ブログトップ

オフショア商品で資産増加*かわいい金には旅をさせよ 

gooffshore.exblog.jp

<   2014年 07月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ハンサードの会社は大丈夫ですか?

ハンサードの商品に投資をしている方から以下のようなメッセージを受け取りました。

「ハンサードの商品に投資をして契約年数は30年にしました。
OOOというブログでハンサードの会社は危ない、株価がかなり下がっている。ということが書いてありました。
日本のOOOOOという会社の影響をうけて利益がすくなくなっている。ということでした。参照したブログではそれまでハンサードは存在しないようなことが書かれていましたが、どうなのでしょうか?」


頂いたメールにはどのブログか日本のどの会社は書いていましたが、私はあえてここでは明示しません。

(私がこのブログを始めた理由は、多くのオフショアに関するサイトやブログを調べてみましたが、その殆どは正確な情報を提供しておらず、商品についての説明にも間違いが多くみられました。また多くの人がIFA探しに四苦八苦している、ということにも気づきました。ブログからも正確な情報が得られない、IFAもいい加減。。。これでいいのか?と痛感。

そのため、私は他のサイトがどんなことを書いていようと関係なく、自分は正確な情報を提供していきたいと思い、その気持ちでも今もブログを書いています。

なので、質問をした方はそのブログを参照してください、とおっしゃっていましたが、質問された方参照されたサイトは私にとってはどうでもよいことで、あることを予めご了承ください。)


質問の内容に対してハンサードの会社に詳しい方に伺ったので要点だけを書きますと、

ハンサードのプライスは下落しているがHansardは有益な会社なので、破産などの心配は全くない。株価の下落の要因はより競合性を得るための調整をしている。確かにある日本の会社が業務停止を6ヶ月うけたため影響は受けている。しかしHansardの財務状況には何ら影響は及ぼさない。

ハンサードは現在、日本で法的にハンサードの商品が販売出来るよう準備をしているため日本からのビジネスはそのためにゼロ。(因みに準備に掛かる費用は結構多額なはずです。しかし近い将来においてこの部分は利益へと転じるようです)

これらの要因から株価に影響がでている。

ということですが、長期的にみて何らハンサードの存在には影響はないとのこと。またハンサードの株価に投資をしている投資家と、ハンサードが管理をしている商品に投資をしている投資家との関係は離さなければならない、とのことです。

纏めると、Hansardのビジネスにはリスクは伴っておらず、株価の変化にクライアントは影響されるkとはない、とのことです。

(返答をもらって、確かにそうだな、と感じました。例えば東証第一部に上場されている会社の株価をみてみてください。アベノミクスと騒がれてから株は上昇しましたが、それまではどの会社の株も全くぱっとしていません。これらの株が下がっても倒産した会社は、、、ありましたか?

また、マン島自体に会社が存在するということは財務的に健全な会社でない限り生き残れないのです。ハンサードに投資をしている投資家として、これといって何らHansardは問題がないと思っています。)

宜しければ、くりっとお願いします。


オフショア投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
[PR]
by go-offshore | 2014-07-31 06:00 | *今までのQ&A | Comments(0)

解約金を受け取る場合

ハンサードの投資をしていますが、途中で解約することを考えています。ハンサードは解約返戻金を送金する場合、どのようにして送金してくれるのでしょうか?

と、いう質問を受けました。

以下が私が知っている範囲のことですが、担当のIFAに必ず確かめてください。

途中で投資を辞める場合は、どの位の返戻金になるか、担当のIFAが調べてくれます。(解約するには諸々の手続きが必要となりますのでその点もIFAに確かめてください。)

ハンサードが返戻金を送金する場合は、送金手数料が恐らく31ポンド程かかると思います。
投資家は世界のどこの銀行にでも送金を依頼することができ、また返戻金の通貨も選択可能です。

日本で日本円で受け取りたい場合は、入金手数料が掛かります。この手数料は銀行によってまちまちですので、ご自分の指定する銀行にどれくらい手数料がかかるかを確かめてください。

例えば東京三菱UFJ銀行に口座をもっている場合、米ドル、ユーロ、英国ポンド、豪ドル、NZドル、スイスフランの通貨を受け取ることができます。

例えば、米ドルで受け取る場合は、入金手数料はかかりませんが、米ドルを円で受け取る場合は、入金手数料と円為替手数料の0.05%が送金総額に対して掛かります。最低でも2,500円程はかかります。

特にハンサードでなくとも送金手数料や為替手数料はかかることですが、銀行によって扱いが多少違っていますので、必ずIFAと自分の口座がある銀行に問い合わせてください。

