ブログトップ

オフショア商品で資産増加*かわいい金には旅をさせよ 

gooffshore.exblog.jp

<   2014年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

パーソナル ポートフォリオ ボンド

投資商品でかなり有望で、かつ人気の高い商品、パーソナル ポートフォリオ ボンドというのがあります。

これは投機性がすくないですが、安定したリターンを期待できるものです。(多くの日本人も投資をしている商品で、人気がダントツにある商品)

実際、投資をしている人の運用例は以下の通り。

最初の年

投資額 10,000,000
8%のリターン 
10,800,000.

このうち5% = 500,000 を収入としてとる
残額を再投資 10,300,000.


投資2年目

投資額10,300,000
8% のリターンで11,124,000
このうち5% =556,200 を収入としてとる
残額を再投資 10,567,800

これを繰り返し投資をしていきます。


8%~10%のリターンが期待出来る商品のようです。


ここまで資金がない場合は、最低拠出金が8,000,000のもあります。


この額もキツイ場合は5,000,000があります。

(これでもキツイ場合は米国ドル30,000からのものもありますが、これは追って詳しく紹介していきます。これは8%が年に期待でき、投資期間も3年のみです)



上記はいづれもロイヤルロンドンとハンサード関係の商品。
積金以外にも、よい商品は用意されています。



普通のOLやサラリーマンの場合はやはり積金がいいですが、それでも何かしら資金がどっと入った場合や、現在ある貯金を運用したい場合などは、どのような商品か調べてみるのもよいと思います。


**余談**
ロイヤルロンドンのサイトに使えるツールが用意さてれいます。
Future invest value calculator と Impact of infration calculator
通貨に限りがありますが、興味のある方は使ってみてください。


よかったらクリックをお願い致します。e0295378_10561020.gif
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2014-11-28 06:00 | *その他のオフショア商品 | Comments(2)

イニシャル ボーナスについて

ロイヤルロンドン360 クォンタムの商品のよい所について

e0295378_5504581.png


イニシャル ボーナス 
最初に積金を行った月に加えられるボーナスになります。

例えば、45,000円の積金で20年間の契約をした場合
4.5ヶ月分がロイヤルロンドンからもらえます。
∴最初の月の積金の合計は
(45,000x4.5)225,000 と45,000で 270,000 になります。


積金が10万円で25年契約の場合、6ヶ月分がロイヤルロンドンからもらえます。
∴最初の月の積金額の合計は700,000になります。


このボーナスは初期ユニットに入るものですが、投資をしてから最初の5年以内に解約した場合にはとられてしまいます。(解約するわけですから当たり前ですが、、、)


しかし、初期ユニット終了後、積金額を減らしてもこのボーナスはとられません。これはハンサードとは違う大きなメリットです。


初期に入ったボーナスがとられてしまうケースは、投資家が解約した時だけのようです。(悪くない条件です。)


ロイヤルロンドンは日本人に人気のある商品。これから投資を始めたいと考えている方は、商品内容をしっかりとIFAに問い合わせてみてはどうでしょうか?


IFAに相談したい方、IFAをお探しの方はご一報ください。年末になってきましたので、IFAさんもかなり多忙なため、リクエストを頂いた方全てを受け入れてもらえるとは限りませんが、問い合わせはしてみます。


IFA移管について悩んでいる場合も、一度ご相談したほうがよいかもしれません。


以下よかったらポチっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2014-11-27 06:00 | *ロイヤルロンドンのよいところ | Comments(0)

ロイヤリティボーナスがもらえる

ロイヤルロンドン360クォンタムのよいところとしてロイヤリティボーナスというのがあります。

e0295378_9202613.png


ロイヤルティボーナス
このボーナスは最低10年間投資を続けていた人に適応します。


この10年の間に積金を減額したり増額したりする場合もありますが、とにかく積金を続けていればボーナスをもらうことができます。


例えば、25年契約の期間のうち20年間積金を続けていた場合もらえるボーナスは、


20x 0.25% = 5.0% が全ての積金に対してもらえる%になります。


この間、休止などをするかもしれませんが、それでも貰えるロイヤリティボーナスです。このボーナスは契約満了後に支払われます。


このロイヤルロンドンは日本で契約が出来ます。


++余談++
契約をする際に、共同名義にするかどうかについですが、ハンサードもロイヤルロンドンも共同名義が可能です。配偶者、親子、兄弟、姉妹等々、相続対策として使えるかもしれません。

ハンサードでは確かゲイ同士の共同名義も可能なはず、、、とうっすら記憶しています。

いずれにせよ、オフショア投資のメリットは幾つかあります。だんだんと規制が厳しくなり、投資ができるのも時間の問題。

詳しい内容は是非商品を扱っているIFAに問い合わせてみてください。


読まれていると、書く気になれる単純な人間です。よかったらぽちっとお願いします。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2014-11-27 06:00 | *ロイヤルロンドンのよいところ | Comments(0)

