ブログトップ

オフショア商品で資産増加*かわいい金には旅をさせよ 

gooffshore.exblog.jp

カテゴリ:未分類( 90 )

過去1年の運用利回り55.72%

ハンサード、ロイヤルロンドンで長期投資に入れるポートフォリオで、ダントツよい成績を出しているものがあります。

中国関連ファンドで新興国株式のものです。(中国、香港)
青線がハンサードのミラーファンドの動きになります。

過去5年の運用利回りは10.06%
過去1年の運用利回りは55.72%
e0295378_09122891.png
比率は殆ど中国株になっています。
e0295378_09162954.png
ポートフォリオに組まれているトップ5の会社は以下になります。
e0295378_09244479.png
トップにあるテンセント英:Tencent、は、インターネットソーシャル・ネットワーキング・サービス、インスタントメッセンジャーWebホスティングサービスなどを提供しており、テンセントの100%子会社であるテンセント日本は港区にあります。

他の会社は保険、薬品会社、エネルギー関連会社。ざっと目を通すだけで、株が高くなる理由がみえてきます。

このファンドは私のポートフォリオの中には入っていません。
今からポートフォリオにいれても果たして今後も上がっていくか、は分かりませんが、中国関連はこれからも面白そうです。

ご興味のある方は担当のIFAさんに問い合わせてみてはいかがでしょうか?

<追記>
現在ホームページを作成しています。

こちらのサイトでは、フィナンシャルプラナーとして、
海外投資を実際にしてみたい、海外投資に興味がある方を対象に情報、サービスを提供していきます。


こちらのブログを見て下さる方は、殆どのかたがすでに海外長期投資をされています。

海外投資では一括でもかなりよい利回りを出せる商品もあります。
長期と組み合わせて、運用をすれば、効果的にお金が貯まっていきます。

定期的に、お金を殖やすキッカケとなるメルマガも発行していきます。

メルマガ登録にご興味のある方は、こちらまでお知らせくださいませ。

go-offshore@excite.co.jp

以下の内容を入れてご送信ください。
メールアドレス
お名前(ふりがな)

良かったらクリック願います!
にほんブログ村

ご自身の投資について担当をしているIFAがいらっしゃるはずです。しかし、このIFAで果たしてよいのだろうか、と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は
IFA移管希望の方 をご参照ください。

[PR]
by go-offshore | 2018-02-14 11:30 | Comments(0)

ロイヤルロンドンは日本で契約ができなくなりそうです。

ハンサードとロイヤルロンドンはよく比較される商品です。

こちらの、ロイヤルロンドンですが、今後日本では契約ができなくなるようです。

ロイヤルロンドンをやろうかな、とお考えになっている方は、お早めに契約を進めたほうが良さそうです。

ところで、ハンサードの運用成績ですが、今のところ一括で投資をしたものは、プラスになっているものと、マイナスになっているものがあります。

ちなみに、一括での投資は、個人的におすすめではないです。

やはり、長期投資のほうがよいです。と、いえども組み込まれているファンドとIFAによりますが、この2つがキチンとされているのであれば、長期の投資のほうがずっとよいです。

長期のほうも、今はマイナスになっています。私の場合、以前、IFAが見つからなかったのと、いい加減なIFAが担当していた、ということで20年契約のうち、半分近くは休止状態という期間がありました。

そのため、このような結果になっています。しかし、円安になれば一挙にプラスに転じると思います。最初からキチンとしたIFAが担当されていた方でも、少しはマイナスになっているかもしれません。

このケースの場合、ポートフォリオ自体はよいものだと思いますので、今のマイナスは全く気にする必要はないはずです。

取り敢えず、ロイヤルロンドンの件をお知らせしたく、ブログを(かなり久しぶりですが)書きました。

今でも、必要のある方には、IFAさんのご紹介はしております。

何時でもお気軽にお問い合わせください。

よかったら….クリッとお願いいたします。
e0295378_2182537.gif

ご自身の投資について担当をしているIFAがいらっしゃるはずです。しかし、このIFAで果たしてよいのだろうか、と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。

「IFAを移管したいな…」と考えている方は
IFA移管希望の方 をご参照ください。

[PR]
by go-offshore | 2017-08-14 11:30 | Comments(0)

IFAさんが新しいシステムを導入しました。

ハンサード、ロイヤルロンドン、その他の長期投資向けにこちらのブログではを変更したい方向けに、個人レベルですができる範囲でお問い合わせを頂いたらご返答するようにしています。

