ブログトップ

オフショア商品で資産増加*かわいい金には旅をさせよ 

gooffshore.exblog.jp

カテゴリ:*ファンドについて( 9 )

為替、グローバルエネルギーファンドについて

ハンサードのアスパイア、ロイヤルロンドンなどの長期積み金をしている私達にとって、このところのマーケットの動き、為替の動きをみて、どうなることやら、と心配されている方も多いのではないでしょうか?

スイスの国民投票に次いで、英国の「EU離脱」の国民投票のまさかの“離脱。

この結果を受けて、日経平均は16年2カ月ぶりに8%も下落し、為替も一時1米ドル=99円台を付けました。

今後のマーケットの動きは、常に気にかけておりますので、今後の動きについては目を配るようにしています。

しかし、ネット上には金融関係に従事しているプロが様々なコメントを出しており、情報量は溢れています。

私は、そんな中から、常に3つの情報を、毎日チェックするようにしており、それに加えてIFAさんが送ってくれるレポートを参考にしています。

そうすると、ニュースを見ずとも、なんとなく今後の動きが見えてはきます。

それらの情報を要約すると、

・為替は99円が底であり、今後は円安に振れていく。
・6年後には125円ほどまで円安が進む。

また、エネルギーの動きも気になるため、ハンサードで扱っているミラーファンドのうち、グローバルエネルギーのファンドの動きをみてみました。

ご覧の通り、かなり下がっています。
e0295378_9411043.png


このファンドにはどの国が参加しているかの詳細は以下です。
e0295378_103751.png

米国の会社でかなり占めています。

為替と同じように、WTI原油先物に関する情報を要約すると、

・今年はリバウンドが想定できる。

・2月11日に26.05ドルを付けてい以来、リバウンドが進行しており、上値のメドは62.58ドル。(2015年5月高値)が適当。

・当面は43ドル42ドルを試す

・6月9日の高値(51.67ドル)からは、短期的な調整が進行中。そのため、目先的には43〜42ドルを試す。(7月20日には一時43.69まで下落)

因みに、このファンドに関係している上位5社は:
ロイヤルダッチシェル
エクソンモービル
トータルSA
BP
オキシデンタル ペトレリウム

為替の動きなどもあり、当然今は結果をみてもマイナス。

しかし、このファンドを仕込みたいと思っていましたので、IFAさんに頼んで少し多めにポートフォリオに組んでいます。

投資を続ける中で、英国のEU離脱問題は今後どのような展開となるのか、その他、米国大統領選挙、世界で起こるテロ事件などの影響を受け左右するマーケットの動きに、個人投資家がついていくのは、なかなか難しいもの。

そのため、どんなことが起ころうとも、貯金を中長期投資や積立型投資、海外投資など、に分散することがいかに大切か、を感じています。

そして、様々なことが起きている期間は物事を冷静に考える姿勢も大切です。

しかし、資産運用を長期で行っていると、たまに、自分の感情や思いがコントロールできないでしまうこともあります。

今回のEU離脱などのような突発的にハッとする場面では、いつも冷静に行動が出来る人でも、投資をしている場合はまた別で、パニックに陥ることもあるようです。

そこで、投資をしている人の“投資家心理”というものはどういうことを意味するのか、について調べてみました。

それによると、パニックになる原因は、人は2つの感情を持ち合わせているがために陥る、ようです。

それは、「損をしたくない」という感情と「お金は儲けたい」という感情。

投資金額が大きい、小さいに関係なく、人が投資や資産運用を行うとき、「損したい」と思ってやる人はおらず、誰でも、少しでも「儲けたい」「増やしたい」という想いで、投資に臨みます。

そして、大半の人は「成功して資金が増えている状態」をイメージして投資を開始します。

しかし投資とは、得することもあれば損することもある。

そのこと自体、投資家全員が、“頭の中”では理解していますが実際には、「損した自分を想像して、投資に臨む人が非常に少ない」のが現実のようです。

従って「投資は損するかもしれない」ということは、頭では理解していても、いざ自分が損をしている世界に入ってしまった場合、急激なマーケットの下落に際し、冷静な行動ができずに、パニックになってしまい、売りをしてしまう(逃避)人がでてきます。