上がっているファンドの回避として

ハンサードのアスパイアに投資をしている方であれば、円安の影響をうけて資産は増加していると思います。


お持ちのポートフォリオのなかでよい動きをしているファンドは人それぞれ違うと思います。以下のポートフォリオにもダントツでいい動きをしているファンドがあります。


黄緑の線のファンドは相変わらず強い動きですが、この強さもどれくらい続くか、素人の私にはわかりません。が、素人でもこのまま持ち続けるに疑問は持ちます。
e0295378_3314328.png


こちらで言う必要もなく、担当のIFAさんからは、このファンドに体するリスク回避のためあるファンドを追加してくれました。このファンド自体の動きは以下。
e0295378_3132230.png

こちらのファンドはまだ新しくできたファンドのようで、今後期待がされるファンドになるのでしょう。


下がりかけたあたりから、こちらのファンドに、黄緑の線のファンドにまわす拠出金の一部をリダイレクトしてもらっています。


このポートフォリオで、リスクは追いたくないため大体5~7%の動きになっています。


<<余談>>
全然、ハンサードに関係ない話です。

米国で人気のあるテレビ番組があります。The Voiceという番組でNBCがやっています。
http://www.nbc.com/the-voice

この番組は歌が抜群に上手い素人がオーディションを勝ち抜き、プロのコーチングをうけて、さらにまた勝ち残った同士、その歌唱力を争うものです。

プロがその素人達のパフォーマンスをみると「あ、この人は将来よい動きをするな」という意見にみな一致するんですね。プロの視点というのは、面白いくらい意見が一致するな、、、。と感じてしまいます。彼らが感じる直感ってあるのでしょう。


くりっと、気が向いたらお願いします。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2014-11-25 06:00 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

ハンサードの格付けについて

ハンサードのアスパイア (Aspire, Hansard) に投資をして、今は円安の恩恵も重なり、殆どの投資家の運用成績はよく、資産も増えていることだと思います。(増えていなければおかしい)


海外投資は為替の影響をうけますので今後の為替次第では資産は上下するのが当たり前です。


特に長期での運用の場合、マーケットが今後低迷しても、ポートフォリオに組んでいるファンドがよければ「ドルコスト平均法」を効果的に利用できます。低迷期はユニット数を蓄える最高の機会となります。


アスパイアに投資をして、かなり後悔している人もいます。
また、担当のIFAの印象が悪く、ハンサード自体に不信感を抱いている人も多くいます。


注意して頂きたい事は

ハンサードとIFA はイコールではないということ。

そのため、こちらにハンサードの格付けを書いておきます。

ムーディーズによる格付けです。

HANSARD AA1(2)

とても良い成績ということがお分かりではないでしょうか?


因みに、以前これまた悪徳IFAの業務手法により日本から撤退したFPIという商品についての格付けは

FPI A- by S&P
A3 by Moodys
A+ by Fitch

この商品の格付けも良いです。

よい商品であるのに関わらず、IFAの対応が悪く、金融庁からおしかりをうけて、日本から撤去した商品。しかし商品自体はとてもよいのです。

再度書きます。

オフショア商品は色々ありますが、FPIにせよハンサードにせよ、商品はよいものです。保有している方は今後規制が厳しくなりこれらの商品に対し、投資家となることはできなくなります。保有できていることを「得した」と思える道を探してください。


**余談**
全然、金融に関係ない話です。

日本には「君が代」という国歌がありますが、この歌詞の意味ご存知でしたか?

私は知りませんでした。

知人がFacebookに載せていたリンクをたどって、この歌詞の意味を知りました。どうしてこういう重要な事学校で教えてくれないの?恐らく右よりとか左よりとかという問題がでてくるので学校の授業では取り上げられないのでいるのかもしれませんが….(ブログ内容より、こっちのほうが大切??)


「日本の国歌「君が代」、私たち日本人の中でどのくらいの人が本当の意味を知って歌っているのでしょうか!?今回YouTubeで小坂達也さんが君が代の本当の意味を動画にしていましたのでご紹介します。」
http://trend-izumi.com/post-461/


よかったらポチットお願いします。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2014-11-24 06:00 | *その他 | Comments(0)