私がブログを立ち上げた時から比べるとかなり質の高いが増えてきたように感じ、もっともっと海外投資をする人が増えたらいいな、と思っています。

しかし、IFAをたとえ変更してもなかには新しいに満足できる人とそうでない方がいらっしゃるようで時々、変更をしたをまた変更したいというお問い合わせも頂きます。

IFAに満足する、しないは がどれだけ真剣に自分のポートフォリオを管理していれるかでしょう。

最近私の担当するさんは最近新しいシステムを導入しました。

ポートフォリオの内容を常に監視し、必要な時には即座に内容の入れ替えを自動的にしてくれるものです。

自分で行う株取り引きのようなものであれば自分で100%コントロールできますが、長期積み立てであるポートフォリオの内容変更は殆どの方はご自身ですることは難しいです。

ファンドの選択、所定の用紙にファンドのスイッチやリダイレクションを入力しその用紙を担当部署に送信する。

これはとても面倒であり、時間も手間もかかります。

殆どの方はファンドの選択はとても困難。

私を担当をしているIFAさんの返答は早く、ポートフォリオも定期的に見直してはくれていますので、全く心配はしていませんが、導入されたシステムにより益々安心感がわきました。

システムを導入しても今迄のようにこの自動スイッチではなく相談をしながらポートフォリオに組みいれる内容を検討するサービスも今迄通りやってくれます。

しかし殆どの投資家95%は自動スイッチを希望するようです。

世の中の動きは今迄以上に早くなっています。

長期運用をしている投資家の役割はポートフォリオを定期的に見直すことが必要ですが、そのための時間をなかなとれない方も沢山いらっしゃいます。

そのため、このように自動で行ってくれるポートフォリオのシステムを導入したIFAさんについててよかったと感じています。

気がむいたらポチッとお願い致します。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ

にほんブログ村



オフショア投資 ブログランキングへ


ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。


「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

[PR]
by go-offshore | 2017-03-07 09:28 | Comments(0)

ロイヤルロンドンに組み込むファンドを教えてもらいました。

ロイヤルロンドン360の商品の内にRL360 PIMSがあります。
e0295378_09202806.png
この中に組み込むファンドとして11のファンドの種類をIFAさんから頂きました。
かなり魅力的なファンドばかりです。

それと、前回の流した情報ですが、分かりづらくてすみませんでした。

以下の内容もこのPIMSに組み込むことができるとのこと。

A株式- clients are up over 100% since January invested.
B株式- - clients are up approx 75% since Q1.
C株式 - clients are up over 40% since Q1
D株式 - clients are up over 80% since Q1.
E株式- Over 70% gain this year.

こちらの商品への最低投資額はGBP50,000からです。
GBPJPY=Xは現在133.35円

e0295378_09204624.png
チャートでみても分かるように、まだ低迷気味。
なので投資をするタイミングとしては悪くないです。

こちらが商品概要のページになります。


折角頂いた情報。説明は英文でわかりづらい部分があるかもしれませんが、本気で投資についてIFAに伺いたい、と思っている方はどうぞお知らせください。
go-offshore@excite.co.jp

<余談>
ハンサードやロイヤルロンドンに投資をしている方のほとんどが今はマイナスのはずです。

為替の影響をうけているので仕方ありません。

しかし、為替がどうであれ海外長期積み金のような商品はポートフォリオに組まれているファンドさえよければ為替はこれといって気にしなくともよい、と自分は長年の体験から感じています。

なので、例えば投資が全く増えていない現実をみて「やめたい」とか思わないほうがいいです。投資期間は20年−30年と続きます。この期間に上下にぶれるのは当たり前ですから。

逆にこのようなマーケットが低迷している時に拠出金額を挙げるのも手です。私は、来月から多少拠出金をあげることにしました。

実は、この計画前から練っていたのですがズルズルと実行せずにおりました。

早めにやっていたらオイルのファンド、口数が多く買えていたのに、、、とかなり後悔。だめですね、、、これでは。

何時もお願いしてすみません、でも良かったらクリッと一票お願い致します。


ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。

「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

[PR]
by go-offshore | 2016-08-30 11:30 | Comments(0)

ロイヤルロンドンに組み込むファンドを教えてもらいました。

ロイヤルロンドン360の商品の内にRL360 PIMSがあります。
e0295378_09202806.png
この中に組み込むファンドとして11のファンドの種類をIFAさんから頂きました。
かなり魅力的なファンドばかりです。

それと、前回の流した情報ですが、分かりづらくてすみませんでした。

以下の内容もこのPIMSに組み込むことができるとのこと。

A株式- clients are up over 100% since January invested.
B株式- - clients are up approx 75% since Q1.
C株式 - clients are up over 40% since Q1
D株式 - clients are up over 80% since Q1.
E株式- Over 70% gain this year.