例えば、長期積み金の契約を切ってしまう。

このような投資家を何人か目のあたりにしてきました

現実を受け入れたくないので、市場を観なくなる(放置)といった行動をとる人が、結構多くいます。

例えば、満足していないIFAだと分かってそのままにして、臭い物には蓋、状態にする人がいます。

このような場合、投資や資産運用などの「お金のマネジメント」は特別なことではない、ことを知る必要があるようです。

早い話、結局のところ、投資も仕事や家庭問題、恋愛などと同様に、感情に支配されていては、うまく進まないものである、ということを理解しなくてはいけない、とのこと。

そのため、常に冷静に、客観的に考え、行動することが、大変重要と言えます。

海外長期積み金を始めた投資家は、誰でも資産が増えれば「やってよかった」と思いますが、目減りすると、「やめていればよかった」と考えてしまいます。

投資を開始したのはいいが、このところの市場の動きに心配でいる方は、一人で悩むよりも 担当のIFAに意見を伺うのも一案です。

私は、長期投資である程度、嫌な場面も何回か過去に経験済ですので、これといって慌てることはなくなりました。

しかし、慌てなくなったのは、自分で納得したポートフォリオを作ってもらっている、というのが前提にあるからでしょう。

ポートフォリオのファンドの選択に納得していない場合であれば、英国EU離脱の急落局面では恐らく、投げ出したくなったかもしれません。

ポートフォリオの管理ができており、為替が安ければ、長期投資をしたかいが有ると思っています。

ポートフォリオの管理がイマイチで、ご心配な方は、皆さんが皆、IFAを変更できるとは限りませんが、多くの方が変更していらっしゃいますので、どうぞ、お気軽にご一報ください。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-07-25 11:00 | *ファンドについて

オイルのファンドは上昇するか?

ハンサードやロイヤルロンドンの長期積み金に組み入れるポートフォリオにオイルのファンドを入れている方もいるのではないでしょうか?

青い線がハンサードに入っているオイル関係ファンドの動きです。
e0295378_423481.png


過去一年の動きをみるとここ数ヶ月間で上昇しています。
e0295378_4245382.png


Crude Oil WTI (NYMEX)の動きも悪くないです。
e0295378_4263916.png


私のポートフォリオにはオイルファンドが入っていますが、全体的に占める割合は高くありません。しかし、自分の意向もいれてIFAさんにはあえてオイルファンドを入れてもらいました。

このままずっと下がり続けるとは思わないので、暫く保有してみます。

ところで、つくづくハンサードやロイヤルロンドンなどの仕組みにはいっている複利効果というのが資産を増やす強力なツールであるということを実感しています。

お金はお金を生む、手元にある1000万ををただ寝かせていればそれなりの資産に十分なり得ます。
e0295378_43818100.png

海外のファンドには年利3%を狙えるものは沢山存在しています。

為替レートにより資産は変化しますが、それでも資産の一部は海外投資に回すのが良さそうです。

<余談>
IFAをお探し以外の方で、海外ファンドにもご興味のある方はどのような商品をお探しなのかをお知らせしてくだされば、IFAさんに聞いてみます。

その際、年利が何%ほどをご希望かも一緒にお知らせください。


よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-05-11 11:20 | *ファンドについて

グローバル エネルギーのファンド

ハンサードのアスパイア、ロイヤルロンドンのクォンタム360などにはオイル関係のファンドがあります。ハンサードを例にとるとファンド名はHIL Investec Global Energyというのがあります、

2016年1月18日の週は原油価格がかなりの下げに見舞われました。1バレルが26ドル台前半になりこの安値は2003年5月以来、12年8ヶ月ぶりでした。

2008年のリーマンショックよりも前にこんなことがあったわけです。

青い線がハンサードのエネルギー関連ミラーファンドの動き
e0295378_1122290.png

ここまで下がってきました。

私個人は、このファンドを自分のポートフォリオにいれたいのです。

ここまで底をうってしまっているファンドがこのまま下がるということは考えられない、というのがド素人である私の意見。

一方、原油価格が上がる一番効果的な方法は、供給を抑えること。世は原油の原産。

しかし減産するということは、世界景気が上昇にいくだろう、という確固たる予想がある時に効き目があるため今の状況では無理な感じです。

原油は仕込み時だと思うのですが、IFAさんからはまだ今の時点ではリスクが高い、と言われています。

このリスクが少なくなった時に、ポートフォリオに入れてもらおうかと思ってはいます。がほぼ全部、オイル関係が占めているファンドですので、入れるタイミングは要注意です。
e0295378_1285634.png


<余談>
こちらnブログを通してIFAを移管した方、IFAさんからのTwitterなどは利用していますでしょうか? 私は今迄Twitterなどに興味がなく利用していませんでしたが、アップデートされた情報は大切なので、今年からTwitterを参照することにしました。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2016-01-26 05:00 | *ファンドについて

原油関係のファンド、仕込み時か?

