ブログトップ

オフショア商品で資産増加*かわいい金には旅をさせよ 

gooffshore.exblog.jp

カテゴリ:*アスパイアと手数料の関係( 1 )

何%の利益を出していればいいのか

ハンサードはダイレクトファンドではなく、ミラーファンドに投資をしている、毎月の拠出金に対するスプレッドが7.5%である、その他の理由から、手数料は結構高くついてしまいます。

では、年間積み立て額に対して、年間どれだけの利益率を出していればASPIREにかかる手数料は相殺できるのか?

について、以下の表を参照してください。
e0295378_9384390.png



例えば、毎月の積み立て額がUS750ドル相当で、契約期間が20年の場合、0.91%のグロースがあれば手数料が相殺することになります。


(通常のポートフォリオであれば当たり前に0.91%の利益はだしているはずです。

もしこれ以下の場合は、まったく投資する意味はありませんのでポートフォリオの見直しなどを必ず担当のIFAにしてもらったほうがいいでしょう。)


US500ドルの拠出金で10年契約の場合は3.09%。こうなるとあまりASPIREに投資をする意味がないように感じます。


よく長期投資は10年以上しないと意味がない、と私は聞きましたが具体的な数字を参考にすると、確かにそうだな、、、と感じてしまいます。


どうせなら、毎月5万以上の拠出で20年以上の積み立てをする、というようなプランのほうがよさそうです。


では、5万円以下の積立金だったらどうするの?


ということですが、実際最低拠出金で投資をしている投資家でも、ポートフォリオの内容がよければそれなりの利益は出るものです。

ASPIREに限らず、

ポートフォリオの内容、円安要因、休まず拠出を続け、そして確かなIFAに担当してもらう。


これはハンサードの商品に限らず、他の商品に対しても言える事かもしれません。


〜余談〜
ハンサードと比較されるロイヤルロンドンは手数料がハンサードよりの安く着くので、ロイヤルロンドンへの投資はよい選択だと思います。


よかったらクリッとお願いします。

e0295378_955428.gif


にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2015-02-11 06:00 | *アスパイアと手数料の関係 | Comments(0)