ブログトップ

オフショア商品で資産増加*かわいい金には旅をさせよ 

gooffshore.exblog.jp

<   2016年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ポートフォリオ内容がガラッと変更

ハンサードやロイヤルロンドン、フレンズプロビダンスなどの長期投資をしている私達にとって、今のマーケットの動きで心配している人も多いと思います。


わたしはマーケットというよりも為替の動きが気になります。


一旦円高に振れるようですが、年末にかかけてまた円安になる、というようなことも言われています。


が、こればかりはどうなるか分かりませんので別に気にしないようにしています。


それよりも大切なのはポートフォリオの内容。このブログを通してIFAを移管された方は、恐らく私達のIFAさんからポートフォリオの見直しのメールが数日前に入ったのではないでしょうか?


私もその内容をみてみましたが「こういうファンドをいれるのか。。。」と感じたファンドが入っていました。ヨーロッパの株式です。
e0295378_937110.png


地域別ではUKが30%を占めています。
e0295378_9391272.png


ファンドの動きも下がっていますが、かなり下げてきています。このファンドがこれからグロースとなるからポートフォリオに組み込まれたわけですが、そうとなると、今後の動きが結構面白そうです。
e0295378_943370.png



このままずっとオイルが安いとは思えませんので、オイル関係のファンドもいれてもらいたいとお願いしていましたのでオイル関係のファンドもポートフォリオに入っています。


とにかく、長期で運用するにはポートフォリオの内容が重要です。私はポートフォリオの内容が結構かわっているので、それらのファンドの動きを一つ一つみていこうと思っています。


IFAさんがみつからないくて困っている方、ポートフォリオの見直しをずっとしていない方、ハンサードでもフレンズでもロイヤルロンドンでも、選択できるファンドは沢山用意されています。


自分の都合に合わせてポートフォリオが組める面白い商品を私達投資家は持っているわけですから、是非契約期間中は大いにこれらの商品を利用したいものです。


気が向いたらポチッとお願いいたします。
e0295378_9502366.gif


にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-02-26 11:45 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

ハンサードの一括は解約します

ハンサードのアスパイアには一括と積み立てがあります。


私自身はこの両方に投資をしていましたが、現在のIFAさんと相談をし一括分は解約し確実に資産が増やせる商品に投資を開始することにしました。


投資期間は15年を考えています。複利で運用される商品のため15年くらいの期間は必要となるためです。


こちらの商品、私はしりませんでしたが多くの日本人がやっていました。


特にリタイアをした人たちが利用しておりその利益の一部を生活費やレジャー費に充てているようです。


最低拠出品は30,000米ドルから。5%〜8%の利益はかなり狙える商品。米ドル1=100円として計算してみました結果は以下のようになります。


投資額 300万円
利回り   6%
投資期間  15年

15年後の資産合計は718 万円
e0295378_5382416.png



20年後の為替のレートにもよりますが、投資期間を20年にした場合、20年後の資産合計は962 万円です。


ご興味のある方はお知らせください。


現在一任勘定ができるIFAを探している方は、現在もっているご自身の積み金商品と合わせて、このような商品への投資もIFAさんに相談してみてもいいかもしれません。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-02-15 11:45 | *その他 | Comments(0)

ハンサードの一括は解約します

ハンサードのアスパイアには一括と積み立てがあります。


私自身はこの両方に投資をしていましたが、現在のIFAさんと相談をし一括分は解約し確実に資産が増やせる商品に投資を開始することにしました。


投資期間は15年を考えています。複利で運用される商品のため15年くらいの期間は必要となるためです。


こちらの商品、私はしりませんでしたが多くの日本人がやっていました。


特にリタイアをした人たちが利用しておりその利益の一部を生活費やレジャー費に充てているようです。


最低拠出品は30,000米ドルから。5%〜8%の利益はかなり狙える商品。米ドル1=100円として計算してみました結果は以下のようになります。


投資額 300万円
利回り   6%
投資期間  15年

15年後の資産合計は718 万円
e0295378_6421579.png



20年後の為替のレートにもよりますが、投資期間を20年にした場合、20年後の資産合計は962 万円です。


ご興味のある方はお知らせください。


現在一任勘定ができるIFAを探している方は、現在もっているご自身の積み金商品と合わせて、このような商品への投資もIFAさんに相談してみてもいいかもしれません。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-02-15 11:45 | *その他のオフショア商品 | Comments(0)

日本の株式関係のファンド

ハンサード、ロイヤルロンドンなど海外投資長期積み金をしている投資家にとってこのところのマーケットの動きはかなり荒いため心配になっている人もいるのではないでしょうか?