ハンサード、ロイヤルロンドン、フレンズプロビダンスなどの長期海外投資にオイル関係ファンドが含まれています。


現在のオイルプライスは下落ぎみ。またニュースでもご存知のようにOPECは原油の減産を実行せず、生産高を維持しています。

下記のチャートは2011年からの推移です。見事に下落しています。
e0295378_011987.png


世界的にみてもはまだまだ景気が回復していない状況のなか需要が伸び悩み、増々在庫が積上っています。


そして最近になりこれまで輸出を禁止していた米国が、輸出解禁へ踏み込みこむ。


これで、ますます市場へ原油が出回ることになり、先行き不透明になった原油市場の姿が価格下落という形で反応しています。


しかし、今の状況はある意味チャンスでは、、と考えました。


長期的にみて原油価格はこのまま下がりつづける、、、はずはない。


新聞での掲載でも「2020年の原油価格は70ドルになる」という予測をOPECが発表しました。


と、いうことは今のうちにオイル関係のファンドをポートフォリオにいれておいてもいいのではないかと思っています。


2020年は決して遠い将来ではありません。ドルコスト平均法をつかい安い時に多くの口数を仕込んでおこうかと思っているのですが、まずはその点についてIFAさんに意見を聞いてみるつもりです。


高くなってからでは遅い。今のうちに興味のある方は担当者に問い合わせてみていいいかもしれません。私は早速問い合わせてみたいと思います。


よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2015-12-25 05:00 | *ファンドについて

オイルは暫く下落しそうです

ハンサードやロイヤルロンドン、フレンズプロビダンスの海外長期積み金のポートフォリオにオイル関係のファンドがある場合は一度IFAに相談したほうが、、、よさそうな感じです。


と、いうのもここ暫く原油相場が弱含みですが、それに加え米議会ではいままで禁止としていた米国産原油の輸出を解禁する方向で米議会も動いるからです。


恐らく米国産原油の輸出が解禁となれば原油相場は一段安になるでしょう。


原油安は先進国の経済にとっては好材料。しかしこのまま下げ過ぎると産油国中心に新たな経済危機になる恐れもあります。


因みにナイメックスのクルードオイルのチャートをみるとその下落度が良くわかります。
e0295378_10132375.png


ハンサードのファンドでグローバルエネジーのチャートも当然下落です。このファンドマネージャーはインベステック。青い線がハンサードのファンドになります。
e0295378_10174226.png
因みに赤い線はエネルギーのインデックスでMSCI World Energy Indexと呼ばれるものです。


このインデックスの占める国の割合は米国が半分以上。
e0295378_10231969.png



∴ハンサードのファンドも米国が占めています。
e0295378_10245167.png


アセットアロケーションは以下。
e0295378_10261820.png



ちょっと気になる、このファンドのファンドを担当しているマネージャーは2人いるようですが、そのうち一人の成績表、グラフが以下。青い線です。
e0295378_10352560.png

トータルリターンもマイナス。。。
e0295378_10364256.png

ファンドマネージャーの成績のようなこのグラフ。インターネットで公開されてるとは厳しい。でも海外のファンドマネージャーは凄腕が沢山いるとか。その分もちろんお給料もかなりの額。しかしオイルを担当しているファンドマネージャーは結構厳しいでしょうね,,,,


今はまだオペックなどで減産の合意形成は出来ていません。しかし、このままほっておくわけはないでしょうから、来年になればいづれどこかの時期に減産となっても仕方ないです。それまでは原油安で株安と言う展開が続くようです。


<<余談>>
本日、午前中は遠出でぶらりと違う町のカフェショップにいく事にしました。途中ガスをいれたのですがやはり安いです。約1.6ドル。感激でした。2011年頃はこれが5ドルになる勢いのときがあり憂鬱になったことを覚えています。
e0295378_10551047.png

以前アメリカに居た25年前には約1.5ドルでした。その頃と同じような数字を今になり目にするとは!!!