こちらの商品への最低投資額はGBP50,000からです。
GBPJPY=Xは現在133.35円

e0295378_09204624.png
チャートでみても分かるように、まだ低迷気味。
なので投資をするタイミングとしては悪くないです。

こちらが商品概要のページになります。


折角頂いた情報。説明は英文でわかりづらい部分があるかもしれませんが、本気で投資についてIFAに伺いたい、と思っている方はどうぞお知らせください。
go-offshore@excite.co.jp

<余談>
ハンサードやロイヤルロンドンに投資をしている方のほとんどが今はマイナスのはずです。

為替の影響をうけているので仕方ありません。

しかし、為替がどうであれ海外長期積み金のような商品はポートフォリオに組まれているファンドさえよければ為替はこれといって気にしなくともよい、と自分は長年の体験から感じています。

なので、例えば投資が全く増えていない現実をみて「やめたい」とか思わないほうがいいです。投資期間は20年−30年と続きます。この期間に上下にぶれるのは当たり前ですから。

逆にこのようなマーケットが低迷している時に拠出金額を挙げるのも手です。私は、来月から多少拠出金をあげることにしました。

実は、この計画前から練っていたのですがズルズルと実行せずにおりました。

早めにやっていたらオイルのファンド、口数が多く買えていたのに、、、とかなり後悔。だめですね、、、これでは。

何時もお願いしてすみません、でも良かったらクリッと一票お願い致します。


ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。

「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。

[PR]
by go-offshore | 2016-08-30 11:30 | Comments(0)

オフショアを利用した子供の教育資金づくり

ハンサードやロイヤルロンドン、その他のオフショア投資で子供の教育の資金作りをするために投資を始める、という方は沢山いらっしゃいます。

このような方を両親にもつ子供は幸せだな、、、と同時に感じます。

格差社会となってきている日本。

これからもますます格差は拡大していくのは間違いなしのようです。

この傾向が続けば、この格差社会は今から10年、20年、50年後にはその格差が世代を超えて固定化は免れない。

早い話、親が貧乏=子供も一生貧乏 になってしまうわけです。

江戸時代の ”士農工商”、これはまさしく格差社会。

生まれた時から未来が決まってしまうとは、、、このような自由のない社会は日本にくるはが、、、ない、と思いたいですが日本の格差はどんどん広がっていくようです。

この教育の格差社会には私は回りをみて十分感じています。

私は現在アメリカにいますが、親の収入次第で子供の教育に差がでると感じています。

そして日本でもアメリカのようになってきていると痛感。

下の図は年間どれだけの教育費と子供の生活費がかかるか、を示したもの。

これだけの費用を親が面倒みるわけですから、親も大変です。
e0295378_924977.png

学費も生活費もかかりますが、これらの費用を親が100%面倒をみている家庭を私はいくつもみています。

親がそれなりの収入がある家庭では、子供もシッカリと教育をうけ、それなりの学位をやはりとっています。

以下のグラフは、学歴による給料の差です。この給料は1週間あたりのものになります。
(日本は会社が月に一回給料を支払いますが、アメリカでは1週間毎に支払われます。)
e0295378_982041.png


高学歴であるに絶対超したことはありません。

いまや4年生大学卒はあたりまえ。

マスターやドクターのディグリーを保有している人はわんさかいます。博士号までいけた人の給料はそれは高いです。

しかしここまでいくのもかなりの教育費が必要。

スカラーシップなどに申し込み、授業料が免除になる、あるいは教育費の一部をスカラーシップから得る事もできますが、いづれにせよ、親が教育資金をサポートしてくれる子供の場合は時間を勉強につかうことができることから、20代でマスターやドクターを取得する子供も珍しくありません。

なんてラッキーな子供達なんだろう、と思ってしまいます。

お子さんのためにオフショアで投資をされている投資家の方を、陰ながら応援したい気持ちです。

そのお子様のためにも運用が上手くいきますように!