マーケットの上下は毎日あることですし、長期でみれば別にこのところのマーケットの動きがどうであれ気にする必要はないと思います。


とはいっても心配なのです、という方もいることでしょう。


日本の株価も2016年2月9日現在、下値探りをしているような動きになってきました。そんななかハンサードファンドマネージャーがネプチューンである Japan Opportunitiesというファンドがありますのでどのような動きをしているかみてみました。


想像がつくように、下がっています。

e0295378_8591553.png

e0295378_8593184.png


セクター別でみてみるとインダストリーがトップでトヨタがトップにきています。今のマーケットの流れからいってもこれは理にかなっているのではないでしょうか。
e0295378_911823.png



ところで、マーケットが下がっていく時人の心理にはどういう変化がおきるのか、について最近面白い記事をよみました。


マーケットが乱高下を続けている時にいかに冷静に行動出来るかが大切な要素。しかし投資の世界では人間は思っているほど合理的に行動できません。


「投資とは、心理ゲームである」と以前からいわれていますが、これを裏付けするものとして理論的に分析しているのが、「行動ファイナンス」。なんとなくこのような言葉を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか。


この行動ファイナンス理論で有名な博士がおり、2002年にノーベル経済学賞を受賞したのダニエル・カーネマン博士とエイモス・トヴェルスキー博士 (プリンストン大学)。博士達が提唱したのは「プロスペクト理論」。


この理論によると「行動ファイナンス」とは、「人間は常に合理的に行動するとは限らない」という前提で、経済や金融市場の動きを考えるそうです。


それまでの経済理論では「人間は利益の追求のみを目的として、常に合理的に行動する」とされていましたが、現実の投資の世界では違った動きを繰り返す、という歴史があるそうです。


その代表的な例は「バブル」になった株式市場。数年後その時の状況を振り返るとバブルに巻き込まれていった投資家の行動が、いかに不合理であったか、かなり感情的に行われていたか、が分かるとのことです。(確かにそうです。)


人は感情の生き物ですから投資の世界でもその感情によってマーケットは左右されてしまいます。


例としてこんなことが説明されていました。 


もしあなたが、Aとい商品に100万円の投資をし、その商品が150万円になったときの嬉しさと50万になったときの落胆は同じあなたでも感情の度合いは同じでしょうか?


このような場合、大抵の人は失った落胆のほうが感情の度合いは大きいというのです。合理的にみれは利益と損の額は同じ50万円なのですが、人間の感情は、金額に正比例するわけではありません。


なので、損失の割合が大きくなることで悲しみも増し、その悲しみの感情をつよく感じてしまうそうです。


一般的に損をしたくない場合は利益が出ている時に早目に利益確定に走りやすい傾向が見られ、逆に、含み損がある場合は、その苦しみを現実のものとして受け入れたくない、という気持ちから“塩漬け”状態に陥ってしまうそうです。


このことから、利益は少しで確定してしまい、損失は確定する勇気がないため大きく膨らみやすい、という傾向が人の感情に基づく行動として発生しやすいとのこと。


そうならないためには利益はなるべく大きくしてから受取り、損失はなるべく早いうちに確定させることが大切なのですがこれは人間の心理と、全く“逆の行動”をとらなければならないため、かなり難しいそうです。


この内容を読んだ時、現在わたしたちの運用成績は殆どの方がイマイチ状態かもしれませんが、このような時こそしっかりとポートフォリオの見直しや、不安が生じる場合には担当のIFAに相談して欲しいと感じました。


投資は感情でするものではありません、また長期で積み立てている商品は長い目でみたら今のこのボラティリティーが高い相場でも後になって思えばどってこと、ないのです。でもきちんと自分にあっているファンドが組まれていることが前提です。


マーケットが低迷している時に、全てを投げたくなる人がいますが、そうする前にまずはIFAに相談し、何かしらのアドバイスを得る事をお勧めします。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-02-09 09:54 | *ハンサードのファンド | Comments(0)