ブログトップ

オフショア商品で資産増加*かわいい金には旅をさせよ 

gooffshore.exblog.jp

カテゴリ:*アスパイア解約したい( 6 )

アスパイア(長期の定期積金)数ヶ月積み立てた後、解約したい時

ハンサードのアスパイアは無料で申し込みをすることが可能です。


(投資家のなかには手数料を払い申し込みをした人もいるはず。過去にまだオフショア商品の情報がない時などは、高い手数料を請求したIFAもいました。)


ハンサードの長期の定期積金をした投資家の契約期間は、20年〜30年になるようです。


しかしながら、数ヶ月後に「やらなければよかった」と思い、担当者に問い合わせをした方、これから連絡をしようかと考えている方もいることでしょう。


しかし、担当者から「投資開始後すぐには解約できません」と言われるはず。
そして、この答えは正しいです。


投資家の方がハンサードの積金に契約をする前に「初期払い込み期間」の説明を受けているはずです。”説明を受けているはず”というよりも、必ずIFAは説明をせねばなりません。


払い込み期間は契約年数によっても違いますが、最低でも15ヶ月になっています。


この初期払い込み期間中に契約を辞めた場合、それまでに払っていた積金は一切戻ってきません。


(なので、投資を始める前に、5年間位は最低積金が出来る自信があるならばやってもよかったとは思いますが、数ヶ月後どうなるかわからない・・・というような状態だったら始めから投資はしない方が無難だったかもしれません。)


いずれにせよ、投資を途中で辞めたい場合のオプションとしては;

初期期間が終わっていない場合、今迄投資した額を諦めるしかありません。


累積期間に入っている場合
休止する
減額する

という2つの選択はありますが、それぞれのメリット、デメリットについては詳しくIFAから聞いてください。


また、ハンサードを続けてやるよりも、手数料のことを考えるとロイヤルロンドンのほうが安くてすみます。


そのため、ハンサードの投資期間は途中では変更できませんが、ハンサードの毎月の積金を減額し、残りの積金をロイヤルロンドンの積金に投資をする、というオプションもありだと思います。 


可能なオプションについては、担当のIFAに問い合わせをするのが一番なのですが、どうも殆どのIFAは辞めたい、と思っているクライアントに対して、親身になって相談にのってくれなのが現実のようです。またIFA自身が知識がなくクライアントのフォローをできないでいるのも現実あることです。


そういう場合は一人で悩まないで、他のIFAを探ってみてください。


自分にあった解決方法は必ず見つかると思います。



役にたっているのか?と思いながら書いてます。気が向いたらくりっとお願いします。

オフショア投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
[PR]
by go-offshore | 2014-10-20 06:00 | *アスパイア解約したい

「休止」という方法をとった場合(更新記事)

ハンサードのアスパイア(Aspire)に投資をしていて、投資を持続する気持ちが薄れた、続けられなくなった、等のことが発生した場合はどうに対処することができるでしょうか?


一般投資家の投資期間は20~30年の長期に渡ります。


この間何が起こるかなんて、誰にもわかりませんが、投資を一旦休止する、というのも一案でしょう。しかしその前にいくつか考慮する点があるので書いておきます。


その1. 毎月のサービス費用が多少高くなることを理解すべし。


以下にあるように月12.25英国ポンドが14.50英国ポンドに上がってしまいます。
(2014年1月現在の商品説明に記載されているフィーになります。)
e0295378_9342647.png



2. 休止中でもポートフォリオに組んであるファンドは生きている。ファンドは生ものだということを理解すべし。


ポートフォリオに入っているファンド管理は続けるのは必須なので、ポートフォリオの見直しは必ずした方がいい、というのが私の個人的な意見です。


特に休止中、ポートフォリオに組まれているファンドの運用がストップしてしまうことも考えられるので要注意です。しかし、こういう場合は事前にハンサードから投資家のメールアドレスにファンドの運用が休止する旨のメッセージが必ず入ります。


休止中だからといって、ハンサードからメールを受け取っても、無視はしないようにしておきたいものです。


また、場合によってはハンサードが自動的に休止するファンドと同じ動きをするファンドに自動的に切り替える場合もあります。この時もその理由について必ずメールがはいりますのでチェックを忘れずにしてください。(これは稀だとは思います。が、私の場合このようなことが1回今迄ありました。)



その3. 累積ユニットの価値は1,000英国ポンド未満ではマズイことを理解すべし。

パンフに1,000GBPとありますが、本来は3,000GBP位にしていた方が安全ではあります。理由は、市場が何かが起きて暴落したばあい、1,000GBPでは足りなくなってしまう場合も考えられるからです。どんな場合か?例えばリーマンショックのような場合ですが、2014年10月にもかなりの暴落がありました。リーマンショックのように数年は続かなくとも、数日下落を続けていく場合もありえます。