余計なおせっかいですが、ポートフォリオはシッカリ、担当のIFAに年に1回は少なくとも目を通してもらってくださいませ。

マーケットが低迷している時などはよいファンドがポートフォリオに入っていれさえすれば、ユニットを多仕込めますから。

<余談>
日本では子供の英語教育を物価が安いアジア圏で行う、という人も多くいるようです。が、先だって多くの顧客をクライアントにもつフィナンシャルアドバイザーの方とスカイプで話す機会を得ました。

その方いわく「親だってアメリカやイギリスに子供を送りたいんだよね、でもお金がかかるからフィリピンとかになっているんだよ。」と。自分が親だったらやっぱり英語圏で勉強させたいです。

また10年ほどまえにあるシングルマザーの女性と知り合いました。

彼女は一人息子さんを一流の大学にいれるため働いていらっしゃいました。彼女がその時私に行った言葉をいまでも覚えています。

「一流の大学にはいれれば同級生などの横の繋がりで将来会社勤めをしたとき、何かとお互い役に立つのよ。」なるほど、、ですね。こちらの息子さん、いまは大企業に勤めています。

私個人は学歴はあってもその人次第ではないかと思っています。でも学歴は無いよりはあったほうがずっといいでしょう。人生に幅を効かせることができますから。

励みになります。宜しければ一票お願い致します。
e0295378_9185553.gif

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
***********************************************************
ご自分を担当しているIFA。「このIFAでいいのか?」と、迷っている方は 本来のIFAの姿とはをご参照ください。

「IFAを移管したいな…」と考えている方は IFA移管希望の方 をご参照ください。
[PR]
by go-offshore | 2015-10-05 05:00 | Comments(0)

アスパイア(長期の定期積金)休止したい場合

e0295378_6573339.jpgハンサードのAspire(アスパイア)の商品の最低投資期間は10年です。


この期間中に拠出金が滞りなく毎月積み立てることができればいいのですが、予期しないことがおこり、積み立てを一旦休止したい場合も出てくるかもしれません。


その時は「払い込み済み(Paid up)」

もしくは

「支払いの休止(Premium holiday)」のどちらかが利用できます。


(ただし、アスパイア積金の場合、このようなことができるのは2年の契約期間が過ぎ、かつある一定の条件が整えばできますので、この点にご注意ください。)


「払い込み済み」の場合は、担当者のIFAに「積金の支払いを休みたい」、ことをリクエストすればハンサードに提出するための必要な書類について、IFAから指示があるはずです。(複雑ではない書類なので担当のIFAの指示に従えば済みます。)


提出する必要なドキュメントこの場合、再度積金が出来るようになれば何時でも拠出は再開できます。が、この点についても留意点はありますので、担当者に聞いてみてください。


因みに2015年3月現在、一時休止した時のサービス料はGPB14.50(通常のサービス料金はGBP12.25です)


「支払いの休止(Premium holiday)」は、5年の期間に1年だけ拠出をストップできるものです。


再度この支払いの休止を利用したい場合は、5年後に可能です。
が、私の知る限りでは、こちらの方法を利用し拠出金の支払いをストップした方はいません。
皆さん「払い込み済み」の方を利用しています。


また、これらの手続きは当然、無料でしてくれるはずです。その点、注意してください。


宜しかったら一票お願いします。

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村


オフショア投資 ブログランキングへ
[PR]
by go-offshore | 2015-03-16 04:08 | Comments(0)

その3. エマージング・マーケット・ファンド

ハンサードやロイヤルロンドンだけでなく、投資をする際に覚えておいたほうがよい、単語などについてまた書いていきます。


今回は


エマージング・マーケット・ファンド


主に新興諸国の株式や債券を投資対象とする投資信託を「エマージング・マーケット・ファンド」と呼びます。


英語で新興国のことを「エマージング・カントリー(emerging country)」、新興諸国市場のことを「エマージング・マーケット(emerging market)」と呼ぶため、新興諸国を投資対象とする投資信託がこのように呼ばれています。


また、


エマージング・マーケット・ファンドの中で、新興諸国の債券に投資するファンドを「エマージング・ボンド・ファンド」、株式に投資するファンドを「エマージング・ストック(エクイティ)・ファンド」と呼ばれています。


具体的な国としては中南米、東南アジア、中国、インド、東欧、ロシアなど。(成長段階の初・中期に位置する国や地域)