長期で運用、こんなに差がでる


ハンサードと似ている商品としてよく比較されるのは  ロイヤルロンドン360クォンタム

e0295378_9513235.png


何度もこのブログでも書いていますが、この商品のメリットの1つとして挙げられるのは、投資家の拠出金が直接ファンドに投資がされところ。(ハンサードはミラーファンドで、ロイヤルロンドンはダイレクトファンド)。



e0295378_9272921.png



下記の表はブラックロックの「ワールドゴールドのファンド」に毎月1,000ドルを7年間投資した場合、7年後、投資結果はどうなるか?を表したものです。

一番上がファンドに直接投資。グレーはある会社Aに投資をし赤はある会社Bに投資をした場合の結果になります。
e0295378_932918.png

7年間でこんなに差がでてしまいます。
e0295378_937404.png

赤がハンサードでしょう。下記、、、ちょっと寂しいメッセージではありますが、、、
e0295378_9425326.png

オフショア商品に投資をする規制は確実にかかってきます。そのため、投資をしたい商品に投資ができる時間はいづれなくなります。それも近い時期に。


興味のある方は、きちんとしたIFAを探して今のうちに投資を考えてください。


〜〜余談〜〜
ロイヤルロンドンは確かにハンサードより優れています。が、だからと言ってハンサードに拠出をしている人は、がっかりする必要はない、と私は思います。私もハンサードをずっとしていますがいまさら途中で辞められないので、これはこれで仕方のないこと。アスパイアはポートフォリオの管理をIFAにしっかりしてもらえばそれなりに利益は出せる商品です。世はアクティブに投資をきちんとみてくれるIFAを探すことがとても重要です。見つかれば続けていけます。


毎日書きたいことがあるけど、時間が、、、なくて。ちょっと悔しい、、、
よかったら一票お願い致します。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2014-11-21 18:00 | *ロイヤルロンドンのよいところ | Comments(0)

オフショア商品がだんだんと購入できなくなる

ハンサードに投資をしている投資家のなかには「やらなければよかった」と後悔している人が多いようです。


多くの方はIFAが悪く、この点でもかなり後悔をしているようです。が、再度申し上げたいのは「ハンサードの商品は決して悪くはない」ということです。


ある意味、現在ハンサードの商品を持っている人はラッキーです。


なぜならば、だんだんとオフショア商品に規制がかかり、ロイヤルロンドンやハンサードなどで出している商品に投資ができなくなってしまう時期がくるのは確実のようですから


ですので、よっぽの理由がない場合は続けていく方向性を探っていったほうが、良いかと思います。


わたし個人は長期で投資を始めてから、IFAの選択がまずく、何度も辞めよう、いや何十回も辞めようと思いました。長期で始めた投資もあと残りは6年あまりです。(あっと言う間に時は経ちます)この間、長期で休止をもしてしまいました。また再開した時も拠出金を減らしたりしたことがあります。


しかし、何度も思いとどまり、続けることにしました。


先ほど、運用結果をみてみると、かなり利益がでていました。円安の影響も受けているためでもありますが、IFAさんに組み入れてもらったファンドの動きもこのところよいです。


恐らく、今やめてしまいたい、と思っている方の大半はIFAの問題を抱えていることだと思います。


今辞めるとなると、投資家によっては100万〜200万ほど失う人もいるのではないでしょうか?


勿体ないです。続ける道を探ってみてください。


気が向いたらクリックしてください。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2014-11-20 18:00 | *その他 | Comments(0)

IFAの手数料

ハンサードに投資をしている投資家からたまーに、こんなメールを受け取ります。


「IFAの手数料がゼロのところを探しているのですが、どこか知りませんか?」

「IFAに手数料を払いたくないのですが、どうすればいいですか?」


私が今迄知ったなかで手数料がゼロのIFAは2社存在しています。


一社は投資家が用事のある時だけそのIFAに問い合わせ、IFAが内容に応じ投資家に課金をする方法をとっていました。(います。と現在形にしたほうがいいでしょうか)


「投資家が用事のあるときだけ、面倒をみればよい」というスタンスをとっているこちらのIFAのクライアントであった投資家は、結局IFAが何の面倒もみてくれないため、ポートフォリオの中身が閉鎖されただけのファンドだけになっており、それに気がついたときは資産は投資額の半分以下になっていました。

e0295378_427586.jpg


もう一社の手数料をとらないIFAに移管した投資家は、移管後投資家に対しIFAがじわじわと他の商品を「管理してやるから、何か商品を買え」という態度に変化していったそうです。

移管を無料でされてもIFAにとっては何のメリットもありません。なのでそのメリットと引き換えに商品を勧められるのはあるいみ、正当だと私は感じています。しかし、そういうことを移管したあとにじわじわと言われると、、、投資家にとっては苦痛。これでは移管した意味がありません。


「IFAにどうしても手数料を払いたくない」場合は、ご自分でファンドを選択して、ポートフォリオの管理ができることが原則。それプラス、何かあるときは自分でハンサードに直接問い合わせをするということが出来る人。


ただし、ハンサード側がどれだけ個人投資家に敏速に対応してくれるかは疑問ではありますが、、、(ハンサード側からすれば、質問などは投資家を担当しているIFAの仕事だと思っているはずなので。)


