ブログトップ

オフショア商品で資産増加*かわいい金には旅をさせよ 

gooffshore.exblog.jp

カテゴリ:*為替の動き( 2 )

気になる円高 60円になる、ならない。

海外長期積み金、ハンサード、フレンズ、ロイヤルロンドンを行っている投資家にとって為替レートはとても気になるところ。


先だって2020年までにレートは60円になる、などという記事を読みその信憑性がきになりましたので自分なりに調べてみました。


結論からいってならないと、私は思っています。


理由は可能性としてぜったいにあり得ないとは言えませんが、少子化が進んでいる日本でそれだけ円高が進行するとは考えられないからです。


「高齢化社会白書」なども参考にして調べてみました。


現在、日本の人口統計では「65歳以上」を高齢者として扱っている。その割合は、2015年の時点で総人口のおよそ4人に1人(26.7%)。それが2050年には38.3%にまで増える見通し。しかも今の40代が老後を迎える頃には、80歳代の層が全人口の中で最も厚くなる。


60円まで円高が進むほどの国でしょうか?


また過去の事例をみてみると、2011年の1ドルが80円を下回った時1995年の85円を下回った時に大きな為替介入がありました。


円高は80円が堅いと私は勝ってに思っています。なので2020年までに60円の円高になるのは可能性が薄いのではないかと思います。


現在もレートがかなり不安定です。なので、どこかの水準で為替介入、もしくは介入的なことがおきるのではないでしょうか?


そのタイミングとして思っているのが1ドル100円を割った時。


理由は過去のに何が起きたか?を軽く調べると分かります。


昨年の6月に安値1ドルは125.855円をつけました。
2011年の10月には高値1ドルは75.570円をつけました。


こうなると半値押し100.71円を下回るとテクニカル的に底以下です。こうなると政府当局、関係者も介入をせざるを得ない、とこれもまた、勝ってに思っています。


特に海外積み金は20年〜30年をかけてジックリつくっていくものなので、投資を始めてまだ数年の方は焦る必要はないと思います。


逆に円高になったらドル買いをして、現在実行している長期積み金とは別にドル建て商品に投資を始めるのも一案です。


<余談>
==============================
私は2011年、10月に1ドルが高値75.570円をつけた時、ハンサードの一括投資の資産が目減りし1/4になったのを覚えています。

実はこの数年前、IFAが見つからずハンサード アスパイア積み立てを一旦休止していました。

しかし、マーケットが低迷している時期に「休止」から「再開」にかえました。そしてまた暫くしたら円安に戻りました。

長期投資の方でレートが気になって仕方ないかたは、ジックリと嫌な波が去るのも待っていればいいと思います。

これはご自身がいくら心配してもよくなるものでもないので心配している時間はムダであることは、経験上お伝えしておきます。(老婆心ながら。。。)

また心配になったら担当のIFAさんに問い合わせてみるのが一番いいです。彼らはプロなのでキチンと根拠をもったアドバイスをしてくれるはずですから。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-04-18 05:00 | *為替の動き

かなりマーケットは荒れています

ハンサード、ロイヤルロンドン、フレンズプロビダンスなどの投資は長期にわたります。そのため現在のところマーケットはかなり荒れています。


しかし、長期的な投資の場合、こういうときはどっしりと腰を据えてマーケットの荒波を上手く乗り越える必要があります。


2016年はマーケットがかなり荒れるようです。そのため為替にも影響がでてきます。


2011年10月、1ドル75.35というレートでしたが、今年5月には1ドルが100円になる、との見方もされています。


そうなるとハンサードのような長期投資をしている投資家が、ご自身のクライアントサイトにいって資産価値をみると、かなり目減りしていることにがっかりするかもしれません。


が、そんな必要はありません。


ポートフォリオにはいっているファンドが今後成長が見込めるものであれば、この低迷時期は絶好の口数を仕込める時期だからです。


再度かきますが、「今後の成長が見込めるファンド」でなければなりません。このまま下がり続けていくようなファンドですと、毎月の積み金を捨てるようなことになってしまいます。


ご自身のポートフォリオに組まれているファンドが心配な場合は、ご担当のIFAにといあわせることをおすすめします。きちんと戦略をもってポートフォリオを管理してくれているIFAなら大丈夫です。


<余談>
2日程前にハンサードからメールがきました。これといってわたしはIFAさんに何も連絡していないのでなんだろう?と思いクライアントサイトにはいり内容をみたところ、私の一括商品を全て一旦安全なファンドにIFAさんが移してくれていました。

私の以前のIFAはこんなとき放ったらかしでした、、、なので多くの資金をわたしはそのときうしないました。今のIFAさんだったら、、、このように守ってくれたのに、と残念です。

何も言わないでもこのように面倒をみてくれているので安心していられます。IFAさんはいつもわたしにアクティブなIFAでなければならない、といっていますが正しくアクティブな方なのでありがたいです。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-01-14 11:05 | *為替の動き