1,000英国ポンド未満になると、更に毎月2.25追加されますので要注意


休止はやむを得ない場合は利用してもいいですが、ファンドの管理には十分に気をつけた方がいいと思います。


<余談>
私は現在のIFAさんに一任しているので、休止のときでもハンサード側で何かある場合はハンサードからではなく、IFAさんから連絡が入ります。日中、仕事におわれて忙しくメッセージがきても見逃す場合がありますが、(もしくは、後でチェックしようと思いつつそのまま忘れてしまう、とか)そういう場合でも、IFAさんがリマインドしてくれるので助かっています。


気が向いたら、クリックしてください。

オフショア投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
[PR]
by go-offshore | 2014-10-19 11:00 | *アスパイア解約したい

定期拠出をしている間にやめたくなった?!

ハンサードの「定期拠出型」に投資をしていて途中で辞めたくなった場合はどう対処するか?

定期拠出型の場合は投資期間が最低で10年。
大抵の方は20年とか25年で契約を結ぶ場合が多いです。

が、この長期期間の間には、予期せぬイベントが起きたりします。

毎月ハンサードの定期拠出型投資に一定額を支払い続けられなくなった場合どうすればいいのか?


方法は幾つかあります。

(1)契約を解約する。
(2)毎月の積立金を支払いをストップする。
  (=払い込み済契約)
(3)毎月の積立金の額を減らす。

私が個人的におすすめするのは、(2)と(3)です。

(1)は絶対おすすめしません。 何故か?
それは、「解約返戻金」の内には「初期設定期間」に積み立てた額が含まれないため、「返戻金」自体の額は少なくなってしまうからです。(この「初期設定期間」は満期日にならないと現金化できません。)

(2)の選択は積み立て自体をストップすればいいだけのことなので、積み立てが出来なくなった場合にはもってこいの方法。

しかしここでの要注意は、ストップできるのは契約期間から2年が経過していなければならないことです。

そして、このストップをする場合には毎月のサービス手数料が多少高めになってしまうことを覚えておいたほうがいいでしょう。

また、累積ユニットには最低1,000ポンド以上のユニットが残っていなければストップはできません。(個人的には1,000ポンド以上、最低でも2,500ポンドは残していた方が安全だと思います。)

この辺がクリヤーになり、ストップできる条件が整っているのであれば、再度拠出ができるようになるまでストップするのも一案でしょう。この方法ですと「初期設定期間」に積み立ててある "虎の子"に傷をつけることはありませんよね。

(3)の減額は個人的におすすめしたい方法です。
長期で契約をした場合、確かに色々なイベントがでてきてしまい、ハンサードに資金を回す余裕がなくなる場合も大いに考えられます。が、それでも拠出は続けた方が絶対に良いです。

拠出を続けている限り、毎月のサービス手数料は増えませんし、なによりもドルコスト平均法を利用し続けることが出来ているからです。拠出が無い限り、ドルコスト平均法のメリットはうけれませんが、月積み立てていればドルコスト平均法は利用できています。

確かに今あなたは、ハンサードへの投資を辞めたくなってしまっているかもしれません。

拠出を一時ストップしたり、減額をしたりする方法もあるので、そのあたりを考慮し、担当者に相談してみては如何でしょうか?

気が向いたらクリックお願い致します。

オフショア投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
[PR]
by go-offshore | 2014-04-14 07:00 | *アスパイア解約したい

止めずに続ける方法はある

e0295378_21504286.jpgハンサードの定期積立をしている方で、「もうやりたくない」と思っている方もいらっしゃることでしょう。

その理由は何ですか?

私個人の経験からいうと、ハンサードはいやではなかったが、この商品を紹介したIFA(Independent Financial Advisor=独立系フィナンシャルアドバイザー)が嫌になってしまったから、でした。

なぜ嫌になったのか?

答えは単純。
まったく連絡しても何にも言ってこない
連絡がついても、なぜか文句?を言われる

こんな体験をしてしまった私は、そのIFAを通さなければ分からないことが幾つかあったため、どうしても彼女を避けては通れませんでした。そのため、何もいってこない彼女に対し感情的になり、

「ハンサ―ドをやめたいので、どうすればいいか教えてください」と、問い合わせたところ、

「XXXX円が戻ってきます。お役に立てなくてすみませんでした。」と、それだけ。

一瞬もうやめようかと、頭をよぎりましたが、「いやいや、感情的になってはいけない。」と言い聞かせました。

考えてみれば、投資者自身の自分にも非はある、わけです。 契約をする時にもっと詳細にわたりチェックをする必要があったはず。それを自分はやったのか?