**余談**
IFAと一口にいっても実際のところはピンからキリまで、というのが私の実感です。何故に多くのIFAはポートフォリオの中身などをまめにみてくれないんだろうか?と感じます。

なぜならばサービス料金の1%が彼らの手数料なわけですから、クライアントの資産が増えれば増えるだけ、IFAも潤うはず。

結局のところ、ファンド選びやポートフォリオ管理ができる実力のあるIFAが少ないってことになるのか、、、と思ってしまっています。



気が向いたら『ぽちっ』とおねがいします。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2014-11-20 06:00 | *今までのQ&A | Comments(0)

投資のやりかた、リセットしたい



世の中色々な金融商品が存在しています。オフショア投資といってもハンサードやロイヤルロンドンだけではありません。


実は、以前に、現在私を担当してくれているIFAさんに、「ハンサードやロイヤルロンドンの他に何かよい商品はありませんか?」と問い合わせました。


そうしたところ、IFAさんがご自分のクライアントの方にご提案をしている商品で、人気があるというこちらの商品の情報を頂きました。


拠出額は50,000米ドルからになります。


「これ、いいじゃない!」と希望の☆がキラキラと回りに飛び散ったものの、一括でこれは私には無理な額。。。なのでせめて30,000ドルからならできないか、、、聞いてみたいと思っています。なぜならば、こんなによい情報をもらっても、実行しないのはまずいから。またハンサードやロイヤルロンドンにこだわらずもっと、投資のやり方を考えねば、と痛感したから。


また、オフショア商品は日本国内で契約できるものは限られていますが、は海外で契約をするのであれば、選択肢は広がります。


自分には今のIFAさんがいるのに、何をやっているんだろうか?もっともっと情報をもらって実行しなければ、とこれまた反省。


そのため、今予定していることは、、、海外でオフショア商品に興味がある人だけに情報を提供し、タイミングさえ会えば、投資をしたい人だけ集まって(たとえ数人でも)IFAさんの所に伺って契約をしてきてもいいんじゃないかな。と考えています。


投資商品の内容、海外に出向き他の商品に投資をしたい方に関しては、ご希望の方のみ情報の共有をしていこうと思います。


ご興味のある方はメールを是非ください。皆でなんとか資産を増やしていきたいものです!


追伸ーこちらのブログをとうしてIFAさんに資産管理をしてもらっている方は、すでにこれらの情報を得ているかもしれません。もしもまだもらっていないようでしたら、お知らせください。情報を共有していきましょう。


気が向いたらクリックをお願いします。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2014-11-16 06:00 | *その他 | Comments(0)

ロイヤルロンドン、投資シミレーション

e0295378_213575.png ロイヤルロンドン360 クォンタム(Royal London 360 Quantum)に投資をした時のシミュレーションです。







手数料は控除してあります。
投資を始めた時のボーナスも含まれています。
積立月額:10万円
投資期間:25年
期待利回り:3% 6% 8%で計算

e0295378_2181832.png

10年間投資した場合
e0295378_2193089.png



積立月額:10万円
投資期間:10年
期待利回り:3% 6% 8%で計算

e0295378_2383843.png

10年間投資した場合
e0295378_23984.png



積立月額:5万円
投資期間:20年
期待利回り:2% 5% 8%で計算

e0295378_252545.png

20年間投資した場合
e0295378_25242100.png



積立月額:3万円
投資期間:13年
期待利回り:2% 5% 8%で計算

e0295378_2452624.png

13年投資した場合
e0295378_2454334.png


投資を最後まで続けると満期時にロイヤリティボーナスというもがつきます。詳細は担当のIFAに問い合わせてください。

現在IFAがいるけれど、あまり信頼ができない、運用を積極的にしてくれない、ロイヤルロンドンに投資を始めたい、という方はIFAをご紹介出来る場合がありますのでお知らせください。

問い合わせ先メール:go-offshore@excite.co.jp

**余談**
シミレーションはあくまでも机上での予想にすぎません。投資期間が長いため世界史上に何がおこるかとは誰もわかりません。しかしリーマンショックが起こった時はある意味、仕込み時だったわけです。実は私は今のIFAさんが見つかる迄散々過去のIFAでいやな思いをしたため、投資意欲がなくなり休止を長期間してしまいました。しかし、2011年からまた拠出を始めました。まだリーマンショックの痛手もありましたし、ヨーロッパ危機の問題もありました。が、この時期だからこそ仕込み時と思い、再拠出をしました。マーケットが下がっていけばいくほど仕込みの価値があるとは自分では思っていましたが、ファンド選択にしろ、現在のIFAさんであったらもっと効果的にできたのではないか、、、と思います。因みに現在のIFAさんはリーマンショックの時でも投資家の80%の資産を守ってくれた実績があります。早くであっていたかった。。。


宜しかったらポチっとお願い致します。
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2014-11-15 18:00 | *Royal London-シミュレーシ | Comments(0)