よかったらポチッとお願いします。


オフショア投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
[PR]
by go-offshore | 2014-07-26 21:00 | *今までのQ&A | Comments(0)

たとえ休止をしていても

ハンサードへ投資をしている、という方に1ヶ月程前偶然に会いました。

フィナンシャル関係のミーティングに参加した時のこと、たまたま知人から紹介があったある会社の社長さんとお話をしていたら、なんとこの方ハンサードに投資をしている、という話になりました。

この方は40代後半の男性で、他にも一緒に3人で同時に始めたとのことです。

しかし、この商品を勧めた人が最初にポートフォリオを組んだのはいいが、それ以降何のフォローもしてくれず、結局、累積ユニット部分を引き出してあとはもう放ったらかしにしている、とのことでした。

しかし、老婆心ながら、それでは「まずいです」と言ってしまった私。

何故なら、たとえ一部を引き出してそのまま休止していてもポートフォリオの見直しは絶対必要だからです。とくにこの方の場合はポートフォリオを組んだのはかなり前、10年以上も前のこと。組んでいるファンドを聞いてもさっぱり分からず状態でした。

「クライアントサイトもありますので定期的にチェックをしてみては?」と、いっても「クライアントのサイトの見方が分からない」ということですが、、、、これ、凄く簡単ですよね。

投資家さんのなかで同じように「休止」をしていても放ったらかし状態の方は、是非IFAに頼んで1年に一度はポートフォリオを見直してもらってください。

よかったらクリックお願いします。

オフショア投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
[PR]
by go-offshore | 2014-07-23 21:00 | Comments(0)

ハンサードの商品で利益を出している例

ハンサードに投資を始めた方で利益を出している方は多くいます。

ポートフォリオの内容がよければ利益がでる商品なわけですから、Profitがでるのは当たり前と言えば当たり前のこと。

しかし現実問題、多くの投資家は思ったような利益がでないから、辞めたくなったりするわけです。

自分で利益を生めるようなファンドを選べない場合は、IFAが頼りとしなければならないのですが、なかなかきちんと管理してくれるIFAが見つからないのも現実です。

しかし、再度書きますが、ハンサードやロイヤルロンドンの商品で利益をだすことは可能です。

以下は実際に投資を初めてから利益をだしているポートフォリオをお持ちの投資家さんのものです。こちらの投資家さんの許可を得て、ポートフォリオのグラフを送って頂きました。

こちらの投資家さんはポートフォリオに組み込むファンドはご自分で選択されました。(以前金融関係に長年お勤めだったため、お出来なったのだと私は思っております。)

まだ投資期間が短いのにも関わらず、よい動きをしているファンドを選択していると感じます。

私は過去に数百人の方のポートフォリオを見たことがありますが、そのうちの2名のみがご自分でファンドを組みいれていました。そのうちの一人は金融関係に勤めている人からのアドバイスを得てファンド選びをしていました。もう一人の人はハンサードを実際に投資をしているお友達のポートフォリオをそのままコピーしていたようです。

(余談ですが、そのままコピーしたポートフォリオで利益が出せるというのは、あまりにも浅はか。投資する時期が違えば当然ファンドの動きも違う訳ですから。)

いずれにせよ、よいファンドを組み入れて我々投資家はなんとか利益を確保していきたいものです。

e0295378_9135614.png

よかったらポチッとお願いします。

オフショア投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
[PR]
by go-offshore | 2014-07-23 09:15 | *ハンサードのファンド | Comments(0)

IFAから先にポートフォリオの内容について問い合わをしてくれました

ハンサードのアスパイアの商品に投資をして、私が今迄変更したIFAの数は3人です。

始めの2名は、全くポートフォリオの見直しなどをしてくれず、お話になりませんでした。

現在のIFAさんは、今迄とは違いかなりフォローをしてくれているので助かっています。

先だっては、「ポートフォリオの見直しをしますか?」 
という問い合わせが、私から頼まなくとも先方から連絡をしてくれました。

個人的には

このままのポートフォリオで暫くもっていてもいいかな?

とは思っていたのですが、こちらのIFAさんにしてから持っていたファンドの2つはかなり右肩上がりで進んでいるため、このまま持続して持っていてもいいものか?と感じていたところに、IFAさんからメールが入りました。

IFAさんの意見としては、
「このまま保有していてもいいですが、変更するのであれば、(内容が続く)」
と、いう提案を頂きました。

また、「オンライン上でスイッチングをするので、手数料は無料です」
とも言われたため、迷わずIFAさんの言うとうりスイッチングを昨日の午後に依頼しました。

これが本来のIFAの姿なのでしょうが、何故に殆どのIFAはいい加減なんでしょうか!

