ブログトップ

オフショア商品で資産増加*かわいい金には旅をさせよ 

gooffshore.exblog.jp

<   2015年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ヨーロッパ関連イクィティファンドの動きがいい

ハンサードのアスパイアに組み込まれているファンドで、順調に推移しており投資家に利益をもたらしているファンドがありますが、そのうちの一つを調べてみました。

e0295378_2105353.png



アセットアロケーションと地域別
e0295378_2124941.png


1991年9月16日から運用が開始されているファンドです。

ファンドリンクのパフォーマンス
e0295378_219468.png

これだけをポートフォリオに組んでも十分利益がだせているファンドです。


資産保有高をみると殆どがヨーロッパ関連株
e0295378_2211035.png



保有高のトップにきている会社はA.P. モラー・マースクという会社。この会社は、デンマークの首都コペンハーゲンに本拠を置く海運コングロマリット。

こちらの会社は世界125カ国に拠点を置き、コンテナ船のほかにもタンカー、車両運搬船など全部で約250隻の船舶を保有しています。(運航しているコンテナ船は約550隻)。


海運以外にも流通、造船、石油やガスの採掘(Mærsk Olie og Gas AS)などを手がけているようです。


沢山のファンドがある中から、将来上がりそうなファンドを見つけるのは素人にとって至難の業。しかし確実に利益を生んでくれるファンドは用意されているのです。


私個人のポートフォリオにはこのファンドは組まれていません。またこのファンドが入ってポートフォリオはこちらの投資家さん以外私は知りませんでした。こちらの投資家さんは、投資を始めて以来3年になりますが、順調に資産は増加している、とのことです。いいことですね。


**余談**
ブラックスワン、という言葉を聞いたことがあるでしょうか?(映画のタイトルではないです)個人的にこの言葉がとても気になっています。これがどのような影響を私達に及ぼすかというテクニカルな分析はど素人の私がすることではないので、ここでは書きませんが(と、いうか書けません)興味のあるかたは、ご自分でネット検索をして調べてみてください。

個人的に感じたことは、このブラックスワンが襲ってきた場合、円安になる、ということ。世界的経済がまた低迷する可能性がある、このブラックスワン。日本の経済も悪化します。なので、円安になる可能性は高いです。つくづくオフショアをしていてよかったと感じました。経済が悪化するのは恐ろしいこと。しかしそのヘッジでオフショア投資は役に立ちそうです。

円だけで資産をつくっていくのは危険が伴うな、、、とつくづく感じています。


良かったらポチッとお願い致します。励みになります。。。

e0295378_2494651.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2015-05-26 05:00 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

順調に上がっているファンド

ハンサードのアスパイアに投資をしている投資家のポートフォリオの動きはこのところ、どの様になっていますでしょうか?


以前から書いていますように、円安の影響をうけているので資産は今の時点で確実に「プラスになっていなければならない」はずです。


ハンサードのアスパイアに投資を数年前に始めた方がいます。


その方のポートフォリオは始めからよいファンドが選択してあるため、結果、投資開始してから今迄順調に利益を確保できている方もいます。投資家としては理想的な形です。

 
e0295378_1264813.png


ポートフォリオに組み入れているなかのファンドの一つの動きは以下の通りです。

資産保有高
e0295378_1273116.png


セクター別保有高
e0295378_1284722.png


地域別保有高
e0295378_1293247.png


このファンドの成長は数字が証明しています。
e0295378_1305776.png



ポートフォリオに組み込むファンドの内容は、「何時」組み込むかも重要。もう上がってきているので今からポートフォリオの一部にするのは、、、と思う反面「ヘルスケア」関連ファンドなので人間が生きている限り需要はあります。


しかし、エクイティがかなり占めているので、ポートフォリオに組まれている他のファンドとの全バランスをみながら、このようなファンドを入れるかどうか決める事が大切ですし、この辺りがFAの腕の見せ所なのでしょう。


**余談**
「オフショアで投資」をした方がいいのか?という単純な疑問について、よく問い合わせをうけます。

私は専門的なアドバイザーではないのですが、個人の投資家として「やっていて悪いはずがない」と感じています。

それはどうしてかという理由は幾つかありますが、「日本の借金があまりにも多すぎる」という点も理由の一つです。

周知の通り、日本は借金国。以下財務省のホームページからの資料です。
e0295378_14618100.png


パット見、理解しにくいと思いますので、この表の背景について軽く書いておきます。

"日本は借金国"、と一言でいっても「借金」の結構むずかしくこれには過去に発行した「国債」の残高だけでなく、“借入金”もあるし、期間の短い債券(「短期国債」と呼ぶ)など、多岐にわたっています。

