっており、積立金の分別収集はHCBC(UK)が担当。

グローバル カストディアンはKBL ヨーロピアン プライベート バンキングが保管銀行の業務を担当。

(グローバル・カストディアンとは、カストディアンのうち、複数国の有価証券の保管・管理業務を一括して行う金融機関のことをいう。)

(Custodian:管理人、守衛)

ポートフォリオはルクセンブルク ファンド パートナーズ社が担当。

今とても興味のある商品はProvidence Investment Fundsという商品です。

ファンドに投資をする際に、大抵のファンドのエントリー額は高額で参加できな場合があるのですが、この商品は100万以内からでもエントリー可能です。
e0295378_3312466.png


比較的投資期間は短く18ヶ月のみ。
確定利益は以下になっています。
e0295378_3353636.png

拠出金によりますが、最低でも10.75%はかなり良いです。

緑の線がファンドのパフォーマンスになります。
e0295378_337468.png


何で運用しているのか?どういうリスクが考えられるかなどを考えているところです。

商品内容のPDFをおくりますので、ご興味のある方はお知らせください。

私はIFAさんに幾つか質問をしてどうしようかと検討中です。すでに何人かの方は投資を開始しているようですが、私は、もう少し検討してみたいと思っています。

また、こちらの商品について直接IFAさんとあって決めたいと思っている方もお知らせください。

<余談>
(ファンドには全く関係ないですが)ルクセンブルグで以外と知られていないのは、この国はグルメ天国ということ。

なんでもルクセンブルクはミッシュラン格付けレストランの国民1人あたりの数が、世界中のどの国よりも多いとのことです。

フランス料理の優雅さや、ドイツ料理の家庭的な味わいなどが組み合わさり、ユニークな料理が色々とあるようです。

代表的な郷土料理は、豚肉のスモークとそら豆の一皿、小さな川魚のフライ、カワカマスのリースリング・ワインソース煮などのようです。
e0295378_3555318.jpg
e0295378_3553012.jpg


気が向いたら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
# by go-offshore | 2016-05-16 11:45 | *コーンヒル(Corn Hill) | Comments(0)

その1 ドルコスト平均の鉄則を再度確認

ハンサード、ロイヤルロンドン、この他の海外長期積み金の投資に欠かせないのがドルコスト平均法です。

このことは何度かこのブログでも取りあげています。

ポートフォリオの見直しをしていないが、ポートフォリオに含まれているファンドはすべて下落している。でもドルコスト平均法があるので、低迷しているときに多く口数を仕込める。

と、考えている方が以前いました。

これだけでは何ともいえませんが、ポートフォリオに組まれているファンドがよければ、上記のような考え方でも間違いではないとは思います。

しかし、ファンドが全て下落している、、、という点がどうもずっと気になっています。

というのは、もっているファンドが今後上がりもしないようなものだったら、これはお金を投げているのと同じだからです。
e0295378_1245682.jpg

また、ドルコスト平均法については「よい」「わるい」の2つの意見が存在しているようです。

特に否定的な意見の中には、この方法で投資リスクは低減出来ない。価格がいつ上がるか下がるかがわからないので、いつ買っても同じだ、証券会社などがセールスをするツールにしかすぎない、といったものがあります。

“ドルコスト平均法”そのものの目的は価格の平準化です。

そのため、この方法では収益を上げるためのものではないですが、条件をクリアにさえすればこのドルコスト平均法で収益は上がります。

その条件とは

将来上昇する可能性が大いファンドに毎月の積み金をあてることです。

下落し続けているファンドで、上昇の兆しが見られないファンドにはドルコスト平均法は通用しません。

また持っているファンドが下げきってしまったような相場でも利益は期待できないようです。

これからマーケットは低迷していきます。

ドルコスト平均法を最大に利用するためにも、自分のポートフォリオには適切なファンドが入っているかどうかを、チェックすることは必須です。

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************

気が向いたら、クリッとお願いいたします。

e0295378_133077.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
# by go-offshore | 2016-05-11 11:45 | *ドルコスト平均法 | Comments(0)

オイルのファンドは上昇するか?

ハンサードやロイヤルロンドンの長期積み金に組み入れるポートフォリオにオイルのファンドを入れている方もいるのではないでしょうか?

青い線がハンサードに入っているオイル関係ファンドの動きです。
e0295378_423481.png


過去一年の動きをみるとここ数ヶ月間で上昇しています。
e0295378_4245382.png


Crude Oil WTI (NYMEX)の動きも悪くないです。
e0295378_4263916.png


私のポートフォリオにはオイルファンドが入っていますが、全体的に占める割合は高くありません。しかし、自分の意向もいれてIFAさんにはあえてオイルファンドを入れてもらいました。

このままずっと下がり続けるとは思わないので、暫く保有してみます。

ところで、つくづくハンサードやロイヤルロンドンなどの仕組みにはいっている複利効果というのが資産を増やす強力なツールであるということを実感しています。

お金はお金を生む、手元にある1000万ををただ寝かせていればそれなりの資産に十分なり得ます。
e0295378_43818100.png

海外のファンドには年利3%を狙えるものは沢山存在しています。

為替レートにより資産は変化しますが、それでも資産の一部は海外投資に回すのが良さそうです。

<余談>
IFAをお探し以外の方で、海外ファンドにもご興味のある方はどのような商品をお探しなのかをお知らせしてくだされば、IFAさんに聞いてみます。

その際、年利が何%ほどをご希望かも一緒にお知らせください。


よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
# by go-offshore | 2016-05-11 11:20 | *ファンドについて | Comments(0)