ブログトップ

オフショア商品で資産増加*かわいい金には旅をさせよ 

gooffshore.exblog.jp

<   2013年 02月 ( 43 )   > この月の画像一覧

IsleとIslandの違い

マン島を英語で書くと Isle of Manとなりますが、なぜ「島」なのにIslandとならないのか?

答え
Isle (名詞) の意味は小さな島、またはどの島でもIsle となる。


Island (名詞) の意味は四面が完全に水に囲まれていること。そして大陸と呼ぶには小さすぎること。
[PR]
by go-offshore | 2013-02-25 05:48 | Comments(0)

英国、マン島を正しく理解

ハンサードはマン島に位置している、というのは投資家としては常識として知っていることです。が、そのマン島が何処にあるのか?そして英国の「線引き」を正しく理解している投資家は結構少ないということに気がついたので、ここに纏めておきます。(別にこれらを知らなくとも投資には関係ないのですが、一般常識として纏めておきますので参考にしてください。)


e0295378_581360.jpg
マン島"The Isle of Man"

グレートブリテン島とアイルランドにはさまれた位置にある島。法的にはグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国の一部でもイギリス連邦の加盟国でもない、自治権を持ったイギリス王室属領。


e0295378_5105820.jpg
(通称イギリス、英国)グレートブリテン&北アイルランド連合王国"United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland"

「イギリス」とか「英国」と私達が言っている国は ”イングランド”、”スコットランド”、”ウェールズ”、”北アイルランド”から構成されいます。

それぞれの区切りは以下の通りです。

e0295378_5175427.jpg

イングランド
グレートブリテン島の南部の3分の2を占める、イギリスを構成する国の一つ。

e0295378_519949.jpg

スコットランド
グレートブリテン島の北部3分の1を占める、イギリスを構成する国の一つ。

e0295378_520057.jpg

ウェールズ
グレートブリテン島の南西に位置し、イギリスを構成する国の一つ。

e0295378_523495.jpg

北アイルランド"Northern Ireland"
アイルランド島の北東に位置し、イギリスを構成する国の一つ。
[PR]
by go-offshore | 2013-02-25 05:31 | Comments(0)

世界の経済事情が悪くなると投資意欲が落ちる?

e0295378_8375610.gif
ハンサードのアスパイア長期の定期積み金に投資をしている投資家がよく勘違いすることがあります。それはマーケットが低迷すると、投資意欲がゲンナリし、毎月の積み金をストップしてしまうこと。この行為は残念ながら正しいとはいえません。マーケットが下がっている時こそ、「ドルコスト平均法」を利用できる絶好の機会だからです。口数の仕込みができる絶好の機会です。この時期に口数を仕込んでおけば、マーケットが上がりだしたらあとは儲けるだけですから。

また、折角積み立てをしてきたのに、マーケットが低迷しているからといって「解約」をしてしまう投資家もいます。これは本当に残念なこと。2012年の解約をしてしまった、投資家がいましたが、あと8ヶ月ほど保有していたら、確実に2013年の2月には確実に元本以上の成績が出ていました。

たとえ第三者の資産とはいえ、とても残念でなりません。
[PR]
by go-offshore | 2013-02-25 04:52 | Comments(0)

ハンサード Aspire(アスパイア)定期積金への投資

ハンサードのアスパイアに投資をして12年絶った私の投資実績は、プラスに転じています。投資してから元本を大きく割る、ということはなかったのですが、リーマンショックの時は流石に下落しました。実は私、このリーマンショックの時、積み立てを休止していました。この時こそ、「仕込み時期」だったのですが。。。12年投資をした期間のうち、休止をしたり減額したり、再度拠出をしたりと、様々行ってきました。今は再度拠出を始めてから毎月拠出をしています。満期がくるまで定期積金をしていく予定、それも休む事無く。
e0295378_15354895.jpg

私はポートフォリオに7つファンドを入れています。7つは多い方です。殆どの方は4つくらいです。7つのファンドの内よい動きをしているのはアジア関連ファンド。あと1−2年はもっているつもりです。
7つの内2つのファンドについてはの入れ替えを考えねばなりませんので、IFAに相談する予定です。
[PR]
by go-offshore | 2013-02-25 04:36 | Comments(0)

インフレ

インフレとはインフレーションの略で、私たちが普段買っている日用品やサービスの値段が上がり続けることをいいます。インフレには、良いインフレと悪いインフレがあります。
良いインフレは、企業が販売価格の上昇で儲かり、社員の給料が増え、消費者は物価上昇による生活費の増加を給料アップで吸収してもっと商品を買うようになり、商品が良く売れて企業が儲かる…というサイクルで景気は良くなります。しかし、商品の仕入れ価格の上昇ほど商品価格に上乗せできず、企業の業績が悪くなり、賃金が上がらないのに身の回りの商品が値上がりして家計を圧迫するという悪いインフレは経済に悪影響を及ぼします。