なので、「ここから、ここまでが日本が借金している分です」と簡単にいえないようです。なので上の表は普通国債の発行残高にのみスポットライトを当て「国の借金」=「普通国債の発行残高」であると定義づけしてつくられたものになっています。

日本人一人一人がタックスを払う責任者(赤ちゃんもお年寄りも全員込みで)とした場合、国民一人当たりの負担額は約815万5000円(2015年4月1日時点。)


たまりません。


こういう数字を具体的にみてしまうと、「つくづく日本は頼れない」という思いと同時に「日本だけに円で置いておくのは怖い」という気持ちがでてきてしまいます。


投資家として、私の微々たる「虎の子」は「オフショア投資」で守る案は悪くないとと感じています。

このあたりの考えは一人一人によって異なりますが日本円で日本だけで投資をするには無理があるのは確かですので、多少視野を広く持ち「オフショアでの投資」を考えてみるのは良いことではないでしょうか。


すでに行っている方は、地道に続け、これから始める人はしっかりと商品選びをして頼りになるIFAと始めていったら宜しいかと思います。


このごろ、週に1回ほどのアップですが、よかったらポチットお願いします。(励みになります)
e0295378_2132259.gif


にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2015-05-18 05:00 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

今後株価が上昇する傾向ならば、こんなファンドもあり?

Hansardのアスパイア(ASPIRE)のポートフォリオに組み込むファンドは全部で140本程用意されていますが、その中には日本関係のファンドも何本かあります。



以下はHIL (S2) Invesco Nippon Small/Mid Small Cap Equity
日本株です。 Mid Small Capですので中小型株。

e0295378_110991.png


どんな会社が入っているのかとみると、
e0295378_1174611.png



こちらのファンドマネージャーは、アメリカのアトランタに本社を置くインベスコ・リミテッド
になります。


ポートフォリオの中にはHISや9番めにある五洋建設も入っています。確かに五洋建設は建設セクターのなかでも中規模。


インベスコがこれらの会社を選んでいる、ということは、これらの会社の株価も上がるとみているわけですね。。。


セクター別でみると
e0295378_1312591.png


1番がCapital goodsとなっています。
これは「資本財」のことで、資本財とは、将来の生産のために使用する機械、設備、原料などの財のことを指します。


現在のポートフォリオで利益が出ていない場合は、短期的にポートフォリオに組み入れるには悪くないファンドかもしれませんが、必ずスイッチングやリダイレクトをするタイミングについてはIFAに問い合わせるようにしてください。


よかったらクリッとお願い致します。

e0295378_1382877.gif


にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2015-05-13 05:00 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

運用報告が送られてきました。

ハンサードのアスパイアに投資をしていますが、現在のIFAから定期的に運用報告が送られてきます。


今月送られてきた結果では8%強のグロースでした。


私のポートフォリオは中リスクでお願いしていますので、8%強は妥当な線だと思っています。


ブログを通してIFAを変更した方にも、報告がいっているかと思います。同じIFAでも顧客が違えばポートフォリオの中身は違うので、運用結果はまちまちだと思いますが、私の場合は満期まで8%強で進んでいけるようなポートフォリオでお願いしていくつもりです。


もしもIFAの移管を考えている方は、お気軽にお問い合わせください。


皆さんがみなさん、変更をする、というわけではありませんが、多くの方がこちらのブログを通して移管され、「よかった」という声を伺っていますので、私もブログをやってよかったと感じる時が多々あります。


励みになります。よかったらポチットお願い致します。
e0295378_13529.gif


にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2015-05-12 05:00 | *今のIFAでいいのか? | Comments(0)

やはり日本は衰えている

ハンサードのアスパイアでもロイヤルロンドン360のクォンタムでも運用成績はファンドの選択に関わってきます。


日本関連のファンドもハンサードの選択肢にいくつか入っています。ファンドの選択と限らず、最近の日本はどうなっているのか?について調べてみました。


最近(と、いっても先月の4月27日ですが)フィッチ・レーティングが、日本国債の格付けを
「シングルA」にすると発表がありました。


Aなのでいいのでは?と思ったのですが、国債の格付けはワンランク下げられてしまったようです。


ちなみに、「シングルA」はトップから数えて何位になるかみてみると6位。
随分と日本の位置は下がってきました。。。


日本より一つ上(シンブルAプラスになります)の国はどういうのがあるのか?、


中国、エストニア、チェコなのです。


中国は理解できるとしても、エストニアとチェコより低いのか、、、と感じたのは私だけでしょうか?