投資を初めてすぐに今のIFAさんだったら、、、、と残念でなりません。



オフショア投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
[PR]
by go-offshore | 2014-07-09 08:56 | Comments(0)

IFAへの満足度が少ない投資家は多い

ハンサードやロイヤルロンドンなどのような商品についていえば、IFAへの存在は欠かせないわけですが、この肝心なIFAに満足をしている投資家は意外に少ないのも事実です。

いままでみてきた中でこれは酷いな、と感じたIFAのタイプは

商品自体の内容をIFAが理解していない。
顧客からの質問をいやがる。

上記のようなIFAが存在しているのは事実。まったくお話もならないですが、存在はしているのです。

顧客からの質問をいやがるIFAについては、恐らくIFA自身が商品の内容を把握していないか、答えるのが面倒なのでしょう。

確かに投資家のなかには細かい質問を多々聞いてくる人もいることはいます。顧客の立場にたてないIFAはこういう小額の拠出金をする投資家が面倒でいやがる人もいるのが事実です。こういう人こそ資産を増やす手伝いをするのがIFAの役目だと感じますが、、、IFAにとっては面倒で仕方ない、という人も居ました。(とんでもないです話ですが)

今迄多くのIFAと会ってきましたが、正直皆が皆クォリティーが高いとは言えません。
(私を担当してくれているIFAさんは高いと思いますが)

なので、投資家である私達はハンサードやロイヤルロンドンのような商品を持っているのであれば、クォリティーの高いIFAをとにかく見つけることが大切だと痛感しています。



オフショア投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
[PR]
by go-offshore | 2014-07-03 07:00 | Comments(0)

ハンサードの商品に投資をしてよかったと感じている投資家

ハンサードの商品に投資をしている投資家で後悔している人が多いのは事実ですが、逆に良かったと感じている投資家もいます。

どういう人達か?

答えは極簡単。後悔している人達の逆。


良かったと感じている人は:

IFAに満足している
利益がでている
商品の内容を理解している

これだけです。

これだけ、と書いていますが、この3つの内容はものすごく濃いです。

ハンサードの商品だけでなく、これはロイヤルロンドンでも同じ事です。

これらの商品の面白いところは、「ポートフォリオ」を自由に自分にあわせて組めるところなのですが、この部分がかけてしまえば、利益は期待できません。

このポートフォリオにいれるファンドについては、ファンドに詳しいもしくはある程度の知識がある方であれば自分でも組めるものですが、恐らく大抵の方はIFAの力が必要です。

私の知人では自分でポートフォリオにいれるファンドを選択した人が数人います。
かれらの投資成果は投資を初めてから利益がでています。

なので、ポートフォリオの内容がよければ利益がでる商品ではあるわけです。
(現実的に考えて、もしもハンサードの商品が悪ければ英国ではこの会社がマン島には存在しないはずですから。日本でハンサードの商品について好ましくないイメージが出た理由は、それを扱った会社などがきちんと投資家のフォローをしなかったからでしょう。)

あとは、放ったらかしにしているポートフォリオも利益は出せません。
(ハンサードへの拠出をストップしていても、ポートフォリオの見直しはすべきです。)

IFAもピンからキリまで居ます。
香港には数百のIFAが存在しているということです。
この中には当然ライセンスを保有していない、手数料荒稼ぎのIFAもいるわけです。
なので、IFAの選択は慎重にしなければなりません。

商品の内容を理解する、ということについては、ハンサードの商品についていえば、
初期設定期間はいつまでか?
累積ユニットの内容はどうなっているのか?
ボーナスとは何か?
どの部分が引き出せて、どの部分が引き出せないか?
手数料はどうなっているのか?
累積ユニットがどうなったらまずいのか?

くらいは把握しておいたほうが無難です。

が、実際問題、殆どの投資家は、暫くすると聞いた内容を忘れます

しかし、私はこれでいいと思っています。

世は、自分が聞いた時に内容を理解していればよく、忘れたらまたIFAと会った時に聞けばいいわけです。

私の担当をしてくれるIFAは対面でのミーティングをしたい場合、予約をいれれば対面で会ってくれるので助かっています。その時分からない事を聞けば言い訳ですから。

ハンサードへの投資家の方で、後悔している人は、どうして後悔しているか考えてみてください。
IFAが悪いのであれば変更すればいいだけ。
内容を知りたいのであれば、IFAと会った時に聞けばいいだけです。



オフショア投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
[PR]
by go-offshore | 2014-07-02 07:00 | Comments(0)