答えは「いいえ、やりませんでした」 なぜ?

「説明を聞いたけど、なんかよくわからなかったから」 これは自分に非があります。

それなら、自分でなんとかしなければならない。と思い、まずは順番に解決していきました。

一番大切なことは、ハンサードの契約は続ける。ということ。これに沿って必要なことはIFAを変更し、自分の投資内容のポートフォーリオを見直す、ことでした。

これだけです。

これらを解決した私は、ずっと続けてハンサードをやっております。

「ハンサードをもうやめたい!」と、思っていらっしゃる方は、是非、私のように感情的にはならず、今ある現実を直視し、「何故やめたいか」考えてみてください。

以下、「契約を解除したい」、と思っているパターンのトップ3。

辞めたい理由ーその1
「IFAが嫌いだ」

この場合、IFAを変更すれば投資を続けられるか?自問自答してください。答えが「続けられる」のであれば、IFA探し行動にはいればいいです。


辞めたい理由ーその2
「仕事を失った」

この場合、自分が初期期間であり、拠出がかなり難しい場合、IFAに連絡を即とり、自分の契約を誰かに譲渡できないか、問い合わせてみてください。初期期間に拠出を辞めてしまうと、今までおさめた全ての額を失うことになります。しかし譲渡先がみつかれば、初期期間の何%かを譲渡受けをする方から支払ってもらうことも可能です。(このへんの交渉はIFAに間に入ってもらい、譲渡受け人に話をしてもらってください。)戻りはそれでもかなり小額ですが、ゼロよりはいいはずです。この譲渡についてなかなかIFAに頼んでもやってくれない人もいるのが現実ですが、実際やってくれるIFAはいるので一応打診してみてください。

初期期間が終わり、ある一定の条件を満たしていたら、減額ができるのでそれでなんとか続けていったほうはいいでしょう。たとえ最低拠出額だけの積金でも銀行においておくよりはずっとましです。

辞めたい理由ーその3
「お金が必要になった」

この場合、累積ユニットからお金を引き出すことができます。ただし、引き出した後、累積ユニットにある程度の資金残高がなくてはなりません。このへんはIFAに問い合わせてください。因みにお金を指定口座に送金してもらうには2~3週間かかります。また、資金が必要な場合は、必要用紙にサインをしなくてはなりませんので、早めにIFAに連絡をとり必要書類を取り寄せてください。

ハンサードの投資は長期になりますが、その間色々なことが投資家に起こることは十分あり得ることです。投資を続ける方法はあるはずですので、何かことが起きた場合、一人で考えず、まずはIFAに相談してみてください。
[PR]
by go-offshore | 2014-02-10 22:14 | *アスパイア解約したい

IFAから「出来ない」とわれた?!

ハンサードの定期拠出型商品に20年−25年と長期で運用していく間には、色々なイベントがあるはずです。結婚、子供ができる、家を建てる、等々。

そんな時「纏まったお金が必要」と言うケースもでてくるでしょう。
もし、貴方が2年間の拠出期間を終えていた場合には、ある一定の条件をクリアすれば「一部引き出し」は可能です。

IFAによっては 「そんな事はできません」 とか、言ってきたら、一部引き出しは100%できますので、覚えていてください。

また、事情があってハンサードを辞めたくなった場合、解約することは可能ですが、満期がこないと引き出せない部分もあるので、この点を注意しておいてください。 

IFAによっては「解約はできません」とか言ってきたら、解約は可能ですが、自分の手元に戻ってくる金額はかなり目減りします。担当のIFAに問い合わせれば、どのくらい手元に戻るか調べてもらえます。

お金が必要になったら、解約をせずに「一部引き出し」をするのがいいかもしれません。そして満期がくるまでまって、お金を受け取るのがいいと思います。

くれぐれも「引き出しはできない」とか、「解約はできない」なんていうIFAがいたら要注意、ということを覚えておかれるとよいと思います。
[PR]
by go-offshore | 2013-06-17 13:26 | *アスパイア解約したい

止めてもいいけど。。。

ハンサードのアスパイアの投資で契約を結んだ後に解約をしたい、という投資家の方もいます。

1つ注意しなければならないのは、投資を初めて数ヶ月後に解約をしたい場合、まだ初期ユニットの期間中なので解約返戻金は一切戻ってこない、という点です。

そのため、投資開始後に「止めたい」と思ったら、即おやめになるほうがいいでしょう。

最初の数ヶ月に投資をした額は戻ってきませんが、契約は長期にわたるので、その間ずっと苦痛になるよりはいいかもしれません。
[PR]
by go-offshore | 2013-05-29 14:16 | *アスパイア解約したい