日本は先進国なのですが、国際的な視野からみると「この程度」なのです。6位というのが日本に対する評価なのです。


なんでも今回の格下げは今年10月に予定されていたが先送りされた、ということにあるようです。


しかし、蓋をあけると国際的に評価されない理由もわかると思います。


理由は、お金を過去にはなかったほど多く使う計画(国家予算)を組んでいるようですがその元となる資金は国債なのです。こうなるとやはり日本に対する評価が高くないということも納得せざるを得ないです。


日本へのリスクは、どうも確実に高まっていることだけは間違っていないかもしれません。


ハンサードの中のファンドにアジアのイクイティ関係のファンドがあります。アジア関連のイクイティですから「日本は入っている」と信じて?なかみを調べてみましたが入っていませんでした。

過去の動きをみてみると、順調に上がってきているようです。
e0295378_8595522.png


国別にみるとやはり中国がトップ。
e0295378_915144.png


セクター別をみると
e0295378_935266.png



イクイティですのでリスクはどちらかといえば高いほうに入るかもしれませんが、なんとなく成長しそうな、、、ファンドのような気もします。しかしもう結構成長していますのでこれから参加はどんなものか、というのは気になりますが。(詳しいことは担当にIFAに問い合わせてみても面白いかもしれません。どんなアドバイスがくるか聞いてみるのもいいでしょう。)

ところで、レーティングの会社はムーディーズやS&Pは馴染みがあるけれど、フィッチ・レーティングスはあまり聞いた事がない、と思われる方もいるかもしれませんが2010年12月17日現在、以下の6業者が信用格付業者として登録されています。

e0295378_985180.png



**余談**
このブログでIFAを変更したい、という方が2年前に問い合わせをしてきました。彼女のポートフォリオは放ったらかしの代名詞のようなもので、私の担当のIFAさんも「これは酷い」といったほど、見事にマイナスになっていました。しかしIFAさんを紹介してロイヤルロンドンも始め30%のプラスになっているので良かったとのメールを受け取りました。
本当に良かったです。

円安なので、資産が増加してなかったらポートフォリオの見直しを是非IFAさんとやってみてください。この時期、プラスになっていないのはやはり勿体ないです。


励みになります、、、気が向いたらクリッとお願いいたします。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2015-05-07 05:00 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

ハンサードのファンド エクイティ関連

ハンサードのアスパイアのポートフォリオに入れるファンドについて、どのファンドを取り組むかにより運用成績にかなり影響がでます。


ファンドの中でもエクイティはリスクが高いとされています。ハンサードのファンドのなかにもこのエクイティ関連ファンドは何本か含まれています。(数としては結構あるほうだとおもいます)


その中でUK関連のEquityがあったのでみてみましょう。
アセットクラスは以下。
UKとあったので英国の会社が殆ど占めているのかと思いましたが違っていました。
e0295378_19592811.png



リージョン別にみるとやはりUSが占めています。
e0295378_2011864.png



セクター別はこのようになっています。
e0295378_202937.png



面白と思ったのは日本株も入っています。どの会社かと調べるとにほんタバコ産業。確かに日本株はこれからも上がり調子であることは間違いないとおもいます。にほんタバコを選んだということは今後この株の上昇が期待される?ということなのでしょうか。


セクター別はこちらを参照してみてください。(載っていないのがあったらすみません)
金融    Financials
素材    Materials
一般産業   Industrial
一般消費財  Consumer Discretionary
ハイテク   Technology
エネルギー  Energy
生活必需品  Consumer Staples
ヘルスケア  Health Care
公益     Utilities
通信サービス Telecom


今後株の動きはよくなるようなので、リスクが比較的高い株関連ファンドをポートフォリオにいれるもの悪くないかもしれません。ただ、この場合は投資期間や現在のポートフォリオに含まれているファンドとのバランスも考えて取り入れるか、入れないかを決めたほうがいいかと思います。


宜しかったらぽちっとお願いします。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2015-05-02 05:00 | *ハンサードのファンド | Comments(0)