インフレが起こると私たちの生活はどうなるのでしょう。
例えば5%のインフレが起これば、今まで20万円で済んでいた生活費が21万円になってしまうのです。これで収入が10%増えて30万円から33万円に上がっていたらインフレは全く問題ありません。しかし、収入が上がらなければ生活は苦しくなるだけです。
一般的に、緩やかなインフレが経済にとって良い状態だといわれていますが、それは収入がモノの値段以上に上がることが大前提なのです。
[PR]
by go-offshore | 2013-02-25 04:13 | Comments(0)

アナリスト

アナリストとは、国や企業の動向を分析する専門家のことです。企業の財務や業績の分析、将来性の調査、業界の動向調査・分析を行い、投資に必要な情報を収集します。
アナリストは単に財務諸表などの決算情報を分析するだけでなく、企業やグループのトップへインタビューしながら企業の将来性を予測したうえで、情報を整理し、評価する能力も必要とされています。

アナリストには、さまざまな分野の専門家がいます。投資の分野では、株式、債券、投資信託など、金融商品に特化したアナリストがいます。
また、金融商品だけでなく、自動車業界や電機業界など、特定業界を専門分野にしているアナリストもいます。
[PR]
by go-offshore | 2013-02-25 04:08 | Comments(0)

アセットアロケーション

e0295378_8362049.gifアセットアロケーションとは、運用する資金を国内外の株や債券などにどのような割合で投資するのかを決めることをいいます。アセットとは「資産」、アロケーションとは「配分」という意味を持っています。
資産は、大きく分けて「現預金」「国内株式」「国内債券」「外国株式」「外国債券」「不動産」「商品・金」など、同じような特性を持つ商品のグループを指します。アセットアロケーションは、その人の資産状況やリスク許容度、運用目的などによって人それぞれで適切な配分が異なります。

また、具体的に商品を組み合わせたものをポートフォリオといいます。

自分に合ったアセットアロケーションを知りたかったら、担当のIFAに相談してみてはいかがでしょうか。そのアセットアロケーションで、どれくらいの利回りが期待できて、どれくらいの期間で目的とする運用が達成できるかなどをよく確認し、そのうえで具体的な商品を選ぶことをおすすめします。
はやりすたりの商品選びではなく、自分に合った長期的な資産形成の基本は、アセットアロケーションにあります。
[PR]
by go-offshore | 2013-02-25 04:06 | Comments(0)

ファンドマネージャー

ファンドマネージャーとは、投資信託の運用を行う専門家のことで、運用会社に所属して業務を行っています。
ファンドマネージャーの業務は、投資信託の運用方針に従って、市場や銘柄の分析、選定、組み入れ比率や売買のタイミングを検討し、投資家から預かった資産を運用することです。

ひとつの投資信託を1人のファンドマネージャーが担当しているとは限りません。ひとつの投資信託を複数のファンドマネージャーが担当したり、1人のファンドマネージャーが複数の投資信託を担当していることもあります。

投資信託の運用は、ファンドマネージャーだけで成り立っているわけではありません。アナリストやエコノミスト、ポートフォリオマネージャーやトレーダーなど、各分野の専門家がグループになって投資信託を運用しています。

ファンドマネージャーは司令塔のような役目を持っており、各専門家を束ねるのも仕事のひとつなのです。
[PR]
by go-offshore | 2013-02-25 04:03 | Comments(0)

ファンダメンタルズ

ファンダメンタルズとは、国や企業などの経済状態などを表す指標のことで、「経済の基礎的条件」と訳されます。

国や地域の場合、経済成長率、物価上昇率、財政収支などがこれに当たり、企業の場合は、売上高や利益といった業績や資産、負債などの財務状況が挙げられます。

ファンダメンタルズをもとに株価や為替の値動きを予測することをファンダメンタルズ分析といいます。

ファンダメンタルズの内容はすぐに市場価格の上下に影響しないものが多いのですが、国や企業の運営の状況を知るうえの重要な指標となっています。特に中長期の運用を考える人にとってはポイントとなる指標といえるでしょう。このように、市場価格ばかりでなく、本質的な価値も見据えて検討することが大切です。
[PR]
by go-offshore | 2013-02-25 04:01 | Comments(0)

ファンドオフファンド

ファンドオブファンズとは、複数の投資信託を投資対象とする投資信託のことです。
通常の投資信託は株や債券などに投資しますが、ファンドオブファンズは複数の投資信託が投資対象です。
投資信託に投資する投資信託、という意味からファンドオブファンズと呼ばれています。

投資信託のメリットのひとつに、幅広い分散投資によるリスクの低減が挙げられますが、ファンドオブファンズは投資信託に投資することで、さらに投資対象や運用会社が分散されて、リスクを抑える効果が期待できます。
[PR]
by go-offshore | 2013-02-25 03:59 | Comments(0)