それだけオイルが生産されている、ということを実感しました。このまま続いてはいかないでしょうが、どれだけの人がこのプライスに助けられることか。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ブログランキング。励みになりまする。よかったら….クリッとお願いしたしまする。
e0295378_10474529.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村

オフショア投資 ブログランキングへ
***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。

IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************

[PR]
by go-offshore | 2015-12-22 05:00 | *ファンドについて

これはずっと持っていこうかと、、、

ハンサードだけでなく、フレンズプロビダンスでもロイヤルロンドンで投資をしている方の運用成績はこのところのマーケットの動きにより「あまりよい動きをしていないなー」と感じている方も多々いるはず。


が、長期運用の場合マーケットの低迷時期はあるものですので何時も書いている通り、ファンドの選択がきちんとされていればそんなに心配する必要はありません。


IFAさんが組んでくれたファンドの中でこれからもよい動きが期待出来るのではないか、と思われるファンドが幾つか入っています。


過去の平均リターンは以下のとおり。
e0295378_1564935.png

ファンドの動きは以下のとおり。
e0295378_1583317.png

恐らく、こちらのブログを介してIFAさんを移管された方のポートフォリオにもこのファンドが入っていると思います。


それとは逆に、相変わらず下がり続けているファンドはHIL Blackrock World Mining。
e0295378_212735.png

こちらは以前にも数回とりあげたファンドになりますが、原資産の投資額が多額であるためファンド自体はクローズにはならないようです。


因みに、コモディティとエネルギーのセクターと比べて、このファンドの下落率は大きいです。
e0295378_262221.png


<余談>
いくらクローズにならないファンドとは言え、ここまで下がったファンドがもしもポートフォリオにはいっているのであれば、何の為の投資家全くわかりません。

ファンドの動きと合わせて、為替の動きも重要ですが、米利上げを織り込む動きと強弱感対立しており122.5円が中心軸のようです。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ

***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

**********************************************************
[PR]
by go-offshore | 2015-11-30 05:00 | *ファンドについて

ハンサードからレターが送信されました

ハンサードからメールが送信されてきました。

私が受け取ったメールの日付は11月14日。

人によっては数日のずれはあるかもしれません。

内容はMX32とMX42に関することです。

レターの内容を理解出来ない場合は担当のIFAもしくはFPに問い合わせをしてみてください。
[PR]
by go-offshore | 2013-11-15 22:04 | *ファンドについて

某証券会社も結局はオフショアで投資をしている

ハンサードなどのオフショアで投資をしている投資家以外にも、日本の証券会社で販売している投資信託も結局オフショアで運用されているものが多々あります。

会社は日本人投資家から集めた資金で投資信託商品をつくりオフショアで運用。
利益は会社の運用や、コマーシャル、パンフレットの印刷代、従業員のサラリーにも割当られていることでしょう。

以下はある大手証券会社のある投資信託のパンフレットの一部。
運用先はケイマン諸島。
e0295378_2032956.jpg


結局.....オフショアです。
[PR]
by go-offshore | 2013-09-23 20:34 | *ファンドについて

ハンサード ポートフォリオに組み込むファンド数

ハンサードやロイヤルロンドンではポートフォリオに組み入れるファンドが資産増加の要です。

ハンサードなどの長期積金への投資は自分のリスク許容範囲でポートフォリオを組む事が可能です。

そのため、このメリットを大いに活用し、投資家のリスク許容範囲を確認しポートフォリオを組むのが本来の姿なのでしょうが、残念ながら、今まで色々な投資家のポートフォリオをみてきた感想は、殆どの投資家のポートフォリオは「既製品」と、いうことです。

この「既製品」タイプのポートフォリオは個々の投資目標が始めから無いと同じ。

10人の投資家がいた場合、ある人は中リスク、ある人は高リスクから始めたいと考えているかもしれませんが、「既製品」タイプのポートフォリオでは、投資家のこれらのリクエストは無視されたと同じ事。

ハンサード等の投資商品を持っているにもかかわらず、実に勿体無いと感じています。

例として投資家の許可を得て以下のグラフを挙げておきます。

通常「既製品」タイプのファンドは4本ほどで、それぞれのファンドに対する毎月の拠出額の配分も25%づつ分配されているのが一般的です。

が、この投資家のもっているファンド数は一般の投資家よりも本数があり、毎月の拠出分配も個々のファンドによって異なります。

これが投資家の希望を入れた本来のポートフォオだと思います。

実はこの投資家、以前は「既製品」タイプのポートフォリオでした。

しかし、コンサルをした結果、以下のようになりました。コンサルの際には「投資残年数」「許容範囲」「拠出金」等を含めコンサルをしました。

リーマンショックは確かに悲しいグラフになっていますが、かなり戻ってきた様子です。
資産も今の時点ではプラスに転じています。

e0295378_17451248.jpg


 
[PR]
by go-offshore | 2013-09-21 17:59 | *ファンドについて