発展途上のため高い成長が期待できる半面、政権交代や急激なインフレ、通貨暴落などのリスクもあります。


先進国と比較すると政情が不安定な国や地域が多く、その影響が市場に及ぶカントリー・リスクも高い傾向にあります。


つまり、エマージング・マーケット・ファンドの投資リスクは先進国を対象とした投資信託よりも高く、よりハイリスク・ハイリターンのファンドであると言えます。


しかし、エマージング・マーケット・ファンドの中には、中国に投資するファンドやブラジルに投資するファンドのように、特定の新興国一カ国だけを投資対象とするファンドもあれば、アジア市場全体や中南米全体というようにある地域を投資対象とするファンドもあります。



**余談**
エマージング関係の金融商品はリスクが高いと私は理解していますが、このリスクの高さも様々なはずですので、その当たりのファンド選択は担当のIFAに問い合わせてください。

またこのエマージングマーケットの名付けは名づけ親は「国際金融公社(IFC;International Finance Corporation)

どんなところか? 
                            
1955年9月の第10回国際復興開発銀行(IBRD,世界銀行)総会での設置決定に基づき 1956年7月に発足。

1957年2月に国連専門機関となった国際金融機関。

通称,第三世界銀行。加盟国,特に発展途上国における民間企業の育成を通じ,その国の経済発展を促進する目的をもつ。

お役に多少でもたったら、くりっとお願い致します。

オフショア投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
[PR]
by go-offshore | 2014-10-26 06:00 | Comments(0)

利益がでているポートフォリオの例

ハンサード(Hansard)の商品に投資をしている投資家で利益がでているポートフォリオの例についてその例をご紹介します。

e0295378_812554.png


このグラフをみるとリーマンショック後かなり下がりましたが、現在はリーマンショック前のグラフと位置と同じところに来ているようです。
ずば抜けて利益率がよいファンドのマネージャーはJPモルガンです。
ファンド名はJPMorgan ASEAN。

しかし、注意したいのは、最初からこのファンドがポートフォリオに組まれていたわけではなく、3年程前にファンドのスイッチングをこのファンドにしてます。ポートフォリオの見直しをせずファンドをそのままにしていたらこのような結果にはならないわけですから、やはりポートフォリオの見直しは大切です。

こちらのJPMorgan ASEANの詳細グラフは以下になります。
e0295378_8335414.png

青線がJPMorgan ASEANのグラフで赤線はAsia Pacificの株価の動き。

株価が上昇してきたとは言えやはりJPMorgan ASEANのファンドの動きのほうがずっと上です。

利益がでていないポートフォリオを持っている場合は、ファンドの内容をIFAに問い合わせてみる必要があるかもしれません。

IFAの移管を希望される方はお知らせください。(担当をしてくれているIFAさんに問い合わせてみます。が、かなり多忙な方なので真剣に移管を考えているかたのみご連絡ください。)

よかったらクリックお願いします。

オフショア投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
[PR]
by go-offshore | 2014-08-05 08:08 | Comments(3)

たとえ休止をしていても

ハンサードへ投資をしている、という方に1ヶ月程前偶然に会いました。

フィナンシャル関係のミーティングに参加した時のこと、たまたま知人から紹介があったある会社の社長さんとお話をしていたら、なんとこの方ハンサードに投資をしている、という話になりました。

この方は40代後半の男性で、他にも一緒に3人で同時に始めたとのことです。

しかし、この商品を勧めた人が最初にポートフォリオを組んだのはいいが、それ以降何のフォローもしてくれず、結局、累積ユニット部分を引き出してあとはもう放ったらかしにしている、とのことでした。

しかし、老婆心ながら、それでは「まずいです」と言ってしまった私。

何故なら、たとえ一部を引き出してそのまま休止していてもポートフォリオの見直しは絶対必要だからです。とくにこの方の場合はポートフォリオを組んだのはかなり前、10年以上も前のこと。組んでいるファンドを聞いてもさっぱり分からず状態でした。

「クライアントサイトもありますので定期的にチェックをしてみては?」と、いっても「クライアントのサイトの見方が分からない」ということですが、、、、これ、凄く簡単ですよね。

投資家さんのなかで同じように「休止」をしていても放ったらかし状態の方は、是非IFAに頼んで1年に一度はポートフォリオを見直してもらってください。

よかったらクリックお願いします。

オフショア投資 ブログランキングへ

にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ
にほんブログ村
[PR]
by go-offshore | 2014-07-23 21:00 | Comments(0)